指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

【R18】星の王女3~天・地・人の創世記~(ハルナ、イツナ、シラビト、イソラ、フツヌシ、スクナヒコナ)の感想

   ↑  2019/08/13 (火)  カテゴリー: 【R18】星の王女3~天・地・人の創世記~

美蕾の、「仁義」「すみれ」までの流れが知りたいとおもって処女作から進めてきたんだけど、3本目にして心が折れそう。
というのが2でもだいぶ暴走しておられたけど、3じゃ初っ端からアクセル全開で攻めてこられてて、「えっ…なにこれ」って驚きつつも読んでたらEDまでその勢いで走り去っていったって感じ。EDが流れた瞬間「え、これで終わり!?」って叫んでたら本当に終わってしまって笑ってしまった。いやー、すっごい面白くない!!

面白くなかったらブチブチ文句を言いたいところだけど、このゲームはもはや文句とか吹っ飛んでしまって、「何を思ってこのゲームを作ったんだろう?」という問いのほうが大きい。コンプしたら解を得られるかもしれないけど、6名を攻略した現段階では、『人の形をした人外(?)と交流をしてセックスして終了のゲーム』としか語ることができない。物語の内容もないに等しいし、交流と言ってもすれ違った時のあいさつ程度のやりとりを数十種類見せられるぐらいだし、エロもなんつーか…特に感想が浮かばないものだったし。全部真顔で読んでる状態。時々フフッて笑うことがあったけど、それは声優さんの力量によっての笑いだった。

いろんなキャラとのちょっとした交流とエロを書きたかったのか、神代の世界観を描きたかったのか、はたまた育成ゲーム方面にいきたかったのか。わからないけど、客観的に見て「失敗しとるな!!」としか思えなかった。がんばろう、次に期待…。まだ意味のない交流とエロのセットが半数以上残ってるけど。

感想へのリンク
ハルナ(無愛想だけどいい人?)イツナ(フレンドリーな女好き小僧)シラビト(悪の化身)イソラ(ワイルドないい人?)フツヌシ(穏やかメガネ)スクナヒコナ(外見ショタ爺)


ハルナ(無愛想だけどいい人?)


MAPで適当に選んだらこのハルナさんが出てきたので最初に攻略することにした。
このハルナさんという人がすごく口数が少なくて

ハルナ「……また(お前)か。(俺は行く)」
主人公「あっ…」

みたいな会話が、MAPで彼を選ぶたびにずーっとずーっと繰り広げられるから、こっちも言葉を忘れそうになった。彼とは山でよく会って、木から降りて登場したり、川で魚を取ったりしていたり、極端に口数が少ないから、原始人とのエロゲーをしているのかな??感すらあった。

仲良くなったなって思った時に、主人公が蛇にかまれて汗をかかなきゃいけないどうやって汗をかく?の解が「セックス」となって、セックスを始めたのにはもうどうしたらいいのかわからなかった。

ただ声優さんは最高。いいね~~。そこしか褒めるところないや。


イツナ(フレンドリーな女好き小僧)


なんだこの小僧。
というか彼は子供なのか?それとも青年なのか?絵がさ、不安定だからよくわからないんだけど、外見15歳くらいのわりには女タラシの模様。でも彼がしている事は、彼が作った武勇伝を村の人に聞かせていたり、ご飯を食べに行くところだってウキウキしてたりだから、基本的に子供なんだろうなとおもう。
他愛もない会話をずっと繰り広げてたらデレ始めて、合体して、主人公の膝枕で顔を輝かせているところをバックにEDロールが流れた。
ちなみに選択肢を間違えたら彼からのレイプでED。人が変わったようにガラッと豹変したのは中の人お見事とおもったけど、ハッピーエンドの明るくてご機嫌な少年とバッドエンドで見せたほの暗さをまとった少年との二面性をもつゆえんが語られないから、「なんだったんだあの小僧」という感想しかわかない。


シラビト(悪の化身)


この物語の敵サイドの人物がこのシラビトさん。
そして主人公と交流してもまったくデレないので、彼の台詞で多かったのは
「…」
そして「…」には鼻で笑うという声が含まれているため、
私は十種類以上のセルゲイ氏の鼻で笑う演技を聞いたように思う。
得難い経験だったなぁ。

主人公が勝手に熱を上げて、シラビトも悪い気はしないのでセックスしといてそれで終了。
シラビトの心は得ぬままのバッドエンドのような終わり方だった。
ま、そーですよね。主人公が頭に花が咲いた恋愛体質のバカっぽい女なので、そりゃ捨てられるだろうなと納得した。


イソラ(ワイルドないい人?)


セックス中にフンフンと鼻息が荒かった事ぐらいの記憶しかない。
あと別ルート派生で彼のバッドエンド(レイプ)が見られたんだけど、絶倫だった。
野生人に犯されたい!そんなときにイソラルートをお勧めする。


フツヌシ(穏やかメガネ)


久しぶりに「まともな人だ!」という感動があったけど、主人公って毎日毎日鏡(攻略相手がどこにいるかわかる代物)をみてそこに遊びに行ってて何にもしてないのに、なんでこの真面目そうなメガネが主人公に好意を寄せたのか謎。
そして相思相愛と分かった途端、彼の執務室でおっぱじめたので、スクナヒコナが入ってくるじゃねーかとハラハラしたし、だれが入ってくるかわからない状態で二人して全裸にならんでも…と思いながら見守ってた。寝室いけよ、そこまで高ぶってた想いってわけでもなかったんだからさ。


スクナヒコナ(外見ショタ爺)


スクナヒコナは主人公の体の三分の一くらいの背丈と認識していたので、彼とのセックスは成り立たないからキスで終わるのかなと思っていたけど、セックス時に体がやたら大きく描かれて成り立ってしまった。見るからにショタだから、こんな外見の子供に真剣に好意を寄せるなんて主人公どうなの……ってドン引いてた。

スクナヒコナと交流してたら、「主人公ってなにもやってないよね」って明るい笑顔で言われて、主人公が「失礼な!」って怒る場面があったんだけど、ほんとスクナヒコナさんの言うとおりだよねって私は彼に同意してた。外見は子供だけど中身は年いってて結構ズバズバいう人だった。ショタ声で。
でも場面場面で低音で喋ってきて、そのギャップがとてもよかった。川椰 珱さんの甘い低音好き。



ルートの感想というよりセックスの感想になってるな。だってシナリオが全く意味不明なんだよ。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-479.html

2019/08/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【R18】星の王女3~天・地・人の創世記~(ハルナ、イツナ、シラビト、イソラ、フツヌシ、スクナヒコナ)の感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)