指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版~下天の華・百地尚光ED感想~

   ↑  2018/04/22 (日)  カテゴリー: 下天の華 with 夢灯り 愛蔵版

師匠が好きなんです。
他のルートで師匠が出てくるたびにほたるのことを『甘ったれ』扱いして
そうしていながら自分もほたるを弟子として大事にしていることがみてとれて
自分がすっごい甘やかしてるじゃないか!と心の中でツッコミを入れては喜んでいる。
何だかんだで弟子に甘い師匠が大好き。

師匠ルートは、ほたるの渾身の師匠への強い想いが描かれていて、
ほたると一緒の気持ちになれたらもうサイコ―のルートだと思う。
この人の目をほたるに向かせたい!という一心でやっていたので、師匠ルートたのしかったです。
最初こそ、昔と違った低い声の固い口調で話していたけど、
ほたるに素顔をさらした後の、ちょっとだけ気を抜いた喋り方の違いにきゅんきゅん。
固く閉ざされた扉をなんとかこじ開けるという行為が好きなので(コルダで言う吉羅理事長とか)
そっぽを向いている師匠の顔をこちらに向かせる努力の数々とっても楽しかった。
何度も何度も修行をして、師匠との想い出イベントを起こさせる…。
でも師匠のルートは過去の想い出ばかりで、もっと今のほたるにおちていく流れをつぶさにみたかったなとは思います。

ほたるに対して
下天
「…男を勘違いさせる笑みだ」
ってそっぽを向いた時には、心の中でガッツポーズをしましたけども笑
そして師匠を慕い甘えてくるほたるを仕方ないという風に受け入れたり、あまり受け入れて自分がドツボに嵌ってしまいそうだと感じると離したりと、そういうシーンを見てはニヤニヤニヤニヤしていたけど、わがままを言うならそういうところをもっとみたかった!
しかしほたると百地の絆、思い出を語る上では過去を垣間見せねばならず…。
うーん、もっと師匠のシナリオに尺をください!!

信行も放っておけない、ほたるも放っておけない。
苦しいなかでも自分でしっかり線を引いて、ほたるは殺さないようにしてた師匠、どちらに対しても優しく、甘い人だなぁと師匠への思慕が強くなりました。
くっそ甘い。でもそこがイイ。
引いた線の中でも最終的に二人をサポートし、本能寺までたどり着き、
信行への仕事はしっかり終えたうえでの
「信行様、こいつの命だけは守らせてもらいます」
って、信行のほたるへの刃を止めた師匠にしびれた。すげーカッコいい。
なんなんだあのお面は、全然隠れていないけど師匠~!好きー!

ほたるを男として愛しく思っていると絶対に口を割らなかった師匠ですが
遠まわしにほたるへの好意を語っているところ
百地
「今日を限りに二度と会わない
 その方が良い
 お前のためにも、俺のためにも」

ほたる
「どうしてですか?」
百地
「…お前と会えなくなるのが淋しいからさ」
って、苦しげに笑った師匠。
この後に「その寂しいの意味を深く考えたくない」と言い残して去っていった師匠に、心を打ち抜かれた私はグハッといって倒れてました。

なんなんですか師匠は、たまらんですよ!(机ドン)
逃げられても逃げられても、心に決めたからには絶対に追いかけるというほたるちゃんの姿がとっても清々しくて、楽しかった。
そして捕まえた時の心沸き立つ感、最高。


罪の華


ここでも師匠がカッコいい。
師匠はもともと仕事上信長と敵対しているから、
安土に火をつけても師匠に精神的に責められる感覚はなかったので気が楽でした。
ただほたる自身が精神的に下を向いてしまっていて、そんなほたるを救い、守る師匠がカッコよかった。
このほたるを守るという事は、自分も一生彼女と共に地を這うという事と同じことで
師匠に申し訳なくて仕方ない、どうぞ捨て置いてと思っても、そうはさせてくれない師匠なのでもうますますきゅんきゅんくるしでどうしたらいいのかと頭を抱えるほど。
なんといってもこの台詞が大好き。

「お前の命は誰にもくれてやらない
 織田にも、里にも…天にもだ」


ぞっくぞくするほどカッコいい。
百地殿~~~!!すきーーーー!!

ほたるがひとりだちできたとしても、百地殿の前になると甘えたがりになるのは仕方ない。
それは何だかんだで甘やかしてしまうやさしい師匠のせいである。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-459.html

2018/04/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 下天の華 with 夢灯り 愛蔵版~下天の華・百地尚光ED感想~

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)