PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます

【R18】星の約束(堂本 広、篠原達也、シラビト)感想

2019/08/31
星の王女3~天・地・人の創世記~ 0
星の王女3のアマテラスルートをうろうろしていたら、知らないうちに突入しているのが『星の約束』で、立ち絵もCGも違えば、主人公の言葉のチョイスや性格もまったく違って戸惑った。3と本作は、発売時期が違ったみたいですね。
星の王女3の立花未来さんは、どこかで頭を強くぶつけたのか凄まじいアバズレだったけど、本作の立花未来さんはまるで憑き物が落ちたかのようなまともな女性だった。「あれはね、夢だったんだ、いいね?」とアマテラス様が囁いておられるような別人っぷり。そうだ、あれは夢だったんだ、忘れよう!

立花未来さんは1ではエレガント風な女性だったけど、2では家族を失って本ばっかり読んで目が悪くなりメガネをし服装もイマイチという判定を受けていた(私には知的な女性にみえたが)。しかし、本作では外見も健気さも1の立花未来さんだった。素晴らしい、ようやく原点回帰したか、そうだよ、この路線が一番良いんだって!

堂本 広(友人)篠原達也(ホスト)シラビト(悪の化身)

堂本 広(友人)


主人公の幼馴染であり堂本と親友のコウくんは一応登場し、ふたことみこと喋っているので彼の存在は確認されている。なのに『星の約束』に突き進むと一切姿をくらました。コウくんはどこにいったんだ!?堂本が主人公の親友かのようにずっと一緒にいるけど!?
本作では男が堂本と篠原しか出てこなくて、すごく狭い世界に感じる。
でも2であっさり迎えた堂本EDをシナリオを変えて描かれてあって、単なる三枚目じゃなかったんだとわかって面白かった。私は三枚目を演じる前の堂本が好きだ。ナチュラルでほっとする。

2の堂本も、主人公の友達設定としてスタートしていたので、仲を深めた描写がいまいちピンとこなかったんだけど、本作での記憶を失ってからの堂本とはお互い初対面として出会ったていだったので、そこからのシナリオは新鮮で良かった。
泣かせてくる予感や手段も見え見えだったけど、ちょっとうるっときてしまった。
いやよかった。星の王女3がとんでもない出来だったからこその反動で、本作はとても清浄な空気が流れているように感じた。それに記憶を失った堂本に自分を抑えてにこにこと見守り、泣きたい気持ちを抑えて接する立花未来さんは、1での望月蒼ルート(バッドエンド)を思い出させる健気さで、「戻ってきた!黄泉の国から戦士たちが帰ってきた!!」とウキウキ叫んでしまうような喜びを感じた(もののけ姫より)。

主人公がまともに戻ったのも良かったけど、CGも大事!「美しい…」とつぶやき通しだった。2のデザインってこんなに美しかったっけ?ああーそうだな、シナリオはイマイチだったけど、相馬も里見も好きなCGたくさんあったなぁ。。。
そして散々クソゲーと罵った星の王女3も、2のキャラをねじ込んだ本作も、BGMが素晴らしい出来というのも大きなポイントだと思う。3の『日常』とかめちゃくちゃ好きなんだけど、これは男児帝さんですよね!??!?(2と3は、サウンドの名義が複数だから、どの曲担当されてるか判然としない。2の『壊想』も凄まじく良いけど誰が担当したか不明)どうなんだろう。
とおもってたら、詳細があった。
http://www.mirai-soft.com/hosi3/promise/sound_s.html
『日常』は男児帝さんだった!やっぱりな〜〜!!


篠原達也(ホスト)


うーーん。なんとも言えない。言葉を封じられてしまった。
彼の物語を見ている最中、ずっと「オメーがホストやめればいいのでは!?」と篠原にぶつけたかった。
大好きな立花未来さんと結ばれて嬉しそうに付き合ってるのに、ホストの売り上げを確保するために立花未来さんとのデートを反故にして他の女と出かけようとする篠原達也が理解できなかった。立花未来さんが大好きで繋ぎ止めておきたい、しかし売り上げのために他の女性に良い顔をもしなくてはいけないらしい。二兎追うものはというし、バイトなんだからやめれば???とずっと思っていたんだけど、お金がめっちゃいるんだって説明を受けて、あ、そうなのか……。となった。
なので言葉を封じられ、無理やり納得させられている状態。でもなんか、彼氏がホストって、モヤモヤするなぁ。。。

