指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

戦国無双4・DLCシナリオ

   ↑  2014/05/18 (日)  カテゴリー: 無双シリーズ
折角買ったので紹介を。
勿論フルボイスで新規台詞バンバン入ってます。

【魔性の美女決定戦】
<操作可能武将>
ガラシャ・小少将・くのいち・稲姫・お市・ねね・阿国・井伊直虎
立花誾千代・甲斐姫・早川殿・綾御前・濃姫

疲れた男たちの心を癒すために小少将が主催した大会。
司会を務めるのは蘭丸。
最初は嫌ですと断っていた蘭丸が「今から美女、集めます!」と乗り気になるさまは面白い。
操作可能武将が敵として登場する場合、台詞があるのですが、中でも面白い掛け合いが綾様と濃姫。
言葉は丁寧でも女の戦いとは恐ろしい(笑)。
しかしこのステージで一番光ってるのは蘭丸。
彼は司会なのですが最初はぎこちない棒読みだったのが、段々…。

ちなみにこの美女決定戦をみたとき、彼女たちにまつわる男性陣が登場して
何か一言あるのかなと思いきやそんなものなかった。
全力で女たちのバトルだった。


【天下の色男決定戦】
<操作可能武将>
真田幸村・真田信之・石田三成・島左近・伊達政宗・片倉小十郎
竹中半兵衛・大谷吉継・直江兼続・松永久秀

天下の色男は自分だと自負する孫一が、世に噂される他の色男たちを叩きのめすための大会(…)。
操作武将ペアにつながりがある場合、掛け合いが入ります。
敵として出てきたら、この大会についてどういう心境か語ってくれる。
そこらへんのセリフが面白い一戦。
左近と三成の主従コンビが敵として出てきた時の掛け合いが好きです。
敗退時「天下の色男になりたかった…」というキャラがいて、「え、そうなの!」とびっくりしました。
ノリノリなキャラと、やる気のないキャラに分かれてます(笑)。


【世代対抗合戦】
<操作可能武将>ガラシャ・小早川隆景・早川殿・上杉景勝・稲姫・島津豊久
ガラシャがいつまでも子供だと不安な三成が、氏康に相談したことから始まった一戦。
操作可能武将は、それぞれの親を相手にミッションあり。


【真・信長包囲網】
<操作可能武将>織田信長・濃姫・明智光秀・森蘭丸
時を超えて、天下を狙うもしくは信長に因縁のある武将が次々と挑みかかってきます。
ただ城の中なので、移動が少しめんどい。
敵は、島津、雑賀衆、北条、政宗、謙信・信玄、徳川とそうそうたるもの。
黒幕は…見てのお楽しみ(丸わかりか)。


【戦国軍略合戦】
<操作可能武将>黒田官兵衛・竹中半兵衛
両兵衛の軍略記を書くため、元就が二人を相手に戦を仕掛けてきた。
知略戦って感じの流れで楽しかった。当然ながら両兵衛と元就がよくしゃべる。
石田主従や吉継、久秀、信玄も出てきたけど、両兵衛一族と、毛利家総出の決戦でした。
半兵衛の温泉への執念に笑った。


【東西無双合戦(東軍)】
<操作可能武将>伊達政宗・片倉小十郎・真田幸村・真田信之・直江兼続・上杉景勝
秀吉天下統一の際、一番手こずったのは誰かという話の中、名乗り出たのが義弘と政宗。
どちらが上か実際に戦って決めることに。
兼続の実況が光ります。
戦場にいるんですけど、何故か最初から最後まで延々と戦について実況をしてくれる兼続。
そして同じく戦場にいるのに、兼続の隣にいるかのように実況について相槌をうつ小十郎。
どんな具合かというと、政宗が策に引っかかった際↓
兼続「ここで政宗得意の言い訳が出たー!山犬の遠吠えがむなしく戦場に響くー!」
こんな感じで兼続と眼鏡に夢中の小十郎との凸凹実況が面白いです。おすすめ。
戦場は…関ヶ原です。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

2014/05/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : サイコパス新編集版1話 感想
この前の記事 : 戦国無双4 感想

Comment

コメントを投稿する 記事: 戦国無双4・DLCシナリオ

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : サイコパス新編集版1話 感想
この前の記事 : 戦国無双4 感想