指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

この記事に含まれるタグ :
大相撲  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

https://akmpk.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

平成29年九州場所いってきました

   ↑  2017/12/10 (日)  カテゴリー: いろいろ

今さらながら感想など


なにかと騒がしい九州場所でしたが観客としては楽しみました!
相撲

相撲

場所前は『初めての四横綱出場かー!』とおもってたけど
稽古で痛めたとかで鶴竜が直前で休場。
日馬富士は騒動の通り。
稀勢の里も途中休場。
で、一人横綱の白鵬は初日から完勝の相撲を見せており
「白鵬独走かーー!!……はぁ。。」
ってところで11日目の嘉風戦。
今場所一番の盛り上がりだったかとおもいます。

ご当地(大分出身)力士の嘉風と
問題発生で横綱としての責任感が漲っているのか、いつもより烈火のごとく燃え盛っている白鵬。
相撲

相撲

嘉風に勝って欲しい、せめて一番だけでも白鵬を止めて欲しい。
でも白鵬強いもんなぁ…と弱気な思いでみていたら
まさかの嘉風に軍配が上がり、会場は割れんばかりの拍手と歓声で大爆発しました。

恥ずかしながら私もありったけの絶叫をあげて手が痛いほどに拍手をしました。
が、白鵬の様子がオカシイ。
こちとら会場で生で見ているもんですから、
TV解説も説明もなく何が起こったのかわからない。
普通、好意的に解釈してどこか痛めて上がれないから勝ち名乗りを勝手に進めてくれってアピールかな?
って思いましたけど、どうやら勝敗を認めていない様子。

そりゃ今まで十連勝してましたけど?
それがこんなあっさり負けたのは認めづらいかもしれないけど???土俵割ったやんけ。

白鵬は一分ほど土俵下で突っ立ったまま。行司と嘉風は定位置で白鵬をまち。
白鵬、審判に促されて土俵に上がるも、嘉風と礼をしない。
そして今度は弓取り式が始まろうとしてるのに下りない。

本人、直後に『手はついていたけど呼吸が合っていなかった』
とコメントしていたが、その意味が分からず。
え、どういう事…??って何度も一人で自問自答していました。
(嘉風は最初っから両手をついていた。だから白鵬が手を付いたら立ち合い成立となる)

あの一番では私は、郷土力士の嘉風が一発やってくれた!!という溢れる喜びの一方
対する白鵬のあの態度は何なんだ?と頭にきて怒ってブーイングしておりましたが、
嘉風が勝った瞬間は、まるで逆転優勝でもしたかのような、
凄まじい盛り上がりで、本当にいい一番でした。
嘉風は「記録よりも記憶に残る相撲を目指している」というようなコメントしてますが
ほんとそんな相撲が多くて、たとえ負けてももーしゃーない、
嘉風はよくやったとほめたたえたい相撲をみせてくれるから大好きです。
171210-12相撲

ちなみにその翌日も見に行ったんですが、白鵬が目の前を通っていく機会がありまして、
昨日の怒りもすっかり忘れ、「わーー白鵬!!」って歓声を上げておりました。
いやぁ恥ずかしながらすがすがしいほどのミーハーですねぇ…。
好きな力士は一応いても、別の力士が目の前を通っても目を輝かせてしまいます。
そりゃテレビで見ているお相撲さんがでかい巨体を揺らしながらずんずん歩いてきたら
うわああって好意的な目でみてしまいますって。

九州場所全体の話に戻りますと、
ギリギリ間に合って横綱稀勢の里を生でみれましたし。
まぁ負けましたが。
相撲

相撲

彼の土俵入りを肉眼で見れたことがとっても嬉しいです。
今年の九州場所では、会場で『稀勢の里の横綱への道のり』的な写真パネルを展示してありまして
稀勢の里がまだ戦っている間はにこにこ眺めていましたが、休場してしまうと
本人不在でのこの写真パネルはちとさびしいなぁと思いました。
相撲

ちなみに、どこにいってもない稀勢の里ラーメン。
九州場所で売ってくれるんじゃないのかと期待して売り子さんにきいたら、ないとの事。がっくりです。

しかし会場というものに来たらテンションが上がりますね。
この前の落語の祭りでも、普通なら買わないであろうモノたちをテンションのままに買ってましたが
相撲
今回もこの、明らかに使わないボールペン。。。
ただ眺めてかちかちしてふふって微笑むだけのボールペンを買いました。
横綱と大関のペアの湯呑も買いましたが、そんなマグカップだの湯呑だの何個もいらんのよね。
まぁ、記念だから。眺めたあとはそっとしまいました。


今場所は八角部屋の二人が三賞を取りました。そのうち一人は我々の北勝富士です!!(イヨッ!)
お辞儀がいつも丁寧な、そして相撲も毎回気合十分、一番一番に気持ちをのせてるのがみてとれるので非常に好ましい力士!
終盤まで兄弟子と共に優勝争いを演じていまして、三賞とったぞとインタビューをしていたんですが
それがもうにっこにこの二人。かわいかったです。
北の富士さんの「二人はにこにこして…悔しくないのかねぇ。…ま、頑張ったよね」
的なピリ甘なコメントも含め平和な気持ちで眺められました。

なんやかやと騒がしい九州場所でしたが、やっぱり生でみていたらそんなこと忘れてしまう。
目の前で起こっていることがただ楽しかったし興奮しました。
相撲
相撲
相撲


と、ここまでは場所直後に書いた感想です。

日馬富士の引退


いまも、連日ニュースになってる大相撲ですが。
何が本当かわからないことがおおいし、暴力はいけないのはあたりまえだけど
単純に、日馬富士の引退は悲しいです。
日馬富士の取り組みはだいすきだった。体は小さいながらもスピードあふれる相撲。
小さい力士が横綱になり、大きな力士を負かしていく相撲も、そして土俵際で見せるびっくりする程の優しさも。
土俵を降りたらみせてくれるお茶目な表情も、笑顔も。

「日馬富士が引退か、マジか…そっか…、寂しいな」と割と冷静にニュースをみていたんですが、
現役時代(ひと月もあいていない)の、土俵上での黒のまわし姿での気迫あふれる日馬富士の姿を目にしたら
もうこの姿が見られないのかと思ったら猛烈に悲しくなってきました。

暴力はいけない。でも日馬富士がすきなことはかわらない。
こんな唐突に、彼の土俵上での姿がみられないなんて悲しくてたまりません。すごく残念です。

関連記事

この記事に含まれるタグ : 大相撲 

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-435.html

2017/12/10 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 平成29年九州場所いってきました

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。