指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

ネオロマンス・フェスタ~金色のコルダFeaturing天音学園・昼の部~感想

   ↑  2015/05/31 (日)  カテゴリー: ネオロマ・関連商品
全部見ようと思ったら一枚二時間くらいあったので一先ず一枚目の感想を。
++

買ったまま放置してたなそろそろみるかというノリで見始めたっていうのに
LILA LAVANDULA LILAのイントロが来て
天音の世界が目の前にスパーンと現れた瞬間ぶわーって押し寄せる感動があった。
なんなんだろう、よく分からないけど開始早々大泣きしてた…。
暫くコルダに触れていなかったからか、キャストそれぞれが役になりきって
その世界観を作り出してくれてるからか突然こみ上げるものがあった。
号泣&号泣でみてたらアレクセイの中の人がいて、アレクセイもでるんだ!?と吃驚した思い出。

キャラソンやドラマと色々あったけど、声優さんの話で一番わらったのが
前野さんの初めてのコルダシリーズ語りで、
その時(アニメ時)新人さんだった前野さんが他の役者の行動までもいちいちメモしていたという
そのメモ書きの話だけど
森田が筋トレしていて、きーやんが『俺は月森俺は月森』って言い聞かせてたってエピソードが面白かった。
すごい想像できて。

皆が賢雄さんにちょくちょくあれこれ振って困らせたり、宮野や福山さんがよく盛り上げてたりで楽しかった。
前野さんは真面目なんだなーと見ていておもった。
色々ノッてて楽しかったんだけどなんか真面目ないい人という印象をおぼえた。
アンフィニも一応いたけど歌ってる間もうつさないし、コーエーも彼らについてわかってるんだねと思いました。

ドラマパートでは響也が三國エンパ7買って金欠とか自社のタイトル入れてきてて
コーエーだしな!とにこにこした。
そのドラマパートですがもう一つのは結構シリアスだった。
かなでのMFの種をソラがとってアレクセイに渡したので。
冥加はこの件で静かに怒り、だけど取り乱すこともせず今すぐにやるべきことを粛々とやっていたんだけど
その時の独白が、

『七年前の俺の憎悪の鎖は、お前の魂のくびきとなった。
その時俺たちはつながったのだ。
どちらかの魂が滅びない限り、離れることはないだろう。
逃がさん。必ずお前を、音楽と言う名の煉獄の炎へ引きずり込んでやる』

愛なのか憎しみなのかもう訳が分からなくなってる執着ぶりで
本当かなでは冥加の心臓なんだなと思い知った。
冥加当人はこうだけど、AS天音でなければかなでは思い出すことがない場合もあるんだけどね。
心中お察しします部長…。


最後にキャラとして一人ずつ主人公へのメッセージがあって、
ほんの一言なれどそのキャラらしくてニコニコして聞いてたんだけど
冥加(ラスト)の際の歓声が大爆発していた(笑)。
冥加としては甘目で、きいててうわーとなるのわかるけど、歓声凄いなー!!

ちなみに台詞
『今日は冷えるな。家まで送ろう
 この手を離すのが、惜しい』


そういえばドラマパートはMFを失ったかなでに心を取り戻させようと
皆が種を奪い返してかなでに音楽の感動を与えるため、響也も函館のメンバーもそろって演奏するっていうところに
コルダならではだよなぁと染み入りました。
別に普通の時でも、音楽聴いて沸き起こる感動ってあるもんなぁ。
あっけらかんと目を覚ましたかなでに、ニアが帰り道に声をかけ
最後の〆はやっぱり響也だった。
幼馴染だもんね、本人それだけの意味で心配してるわけじゃないと言ってたけど。
〆は近しい響也ということで、ほっとできて嬉しかった。

その不穏なドラマとは別の、お金がない函館天音のメンバーの元に金欠響也が夕飯ごちそうになろうとやってきて
彼らの貧困ぶりを次々にきくうちに「軽い気持ちできてすまねぇ…」という形のギャグドラマは始終笑えるものだった。
アレクセイが、可愛くおねだりしてくれたら願いをきくという言葉に
すぐに転んだトーノとソラ。なかなか首を縦に振らなかったニアが甘いものに負けて可愛くおねだり。
響也のツッコミが冴えわたっていた。


ギャグシーンも戦国無双のキャラソンCDみたいにキャラ崩壊なくても描けるじゃないかコーエーさんよお…
あのCDももう少し力入れてくれよとおもった。
アニメ絵だからスタッフはもとより畑が全くの別物と思ってはいてもさ。
キャラを保ったまま笑えたり、うわこの人らしいと染み入るセリフが垣間見えたりと
ドラマふたつともよかった。

OPのLLLで座長(?)らしく階段の一番上で手を挙げてポーズをとってた日野さんと
悩んでいる氷渡と、冥加の到着を待っているような七海と響也と、傍らで彼らしく思案している風な天宮と
あれは宮野の演出だったらしいけど、
すっごいわくわくと嬉しい気持ちとコルダの世界だ!!という感動とで感情がはじけ飛び
演奏も聞けてドラマのできもよくて
中の人が歌っている姿もみられ(日野さんは役に合わせて上着を変えててすげーっておもった)
楽しい一枚でした。

あと、三枚もあるけどな…!!
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

2015/05/31 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ここ一週間のあれこれ
この前の記事 : 剣が君 for V~鈴懸ED~感想

Comment

コメントを投稿する 記事: ネオロマンス・フェスタ~金色のコルダFeaturing天音学園・昼の部~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : ここ一週間のあれこれ
この前の記事 : 剣が君 for V~鈴懸ED~感想