指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス・ネタバレ感想

   ↑  2015/01/10 (土)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
※二回目みてきたので修正と追記(1/17)

劇場版サイコパスみてきた。めちゃくちゃ面白かった。
これ、円盤待ちの人も劇場にいけるのなら是非見に行った方が良いとおもう。迫力が凄まじかった。
マシンガン等の銃声がドドドドドドとお腹にまで響いてきた。
音もあっちこっちから聞こえてきて立体感があった。
物語の場所は、今回は海外に移ったけどしっかり『サイコパス』していた。
それでいてTVシリーズで抑え込んでいたものを放出したかのような、
兵器に銃器に殴り合いにとアクションが多彩な上見ごたえがあって、あっという間の二時間だった。
映画館に数年ぶりに行ったけど、映画の内容は勿論、映画館で見る良さというのも実感して帰ってきた次第。
ランボーは見たことがないけど、こんな感じじゃね?と思いました。


以下ストーリーのネタバレと感想。
++

■ストーリー詳細■
密航者(テロリスト)が日本に侵入。
一係が総出で対応(ドミネーターの圧倒的力、チームプレイ、見ごたえあり)。
密航者を数人捕まえ、メモリースクープしてみると海外で戦っている狡噛の姿。
局長が朱に、狡噛がテロリストを日本に送り込んでいる可能性があると指摘する。
朱が単独で捜査に向かう。
宜野座は同行を申請をしたが許可が下りなかった。

宜野座「狡噛に会ったら、俺の代わりに殴っておいてくれ」
朱「それは出来ません。逮捕して連れて帰ってきますので、宜野座さん、自分でやってください(笑顔で殴る真似)」

朱、現地であるSEAUn(見た目カンボジア)に到着。
長髪の軍人ニコラスに案内される。
SEAUnでは日本からシビュラシステムを取り入れている。
しかし処理は日本で行うので、シビュラの正体は現地の人間は知らない(←局長談)。
隔離施設が十分にないので、潜在犯も街中で生活している。
ただし潜在犯には首輪がつけれられていて常時犯罪係数をチェックされ、高くなったら自動的に毒針が出て殺される。
ニコラスがゲリラ鎮圧に向かう際、朱が同行を申し出る。
戦場で狡噛をみつけ、朱単独行動。
朱、シラットを身に着けており、体術で狡噛に勝つ。

朱「お久しぶりです。狡噛さん」(銃を突きつけながら)

朱は狡噛と行動を共にし、彼の根城へ向かう。
狡噛は反政府軍の戦術顧問になっていた。
日本に侵入したテロリストを、狡噛は知っていた。
その人物たちが、狡噛にそのような申し出をしてきたことがあったが、それは狡噛は蹴っていた。
狡噛は日本にテロリストを送り込んでいないと判明。

狡噛は現地の人に慕われている。さながら槙島の様に皆の精神的柱となっている。
狡噛が朱に、俺は槙島と同類だと思うかと尋ねる。
似ている面はあるが、絶対的に違うのは狡噛には自分がどうこうしようという野心がない事だと朱が告げる。

狡噛「槙島に対してそんな風に考えていたのか。通りで手こずったはずだ」

狡噛は、この国のトップのハン議長が胡散臭いとにらんでいる。

狡噛「独裁者の犯罪係数はどうなっているんだろうな」

長髪の軍人ニコラスは、朱が単独で行動し、狡噛と共に行った事に対して、朱も殺すと決断。
傭兵団を雇って、狡噛と朱を消すように依頼。
狡噛とその仲間の根城が襲われる。
狡噛は自分は残るが、朱は逃がすように仲間に指示。
自分だけ逃げられないという朱に、お前はトップのハン側から崩せと、そして

