指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

香港人加油

   ↑  2019/06/14 (金)  カテゴリー: いろいろ
ここ数日の香港での抗議活動を見ていて、とても胸が痛いです。
抗議活動の趣旨については賛同するし、支持したい。
でも、警察と市民が衝突している光景は辛すぎます。

私が香港に遊びに行くとき、繁華街では警察がペアになって巡回している光景を度々見ます。
香港は犯罪率が日本より低く、とても安全な街だといわれています。
実際私が香港に遊びに行っている時、危険を感じたことは無いし、香港人たちの民度もとても高くて旅行中は平和に過ごせます。

だからこそ、警察と市民の衝突には、これは本当に香港なのか?と思いました。
市民を守っているはずの警察が、武器も持っていない市民に攻撃をしている。
SNSで、写真や動画をみました。
警察のやり方は、人を人として見ていないように思われて、強い憤りを覚えると同時に、
私が今まで香港で目にしてきたのと同じ警察なんだろうかと、信じられない気持ちにもなります。
信じていた人から手ひどい裏切りを受けたような気持ちです。

私はただの旅行者ですが、自分の中にある香港警察像と、今回の衝突でみる香港警察が乖離しすぎていて、中で先導している面子が、普通語を喋っている系なんじゃないかと疑ってすらいます。
それほどに今回の警察のやり方は信じられない光景です。
















香港は美しい街です。
毎日20時になるとヴィクトリアハーバーで光のショーが開催され、
観光客だけじゃなくって香港人も写真撮影に訪れています。
香港島と九龍半島を結ぶのはMTRもありますけど、スターフェリーで5分程船の旅というのも、涼しくてちょっとウキウキできて風情があってとてもいいものです。特に夜は美しい。
そして働くセーラー服のおじさんたちは愛想はまるでないけれど、到着頃になるとカップ麺を片手に下から登ってきたりして、”自由だな~。私は今香港にいるんだな~”とニヤニヤできる瞬間です。
香港の人たちは愛想笑いというものがおよそないです。最初こそ、愛想笑いを無視されて衝撃でしたけど、今はそれが心地よく感じています。自分が楽しいときに笑って、不機嫌だったら不機嫌だと顔に出してOK。そんな自由さ、気楽さがすごくいいなと思います。
といっても、香港は観光客の多い街なので観光客慣れをしていて、若い人だったら英語で教えてくれますし、助けを求めると(道を尋ねたり)とても親切に対応してくれます。
私が日本人だと話して、嫌な顔をされたことも無いし、むしろ英語に切り替えてペラペラ話し始めた時は香港人凄い!と感動したものです(私は英語が苦手なのでたじたじでしたが)。
お店のおばちゃんはとても元気がよく、注文を取り、ここに座れあそこに移動しろ、これも美味しいよと威勢がいいです。女性がとても元気です。
そして男性は英国領だったからなのか、紳士です。スーツケースを下ろそうとするとナチュラルに手伝ってくれます。
時間の有るおじさんまたはお爺ちゃん達は、寄り集まっては囲碁かなにかのゲームに興じていますし(この前は車のボンネットの上でやっていた)、鳥を愛でて鳥愛好者の面々と喋ってる姿なんか、心の底から微笑ましかったです。
富豪雪糕車(ソフトクリーム販売車)を見かけたら、絶対に買います。レトロで愛らしい車の見た目と、ちょっと食べるのに程よい大きさ、そして濃厚な味が大好きなんです。そして中でソフトクリームを作ってくれるおじさんの真顔さがまた良いです。手に持つのはソフトクリームなのに真顔という対比がとても良い。お値段10HKD(≒140円)です。
おや、雨かなと思いきや、上から落ちてくるのはビルの壁面にびっしりついている室外機からの水滴。
冷房ガンガンの香港ではよくあることで、道を歩くときは、下の水滴跡をみて避けて歩かなければなりません。
そしてとても暑い時に飲む凍檸茶(アイスレモンティー)の美味しさ。檸檬が沢山入っていてストローでベシベシ潰して檸檬を味わう。喉にすっきりとした味わい。奶茶(ミルクティー)も濃厚でとてもおいしい。食べ物は言わずもがなです。思わず、「美味しい~~~!!!」と立ち上がって叫びたいくらい美味しいです。
朝、飲茶をしにいくと年配の人がごろごろいます。自分勝手に時間を過ごしたり、顔見知りとお喋りしたり、広東語だから騒がしいんだけれどゆったりした時の流れを感じます。
ちなみに私は広東語が大好きで、高低差があり歌うようで、癖になります。聞いていたら元気になるし、イントネーションがとても難しい言葉だから、少しでも通じるとうれしくなります。
イントネーションなり何かが間違っていると、普通に「は!?」って言われますけど(顔にも眉間にしわが寄っています)。でもその、人のナチュラルさが私にはとても心地よく感じます。


街のエネルギー、活気、風景、広東語、美味しい食事、行くだけで元気をもらえる大好きな香港です。
その香港の人たちが同じ香港人と衝突しているのが辛いです(警察側の攻撃的な行動は、普通語を喋る系が噛んでいると私は疑っていますが)。
好きな香港が、多くの香港人たちが望まない方面に変わっていって欲しくないです。
それと同時に血が流れるのは見たくない。
最前線で抗議している若い子たちは、平常時だと、常識のある普通の若者のはずです。


ただ香港愛と保守精神があるから抗議しているだけだと感じます。それをどうして暴徒と定義されるのか分かりません。
多くの香港人が望むままに、血が流れずに落ち着いてくれることを望みます。
香港から発言の自由を奪い、中国化されるということは、香港人の誇りをすべてを奪うことだと感じます。
香港加油。香港人加油。負けないで。でも怪我しないように気を付けてください。
関連記事

FC2スレッドテーマ : 国際ニュース (ジャンル : ニュース

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-474.html

2019/06/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 香港人加油

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)