指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版~下天の華・羽柴秀吉 罪の華ED感想~

   ↑  2017/12/17 (日)  カテゴリー: 下天の華 with 夢灯り 愛蔵版
乙女ゲームの中で好きなキャラは誰かと問われれば、
五本の指に入る秀吉でしたが、
ついに二本の指に収まるほどに私の中でレベルアップしました。

というのも追加された罪の華ENDをみたけど、…たまらなかった。
そうですね、私は泣かせられれば、その作品が結構自分の中でレベルアップするお手軽なやつです。
でも泣ければ何でもいい訳じゃない。
クソみたいな涙もあるわけです。…ぱっと思いつかないけど。

だけどこの罪の華での涙は、ほたるに感情移入してしまって、突きつけられた事実にわんわん泣かされました。
そして絶望と申し訳なさで胸がいっぱいになる。
なんで秀吉がこんな目にあってしまうのか。
この時のBGMもまた雰囲気を最高にもりあげてくれました。メロディもとてもいいし、流すタイミングも止める個所も最高でした。
すっごい泣けた。ほたるの泣き顔に、こっちまで悲しくなりました。
しかもほたるのモノローグが、たまらない。

「私…私は…
 秀吉殿を裏切ったばかりか陽の光まで奪い去った…?
 日なたの香りがするこの人から
 太陽のようなこの人から――」


このモノローグとあのメロディが流れてきたら泣くのは仕方ないですって。
そう、日なたの様にあったかで朗らかで優しかった秀吉が、声が、翳りを帯びていて、
あの秀吉を失ってしまったと…喪失感が凄かったです。
(森久保さんナイス)

下天の良さはキャラメイクが大きいと思います。
武将は勿論、主人公のほたるがとっても心のあるいい子。
生真面目が服を着て歩いているような子で、
だからこそ武将とのやりとりが面白い部分もあるけど、真面目で心が優しい子っていうのが随所から伝わってくる。
そんなほたるが、自分のせいだと泣く様は見ている方の胸を打つんです。

しかも『秀吉に悟られないように声を殺して泣いている』
とかほたるの辛さも、秀吉への気遣も感じられて胸が痛くてしょうがない。

信長は秀吉を、
『優しいだけの男じゃない、そこが気に入っている』
と言っていましたが
そりゃ彼にもほの暗い闇はありますが、相手の罪の意識に付け込むという…
でも、やっぱり優しいのは相変わらずだなと思いました。

「心苦しく思うなら
 その気持ちは、安土に住まう皆と
 自分自身に向けることだ
 オレにはあんたを許す資格がない
 その心にひそむ弱さを見抜いてやれなかった
 こんなことになって
 あんたが苦しむ前に、正体を明かして
 引導を渡すべきだったな」


自分の光を奪った相手になんでこんな、ほたるをおもった言葉をかけてくれるのか。
分からなすぎて、秀吉が優しすぎてまた咽び泣くってもんですよ…。
でも、そこでほたるがその言葉にうなずきもせず
やっぱり罪を感じて辛そうだから、秀吉が彼女の心を救うために条件をだし、ああなったと。
一種の優しさの延長だとおもいます。
そこに彼の欲が絡んでいても。

あと、ほたるが泣きそうで声を詰まらせたときに
ぽんぽんと叩いて、こらえなくていい、泣いていいと言った場面でも
やっぱり秀吉は優しいなと、悲しくなりました。

なんでこんなことに。一歩間違えなかったら、二人は明るい未来を描けるのに。
でも、このifをみられてよかった。秀吉が好きという想いがさらに強くなりました。
そいうえば、このifでは佐吉から「お前」呼ばわりされたのも非常にショックでした。

出会った当初の秀吉。
罪の華をみた直後だと、この違いに胸が痛すぎます。
下天
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-437.html

2017/12/17 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 下天の華 with 夢灯り 愛蔵版~下天の華・羽柴秀吉 罪の華ED感想~

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)