狡噛「俺がそう簡単に死ぬと思うのか?ここを生き抜けたらまた俺を捕まえに来い」

狡噛は傭兵団と戦うも、結局捕まりリンチを受ける。
朱はニコラスの軍に捕まり、日本に強制送還されるところを、この国のトップであるハン議長に不問にされる。
部屋に戻り、朱は唐之杜に連絡。
潜在犯達につけられている首輪の解除コードと、軍人達の犯罪係数に間違いがないか確認依頼。
朱の食事に睡眠薬が仕込まれていて倒れる。
朱はその前に、給仕の子の首輪を外していた。ニコラスが朱を殺すことを決断。

ボコボコに殴られた狡噛と、捕えられた朱が再会。
ニコラスは事故とみせかけ二人を殺すことにする。
傭兵団(?)が2人を機関銃で撃ったはずが、その撃とうとした人物が殺されていた。
撃ったのは軍用ドローン。
軍用ドローンがぞくぞくと集まってきて、朱の味方として周囲を取り囲む。
町全体に赤の警告画面がでて「こちらは公安局刑事課です~」と鳴り響く。
朱を撃つことを禁じるアナウンス。その時爆音とともに上空にヘリが続々とやってくる。
日本の公安局。
宜野座や雛河、一係のメンバーがニコラスはじめとする軍人たちを次々とドミネーターで射殺。
軍人たちは犯罪係数を改ざんしていた。本来は300オーバーだったと唐之杜の分析で判明していた。

狡噛は、自分と朱の手錠を壊し、朱と別れて傭兵団のボスであるルタガンダを追う。
朱は一係と合流。事のあらましをきく。
朱と宜野座、その他メンバーにわかれて行動。
朱は途中で、自分はハン議長の元に向かう為、宜野座は狡噛を追うように指示。
狡噛をどうするかは、宜野座の判断に任せると告げる朱。

ハン議長は免罪体質者、つまりシビュラユニットの一つが入っていた。
本当のハン議長は殺され、すり替わっていた。
自分たちは最大多数の最大の幸福を望む。これがよりよい方法だというシビュラに、思いあがるなと朱が反論。
何が正しいかは人々の総意で決まる。
これまで積み重ねてきた人々の歴史に敬意を払えと。
結果、シビュラは、納得してはいないがそんなあなただからこそ興味深いのだと矛を収める。
その後、ハン議長が辞任を宣言した。

狡噛は負傷のため意識朦朧として、槙島と脳内会話。
こんなことに命をかける理由はなんだと問われて「死人はもう黙ってろ!」
その後狡噛は傭兵団のルタガンダと戦うが、重症のため苦戦。
ナイフの切っ先が狡噛の鼻先に当たり、後がないっていうところに宜野座登場。
狡噛と宜野座の連携プレイでルタガンダを倒す。

狡噛は宜野座に捕まることを観念したが、借りがあるからと宜野座が銃を渡し、狡噛を見逃す。
ただし一発殴ることを忘れずに。

宜野座「もう二度と俺たちの前に現れるな。常守監視官にこれ以上余計な重荷を背負わせるんじゃない」

朱、宜野座と合流。
宜野座曰く、ドミネーターを壊されて狡噛に逃げられた。

宜野座「アイツは悪党になった。だからもうあなたが、あの男に執着する必要はない」

逃げられたのは嘘だと見抜いた朱が、宜野座さんは変わりませんねと笑う。
何でも自分だけで抱え込もうとする、と。

そしてSEAUnの軍は首輪をつけた潜在犯で組織される。

戦いがなくなり寝転がっている狡噛の姿。
「やってくれるぜ、まったくよ」
とぼやいて眠ろうとする。

エンドロール

辞任したハン議長だったが、民衆の投票で、圧倒的差でまたもハン議長が支援されていると、
もやもやとサイコパスらしい終わり方でEND。

ニコラスとハンとシビュラの関係がなんだかよくわからなかったので(繋がっているらしいが)その辺は次に確認したい。

■追記■
二回目で事のあらましがだいたいわかった。

数年前、SEAUnには多数の勢力があったが、ハンが他を抑え込み、トップになれた理由。
シビュラシステムを取り入れることを条件に、日本と手を組んだ。その後ろ盾によりトップになれた。

