指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

剣が君 for V~螢ED~感想

   ↑  2015/05/27 (水)  カテゴリー: 剣が君 for V
螢おわった。うーん。
剣が君


■螢(CV:KENN)■
螢には乗り越えたい壁があった(鬼の件)。
そして直近では花嫁行列を何としても完全に遂行させねばならなかった。
近寄りがたくても実は義理堅い、頼りになる、仕事に真面目!
螢の良さはそこにある、とは頭ではわかってはいてもどうしても心から人柄を受け入れられなかったなぁ。

まず花嫁行列なんだけど、そりゃあ螢にとってはとろとろと平和な会話で
姫大丈夫かとか馬がどうのとか言ってたら早くいこうぜ!?とキレたくなるのもわかる。
わかるんだけど言い方ってものがあるんじゃないかと、彼のキレっぷりの所為で空気最悪なんだけど。
それに香夜に対して、お前は自分の事だけ考えていろと刺々しく指図するんだけど
お前お前と声を荒げられると怖かったけど次第にムカムカしてくるわけで
人の姿はないにしろ道端でお前お前と姫(偽)に対して声高に言ってたら
バレるだろお前の方が気をつけろよ!と湧き上がる反感があった。
木々の中に隠れて誰が聞いてるとも限らないじゃないですか。
姫と呼んだとしても態度悪いし、護衛なのに将軍の妹(偽)に敬意を払わない態度に
螢の方が花嫁行列破壊しかねないだろと思ってた。

お風呂監視イベントや眠れないときや、行列終わって神社で香夜に願掛けしてくれたりと
良いところは確かにあったけど、行列が終わって香夜が縁に絡まれてもぎゃんぎゃん声荒げるし
もうこえーよ…なんなのこの人…って思った。
不器用だから素直に心配して助言するってことができないんだろうなぁ。
そんなわけで折角再会しても喧嘩別れみたいになったり、剣取り試合のお祭りで仲直りしたり、
螢の祖母と知り合って少し螢と近しくなったりしたけど
そこまでお互い好きになるもんかなぁと思って、二人の感情についていけなかった。

螢はああみえて優しい。照れ屋。可愛いのは客観的にみて分かるけど
私が後章で螢の行動で見過ごせないことが二つあって、
一つは鈴懸が螢の額に触れようとしたときの事と
もう一つは湖畔で実彰さんとやりあった時の事。
鈴懸の件は突き飛ばして桶か何かひっくり返して鈴懸結構痛かったと思うのに謝罪の一言もなし
更には剣取り試合の時に鈴懸と螢が再会したけど、鈴懸の謝罪にもそっけないし
しかも何故鈴懸が謝ってるのかと。
剣取り試合で優勝するという目標があって仲良くするわけにはいかない。
しかも鈴懸が触ろうとしたときは鬼としれる恐れがあったと
螢の気持ちはわかるけど、
鈴懸をおもうと謝罪の一言もしくは後でフォローでもしろよと心にわだかまりが残った。
実彰さんについては、別に香夜を襲ったわけでもないのに
一言も聞き入れることなく勝手に逆上して刀を抜いて挑んできたというのに、
額の手ぬぐいをバッサリきられると、香夜の前でこんな姿さらすなんて…実彰おまえ!と
更に実彰に逆上するさまが、いや…鬼とバレて混乱して当たり方間違えてる、すべては混乱故とおもうんだけど
でも実彰の言葉に全く耳を貸さずに攻撃を初めてからの一連の流れがどうしても心に引っ掛かった。
実彰の、私は勝負を挑まれたから受けたまでだという台詞に、もっともだなと心から思った。
更に手ぬぐいを斬ったのはひょっとして鬼なのかと思ったから斬った、
それについてやり過ぎたと謝ったので更に実彰さんの株上昇。
そして螢が鬼と知って動揺する香夜に、種族が違うのはいけないことかとかなんとか
香夜の動揺をさらりと指摘して正す実彰さんに、実彰さんマジかっこいいと彼にときめいてた…。
いい人だよ彼…。
しかし香夜が真っ裸(?)なのはどうかと思った(笑)。
足先で水遊びしようとして水かかったっていっても、全部脱ぐってどんだけ盛大にかかったんだよ。
裸でいてもいい気候ならせめて襦袢ぐらいきとこうぜ…日向にいたら乾くだろっておもう。
散策してて突然裸の女性が目の前にいたらびっくりするわ。

鬼と知れても螢と変わらず接する香夜と、さらに香夜を好きになる螢。
螢が感極まった時に「お前可愛すぎる…」とか度々いうんだけど
ちょっとよくわからなかった。
香夜は良い子だし考える頭もあるし迷惑かけまいと努力しているし、好きな部類だけど
そんなきゅんきゅんくるイベントあったか…?と思って。
香夜も螢も、互いではないとだめだ、互いのみだと惚れあっていくけどそこまでかなぁと
一生連れ添う相手を決める程の過程だったかなぁといまいちピンとこなかった。
まぁでも、一時の感情としてもわからなくはないしお互いそれに向かって一生懸命なさまは好感が持てたので
荒魂にしろ和・幸・奇魂にしろ、そうかそうかと思ってみてた。
ただ香夜父が結婚に猛反対するのはしょうがないわ、子を想うならそうだろうともと思ってみてた。
大事な子が将来苦労するの目に見えてるからなぁ。
鬼と人とのしこりはなかなかなくならないと思う。

個人的にはかむろの方が好きだなぁ。いい子だよあの子。
座敷童って聞いた時はびっくりしたけど。
あと、左京さんがまたもヒャッハーしててもはや笑えてきた。
この人大丈夫なのか…!?(笑)
そんな面もある一方、香夜と螢をくっつけるための芝居に参加してたりして
彼の本当の姿はどれなんだと大変楽しみ。見た目が大好きなので最後にやるつもりです。
右手を前に垂らして笑ってない目で笑ってる様が怖くて、恐怖と共に好意が大爆発している。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-327.html

2015/05/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 小説『白い巨塔』読了
この前の記事 : 千木良先輩…からのあれこれ

Comment

コメントを投稿する 記事: 剣が君 for V~螢ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 小説『白い巨塔』読了
この前の記事 : 千木良先輩…からのあれこれ