星の王女2で、篠原達也がなぜ主人公を特別視していたかわからなかったけど、真相ルートで解明されたのは面白かった。しかし!立花未来さんはいったいいくつプレイヤーに”孤児院時代の秘密の過去編”を後出ししてくるつもりなのか。2では”ハヤトお兄ちゃん”と結婚したかったと唐突に告白されたかと思えば、『星の約束』では少年時代の篠原達也くんと特殊な関係を築いていたし。そんな後出しで過去話をされても、「え、昔出会ってたんだ!きゅん!」とはこない。

シナリオ中に、登場する時を間違えているシラビトがうろちょろするし、篠原達也がいくら主人公に愛を訴えても胡散臭さが残るしで、うーん。いまひとつ!
ただ、篠原達也の運転CGが、1の古賀先生と完璧構図が同じだった。左腕を窓から出してぶらっとしてる一枚、タバコを吸ってる一枚。「まんま古賀雅也〜〜〜!!古賀さんが忘れられてない、ありがとうスタッフの遊び心!」と心の中で感謝する出来事があった。


シラビト(悪の化身)


篠原達也さんのルートで彼がこの世界観に登場する理由はわかった。
そして封じられていたシラビトはたまたま、立花未来さんが攻略した後のシラビトだったらしい。
篠原達也の一族の因縁話として出てくるのはいいとして、「シラビトED、いる!?」って感じのお粗末なモノだった。


『星の王女3』と『星の約束』をコンプしてしまった


hoshi3_100
もはや意地だったとおもう。
クソゲーだったけど、投げようとはおもわなかった。「で、何が言いたいんだ!?」と全部やってしまう不思議な魅力はあった。はいはいと無の心境で好感度あげてルートに入ったら、時にゲラゲラ笑う展開を見せつけてくれたり、イライラさせてくれたりした。なんか、色々あったけど頑張ったなと肩を叩きたい戦友のような作品、それが星の王女3だとおもう。
キャラだと断然イフキドヌシ。とてもかわいかった。
関連記事
しづき
Author: しづき


たまにゲームをしています。主にコエテクが好きです。

コメント(0)

There are no comments yet.
アニメ (65)
┣  PSYCHO-PASS (48)
┗  アニメその他 (17)
一般ゲーム (44)
┣  アバタール・チューナー (6)
┣  真・三國無双8 (4)
┣  戦国無双4-Ⅱ&Empires (7)
┣  Persona3・4・5 関連 (8)
┣  無双シリーズ (4)
┣  テイルズ (3)
┗  一般ゲームその他 (11)
乙女ゲーム(ネオロマ) (108)
┣  アンジェリーク ルトゥール (2)
┣  金色のコルダ (3)
┣  金色のコルダ2ff (1)
┣  金色のコルダ3AnotherSky feat.天音学園 (14)
┣  金色のコルダ3AnotherSky feat.至誠館 (8)
┣  金色のコルダ3AnotherSky feat.神南 (2)
┣  金色のコルダ3フルボイスSpecial 3DS版 (5)
┣  金色のコルダ4 (10)
┣  下天の華 with 夢灯り 愛蔵版 (8)
┣  遙かなる時空の中で Ultimate (3)
┣  遙かなる時空の中で2 (2)
┣  遙かなる時空の中で3 Ultimate (16)
┣  遙かなる時空の中で6 (16)
┗  ネオロマ・関連商品 (6)
乙女ゲーム(その他) (39)
┣  カエル畑DEつかまえて Vita版 (3)
┣  カエル畑DEつかまえて夏 千木良参戦 Vita版 (3)
┣  剣が君 for V (5)
┣  大正×対称アリス (2)
┣  ときめきメモリアル Girl's Side シリーズ (6)
┣  戦場の円舞曲 (4)
┣  夏空のモノローグ portable (1)
┣  もし、この世界に神様がいるとするならば (2)
┣  Code:Realize~創世の姫君~ (2)
┣  CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime (3)
┣  DYNAMIC CHORDシリーズ (1)
┗  NORN9 VAR COMMONS (5)
R18乙女ゲーム (11)
┣  すみれの蕾 (1)
┣  星の王女 (1)
┣  星の王女2 (1)
┣  星の王女3~天・地・人の創世記~ (4)
┣  星の女王 光のつばさー恋のパティシエー (2)
┗  夢をもう一度(幸福の風) (2)
CD・イベントDVD (6)
┗  一般向けCD・イベントDVD (5)
笑点・落語 (10)
いろいろ (59)