指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

『四月は君の嘘』の凪ちゃん

   ↑  2015/02/22 (日)  カテゴリー: アニメその他
をみてたら、なんつーか幼女をいい子いい子するゲームをやりたくなる。
得体のしれない敵対キャラかと思いきや、ふたを開けてみればブラコンゆえに登場した背景があって
なんだかんだと公生になつき、最終的には有馬先生と呼んでくれてすっごい可愛かった。
いや現在進行形で可愛い。

私はこのアニメ椿を応援してみてたけど、思わぬ伏兵で、現在はころんと落ちてしまった。
カワイイ後輩位置で今後もピアノ弾いて元気でいてほしい子。

この作品、かをりの気持ちがよくわからなくて、
渡が好きなはずなのになんで公生に気があるようにもみえるんだと
何考えてるんだこの人ともやっもやしながらみてて、
最終的にどうなるのか気になって、ラスト知ってしまった。
ああなるほどと理解して以降はかをりの行動は仕方ないなと思えた。
彼女が現れてから、公生も椿も、苦しみながらも気持ちが明確になったよなぁ。
なので公生たちは、かをりに出会えてよかったんだろうなとおもう。

『届くかな、届くといいな』等のポエムチックなところは、あーはい…って感じで見てしまうけど
音楽をしてると辛いでも離れられない、音楽が好きっていう熱い想いが伝わってくるのが好きな作品。
こういう情熱を傾けられるものに出会えて打ち込める彼らが凄くうらやましい。

とにかく今、幼女をかわいがるものをやりたい何がいいかなぁ。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

2015/02/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 公正じゃない公生だった
この前の記事 : 映画『風立ちぬ』感想

Comment

コメントを投稿する 記事: 『四月は君の嘘』の凪ちゃん

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 公正じゃない公生だった
この前の記事 : 映画『風立ちぬ』感想