指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

遙かなる時空の中で6~片霧秋兵ED~感想

   ↑  2015/03/22 (日)  カテゴリー: 遙かなる時空の中で6
秋兵攻略終わり!!!
毎回律儀に最初からやって、しかも戦闘もスキップしてないから地味に時間かかる。
でも怨霊討伐する地味な作業がすき。

共通ルートの感想は一章途中まで三章途中まで五章までに書きました。
150322秋兵
++


■片霧秋兵■(CV:岡本信彦)
結婚しておるぞ!結婚しておるぞーー!!!
うわぁここまで描くのって珍しいんじゃない、すごいね。
しかも梓の台詞にさらっと『片霧梓』表示されてあって括目してしまった。

恋のレビュウとやらを囁いてくる余裕たっぷりだった大人が
最終的に梓を心のよりどころとして、自分はどうしたらいいだろうかと頼ってしまう姿に
満足感を得るルートなのではないかなぁと思う。
すっかり参っちゃってるな!とその姿は見てて面白かった。

恋愛面で一番ときめきマックスだったのが、秋兵が梓に交際を申し込み
その返事をする、いついつまでに。
というその期間が猛烈にまぶしくて、こんな清純な風景久しぶりに見たな!と心が浄化された思いだった。
こういう段階を踏んだときめき好きだなぁ。
その後の秋兵の口説きには、「梓が困ってたら何をおいても駆けつける」ってところで
それは駄目だろと、周囲や仕事も大切にしてほしいと思ったけども。

秋兵の流暢な美辞麗句に梓がぽわーんとならなくて、
私はこのルート、秋兵よりも梓に対する好感度が高い。
ちょいちょい頬を赤らめることはあっても、賢い事はゆるがなくて
そんな言葉で流さないで、本心を伝えてくださいと迫った時はカッコよかった。

そしてこのルートは家族の絆が描かれてあって、ひとつひとつ好きだな。
まず愛宕山で見かけた親子。
子供が出世しますようにって背負って階段を登った母と、
母が年老いた今は子が逆の事をするという光景。
秋兵昔話の、焼香も上げなかった父が、
母に花を備えてたっていう言葉。
子供の頃秋兵は、花火大会で父に抱き上げられた過去があるって話。
どれも光景を想像すると心があったまった(家族愛に弱い
で、父に抱きかかえられて一緒に空を見た思い出が、
終盤効果的な見せ方となったのもきれいだった。

片霧父にも理由はあったってのはわかったけど、
やっぱり鬼への仕打ちと多数の犠牲があったことはゆるせない。
だから父を取り戻すけども目覚めた暁には贖罪させるし、
鬼への誤解は長くかかったとしても自分が解いてみせると、
帝都にとどまってやるべきことをやる秋兵の姿は、よかったとおもう。
邪神を前に緊迫した空気の中、ルードの秋兵を前にしての
「息子の方は意外とまともな人間ですね」という感想には爆笑した。ほんとにな!笑

秋兵は作り物めいた言葉を並べ立てるよりも、本心でしゃべる所をもっとたくさんみたかった。
隠すのが彼のやり方だから仕方ないんだろうけど、
美辞麗句よりも全然うれしい。
感情も抑えがちだから、もっと最後は盛大的に爆発させてほしかったなぁ。
何が正解かわからなくてずっと溜めにためてた、
片霧父の家族への愛が垣間見えた時が個人的に感動のピークだった。
良い所を父に奪われてる気がする。

あと、軍服を脱いでほしかった!!変な意味で無く。
ずっときっちりかっちり着込んでるから、シャツをチラ見させてくるだけで猛烈な色気が出ただろうに
最後のスチルまで拝めないとは。そこが唯一の無念です。
ただベッドに横になった(その必要はわからないけど)ときの顔は色気を帯びてて好き。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-288.html

2015/03/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 遙かなる時空の中で6~片霧秋兵ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)