指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

https://akmpk.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

金色のコルダ2ff~吉羅暁彦EDとベストエピローグff(吉羅)の感想~

   ↑  2018/03/21 (水)  カテゴリー: 金色のコルダ2ff

吉羅暁彦について


コルダ2ffについてはこちらでちょろっと感想を書きましたが。
あの時は、コルダ2があんまりクリーンヒットしてなかったんですが、唯一気になってた吉羅理事長を攻略しました。
久々に萌えまくりました……。

別に、これといったエピソードも展開もないんですけど。
おまけもおまけの人なんですけど。
<想い出>カテゴリ内では名前くくりですらない人物なんですけど(主人公のカテゴリに加わっている)。
そんな理事長に、いったい何でそんなにド嵌ったかというと、あのすげない感じ、です!

いっこうに縮まらない距離!あの突き放した話し方!冷えた眼差し!主人公たちとは敵対する関係!
『私たちの音楽で、吉羅暁彦の考えを変えてみせる!星奏学院をまもってみせる!』という燃える闘志の一方、
何故か垣間るはめになってしまう吉羅暁彦のプライベートな部分…自分だけが知っているという特別感!
これはただの鉄の男ではない、過去に何かあったんだ、この男は本当は音楽を愛しているんじゃないのか?
ならばその心を取り戻させてみようじゃないか!と、ますます吉羅暁彦についてまわりたいんだけど、
『吉羅暁彦は攻略対象ではありません』と公式から言われているかのように、イベントがほとんどない笑

吉羅暁彦が香穂子に、
「ここから先は入ってこないように」とラインを引いている感じだからこそ、ますますそのラインを消しに行きたい。
それなのにそう簡単にさせてくれない(吉羅暁彦がメイン攻略対象ではない)。
そのじれったさ、悔しさもあるなかで、吉羅暁彦がごくわずかに見せる、微笑みだとか期待を持たせる台詞だとかに、私の心はブチ抜かれるわけです。
ああじれったい、イベントは終えたけど別に恋人関係になったわけではない!笑
でもなんか特別枠な関係ではある、しかし本人からは『盟友』と呼ばれている(ベストエピローグff)。盟友??そりゃそうだが、それだけぇ???
と机をバンバン叩いて足をジタバタしたいこの感情、久しぶりだなーー!!

というわけで、ベストエピローグffをみたんです。
先ほども書いた『盟友』どまりなんだけど、なんとなくそれだけではないような雰囲気でもあり、考え過ぎのようでもあり、
このふわっふわした定まらない感覚、一体この関係はなんなのかと叫びだしたくなるような距離感、
たまんねぇ~。
あ、ちなみにベストエピローグffはすぐ終わりました。で、すっごいアッサリだった。相手は吉羅暁彦さんですからね。

この人を本格的に落とせる(?)アンコールとやらも早く移植してください!!!!

以下、思わずとったスクリーンショットたち。

コルダ2
コルダ2
「……私に話?もう君とは何度も話をする機会を持った気がするがね」
「少々、しゃべりすぎたと反省するくらいだ」

このすげない感じがヒジョーにイイ!

コルダ2
コルダ2
「……
 ――やるじゃないか」
”……”だけど「ふっ」て言ってて、続く「やるじゃないか」にヨッシャ―!と拳を突き上げたくなるほど嬉しかったし
吉羅理事長を少しだけ崩したぞという喜びもあり、だいすき。

コルダ2
コルダ2
コルダ2
香穂子を、高い所から眺めているかのような冷めた感じ、突き放した感じ、
それだけど、どこかぬくもりが感じられる。こういうキャラに非常に弱い。

コルダ2
このちょいSっぷりもたまらない。

吉羅暁彦ー!いいなーーー!!

こういうキャラが好きという個人語り


ハリーポッターでは私はセブルス・スネイプ氏が好きです。
もう好きで好きで、あれは映像から入ったのでアラン・リックマン氏の演技に引きずられた所も大きいんですが、
あのスネイプ先生の「私に触るな近づくな」(一人称「吾輩」だけどあえて「私」で)といつも周囲にバリアを張っているかのような所が好きなんです。
触るな近づくなと一歩引かれれば、その一歩近づきたくなる。
相手には大いに迷惑でしょうが、その反応を見るのが楽しい。

吉羅暁彦氏も、私の中のこのようなカテゴリに該当していて、
冷徹な反応をされると、見返したくなるし、振り向かせたくなる、ただその鉄仮面を少しだけはがすだけでもいい。
と、ああいう人物には興味が沸くんです。
ただ、壁を作るすべての人に興味をもつってわけではないんですが。
もっと知りたいなと思わせてくれる何かがあれば、『一歩近づきたい』という気持ちが発動します。

吉羅氏については、彼のプライベートな部分を垣間見ることによって、
彼がただの冷徹人間ではない事を予感できました。
だからこそもっと知りたくなった。
吉羅氏は冷ややかに去っていくでしょうが、反応が個人的に面白いので、追いかけたくなる人物でした。

マスケティアのロシュフォール先生もそうだったな。
普段はこれでもかって程冷たくていいから、一呼吸ほどわずかに気を緩められると、そこが大きな萌えポイントになる。
またこんなキャラと出会えてうれしいです。

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-448.html

2018/03/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダ2ff~吉羅暁彦EDとベストエピローグff(吉羅)の感想~

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。