■狡噛の考え
権力を握ったハンだが、シビュラを取り入れるという事は、
シビュラ主導となるため自分には何の実権もなくなることにそのうちに気づくはずである。
しかしハンは相変わらず日本と手を結びシビュラを取り入れたままだ。何か裏があるのではないか。

■事実
シビュラとニコラスが共謀し、本物のハンは数年前に殺害されていた。
シビュラはこの国にシステムを導入したい、最大の幸福の為に。ニコラスは軍事権を握りたい(?)。
シビュラシステムを導入するためには、誰かがGOサインを出さなくてはいけない、それをハンにやらせた。
GOサインを出したハンは、シビュラユニットが入ったハンだった。

シビュラはニコラスたちが黒く染まっていることを知っていたが、わざと見逃していた(秩序がある程度整うまで?)。
ニコラスはシビュラシステムを出し抜いていると思っていた。
シビュラは、もうニコラスたちを用無しだと判断。狡噛の姿をみせ、朱にSEAUnに行くように仕向ける。
朱が乗り込んだことでニコラスたちの不正が露見し、憲兵隊を一網打尽。
すべてシビュラの思惑通りに事が決着した。



■感想■
PV見た時、長髪で後ろ結んだ宜野座に似た男がいるけど誰だろうイケメンだなと思ったけど、宜野座その人だった。
狡噛は相変わらず野性味あふれてくそかっこいいけど、今回宜野座も持ち上げられていた印象。
スナイパーとして腕はいいし、体術も上達しているし、目を見張るほどのかっこよさだった。
そしてラスト、狡噛の事を朱に嘘をついて、もう振り回されるな忘れろという宜野座が、男としてかっこよかった。
やたら朱の事を「あなた」と呼んでいて、朱に敬意を払い、身を案じているのがひしひしと伝わってきた。
狡噛に、妥協をすることを学んだと笑ったのが印象的。

狡噛は活き活きとしてた。本人、鍛えなおしたというだけあって体も一回りでかくなったような。
黒い布をかぶって次々と軍用ドローンを撃墜していくわ、腰に紐巻いてすっごい高所から飛び降りるわ
何か起こったとなれば屋根にあがって紐一本でのぼっていくわ。
ランボーってこんな感じじゃないか、と彼を見ていて思った(ランボーはまともに見たことないので適当だが)。

二期のラストで、朱が煙草一本吸い終わって灰皿に押し付けて、部屋を出るシーンがあって
これは狡噛からの脱却を意味していると思ってたけど、相変わらず新居でも狡噛煙草を立てていた。
そして再会して、狡噛の煙草がぬれていたときに朱がすっと差し出していた。
一期で狡噛の煙草の煙に、ぱたぱたしていた朱の姿はもう微塵も見えない……。

狡噛が朱と再会して暫く、朱の事を「監視官、監視官」と呼んでいて、途中で朱が「止めてください、それ」といって
一期でとっさの時に「朱」呼びをした狡噛、さて何て呼ぶのかと思っていたら「おまえ」で
すてーんと転んだけど、狡噛さんらしい。
その後は「おまえ」「あんた」「常守」と相変わらずの三種の呼び方だった。

狡噛に皆が惹かれている、槙島のようだと評する朱に、
俺は槙島の様になると思っているのかと気にしていた狡噛が印象的。
自身にも、知らずに槙島のようになるのかもしれないと恐れがあったんだろうか。
朱の槙島についての分析を聞いて、
そんな風に思っていたのか道理で手こずるはずだ、という狡噛の言葉がひっかかっている。
一期最後で、朱が自分の力で槙島と狡噛の場所を突き止めたことを言っているんだろうか。気になる。

