指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

金色のコルダ3 アナスカ至誠館~火積司郎・珠玉ED~感想

   ↑  2015/08/09 (日)  カテゴリー: 金色のコルダ3AnotherSky feat.至誠館
150809火積

■火積司郎(CV:森田成一)
何かと言えば「あんたみたいな華奢なお嬢さんが」って言って、テーマ曲が決闘みたいで…
眉間に十文字の傷があって、出るゲーム間違ってるだろ!といいたい火積だけど
やったらやったでくっそニヤニヤした…。
火積の照れっぷりがなんつーかもう天然記念物レベルでかわいい。

それにしても、火積の悔いも、優勝に向けての自己犠牲のような努力も身に染みて分かったからこそ
「俺なんか」っていう卑下は全面的に禁止したい。聞いててつらい。
そりゃやったことは大きな事だけど、火積にだって良い所たくさんあるだろうよ。
トランペットも全力で取り組んでるんだし、強面だけど心根は優しい義理堅い良い男じゃないか
かなでと一緒にいるときも俺なんかって言われて、火積の何がだめなんだと火積自身に言いたかった。
何でそんなに恐る恐るなんだよもっと来いよ!と伊豆旅行で思った。
自分が好かれるはずがないという考えは冥加と似てる。

火積の過去への悔いは3本編でも思ったけど痛々しい。
3本編じゃ大体のあらまししか分からなかったけど、至誠館に転入したら幅を利かせるブラバン部とか
肩身の狭い吹奏楽部、矢面に立つ八木沢、元は親友だったのに長嶺と八木沢には距離がある
これが全部自分(火積)が切っ掛けとおもったら、きっついよねぇ。
そんなAS至誠館シナリオで毎回ほろっとするのが
回想で火積が八木沢に、なんで自分を切らなかったのかと涙ながらにぶつけるところ。
そして、火積ルート中で語られた、トランペット上手くもないし部活もやめてやるっておもった、でも
「トランペットを置こうとしたら、手が…震えちまった」
っていう台詞。
攻略キャラも、そうじゃない狩野や伊織も、
音楽が好き!演奏するのが好き!っていう熱い想いをもってて
彼らの音楽への想いが本当にいいなぁとおもう。コルダやってて一番好き、この部分。

火積にまた喧嘩の疑いがかけられ、夏休み中だというのに学校が大騒ぎでまた火積がやったんだってよ…
とか噂がたてられ、事の真相を知ってるかなでは成り行きを冷や冷やして見守っていた中での
教師から呼び出され詰問を受けた八木沢の
「火積は暴力を振るわなかったはずです」
とキッパリと言い切ったのは頭ガンガン机にぶつけたくなるほどかっこよかった。
火積から話を聞いたわけでもないのに、もしも喧嘩をしたら先ほど自分と会った時退部を申し出るはずだ
それをしなかった。今まで火積をみてきているから言い切れる、この信頼関係。
そして新も参戦し、狩野は火積のそばに来て火積の潔白をはなから信じてて伊織も同様で…
こりゃもうなくってもんですよ!!
火積が、吹奏楽部の優勝を誰よりも願って来てそれに向けて人一倍努力してたのをみんな知ってた
そんな火積がやるわけがないと信じてたメンバーたちにはグッときたし
そして火積の涙声でのこの台詞
「俺は…吹奏楽部に入って…本当によかった…。至誠館に入ってよかった
 トランペットを続けてて本当によかった」
涙でぼやけてみえない流れだった。あつい…至誠館あつい!!

そんな傍ら、トランペットに一生懸命な火積を応援し支えたいとするかなでと火積が仲良くなっていき
トランペット吹いてみたいというかなでの声に、
部室のを持って来ようとするけど火積のじゃ駄目なのかという問いに
新品かってくらいにトランペットを磨いて渡すという火積に大笑いした。
大笑いと言えば、最初の方の、嵐で午前中休みの電話の時の
「(台風で飛んできた)看板を片腕で弾き飛ばした」って言葉にげらげら笑わせてもらったな。すげー!笑
私服になったら誰だよって位の風貌になってて、かなでの『通りすがりのイケメンだ』選択肢も面白かった
強面でごっつい兄ちゃんが、可憐な女の子を恐る恐る愛でてる構図すき。
かなでに段々慣れても、俺について来いじゃなくて、
かなではどう思っているのかといちいち確認してくれる優しさやら同時にもどかしさやらあって、
過去が過去なだけに幸せになってくれよとおもいました。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-350.html

2015/08/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダ3 アナスカ至誠館~火積司郎・珠玉ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)