日本にいるとき、朱が体術の訓練をしていて、下からみたら胸がでかくて、
成長している!と思ったけどその後のシャワーシーンで相変わらずのぺったんこだった事を確認。
というか朱のシャワーシーンはテレビ合わせて三度くらいみたぞ(笑)サービスシーンなんだろうか。

霜月美佳は相変わらずだった。局長の忠実なる手ごまで、イラッとさせる物言いも健在だった。

雛河君の見せ場少なかったなぁ、最後SEAUnに乗り込んできた時地味ながら良い顔で貢献していた模様。
そして一係皆での食事シーンがあって、まともな食事をしていたことに安心した。薬ごはんではなかった!
人目を気にして遠慮した可能性はあるが。

アクションで一番心に残ってるのが朱と狡噛の出会いがしらのシーン。
朱がシラットをマスターしていたことに吃驚。そして結構な使い手であり狡噛を圧倒。
結局勝ってしまって驚いた。最後銃を抜く速さも朱が勝っており、かっこよかった。
狡噛と宜野座の共闘というのも、粋な計らいだなと嬉しかった。

そういえば槙島が出てきた。二期で朱が狡噛に対してそうだったように、狡噛も槙島の姿を見る模様。
ただし、「死人は黙ってろ」と連射して打ち消していた。
槙島が狡噛に尋ねていた、なぜ自分の命をかけてまで反政府軍に協力するのかという事。
目の前で起こっていることを放っておけない、そういう性分なんだとおもう。

テンション爆上げだったのが、軍用ドローンが朱の味方に付き、公安局が助けに来たシーン。
あそこの見せ方めちゃくちゃかっこよかった。
今までのうっ憤を晴らすようにドミネーターが圧倒的な威力を見せつけてくれた。一係カッコいい。心強い。

何気によかったシーンは、狡噛と別れた朱が、自室に戻り一人で何か始めるシーン。
団子虫ドローン(探索用のクモ型)を放って、回線を確保し、唐之杜と通信とるまでの一連のシーンはわくわくした。

朱と狡噛で好きなシーンまだあった。
また俺を捕まえに来いっていう殺し文句と、
散々痛めつけられ意識朦朧の狡噛が、捕えられた朱をみた瞬間微笑むシーン。
大したことないんだけど、どういう関係か一言でいえないこの二人が好きな身としては、すごく心に残る所だった。
あと狡噛からの「監視官」呼びを拒否する朱も。

とにかく狡噛が死ななくて本当によかった。
死ぬんじゃないのか!?劇場版を見せ場として…!!とずっと不安だったから安心しました。
まだまだ続けることもできる終わり方、なれど二時間夢中にさせてくれる内容で、本当に素晴らしかった。
ブルーレイ出たら当然買うけど、映画館での迫力にはかえられないよなぁ。あと三回、しみじみ味わおうと思います。


■来場者特典の設定集~朱~■
150110来場者特典
ちなみに来場者特典の朱ちゃんはこんな感じでした。
パンフレットを見て、朱の緑の上着は狡噛のでは?と思ってたんだけど、
この設定集に「狡噛上着」を着ていると明言されてあった。


■パンフレット■
パンフレットについても記しておきたい。
本広監督、塩谷監督、虚淵さん深見さん、関さん花澤さんのインタビューに加え、他キャストのコメント有で大満足な出来。
なにより一番笑ったのが、相関図がついているんだけど、雛河から朱への線が『依存』だったこと。
ちなみに二期の相関図でも同様だった。
そして雛河くんのキャラ紹介で『朱を「お姉ちゃん」と呼ぶなどシスターコンプレックスの傾向も示す』
としっかり解説されてあってしばらく笑いました。

■関連記事■
パンフレット
二週目特典設定集~宜野座~及び感想
三週目特典設定集~狡噛~及び感想
四週目特典設定集~狡噛&朱~及び感想
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

2015/01/10 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス・ネタバレ感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)