指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

サイコパス2-10話『魂の基準』感想

   ↑  2014/12/13 (土)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
朱のおばあちゃんが殺されてることに吃驚しました。
先週、耳を斬られただけで生きていたので(ご丁寧に治療までしてあった)すぐに殺されることはないと思ってたのに。
その後殺すのならなぜ生かしていたのか理解できない。
『耳をきった時には実は無事でした。でもその後撲殺しました。残念でした~』
という映像でも撮って、朱をおちょくりたかったんですかね…理解に苦しむ。

鹿矛囲ってシビュラシステムの正体知らないはずですよね。
なんでシビュラが集合体って思ったんだろう。機械の集合体って捉えたって意味?
ひとまず鹿矛囲の考えは正しいわけでシビュラは集合体である。
で、集合体である鹿矛囲を認める(裁く)には、集合体であるシビュラも裁く対象にならないといけない。
でも実際、どうやって裁くんだろう。計測できないものをどう計測するんだろ。
法廷で?であればシビュラの正体も民衆に公開してそれを是とするか否かを判断するんだろうか。
シビュラがやろうと思えば、計測できるものなのかなぁ。

1期でシビュラは朱を観察すべき逸材として認めていた。
でも2期では『黒く染めたい』東金を止めるでもなくそれを受け入れてた。
おっかしいなぁ、東金美沙子個人の意思ならわかるって思ってたけど、朱が東金美沙子にそれを指摘していてスッキリ。
そうですよね!!
シビュラシステムがこの事件の責任者は東金美沙子に定めると言って、
その責任者が暴走しても止めるものはいないのかな。
東金美沙子が朱を黒く染めようとして、それはいかんだろって止める意識はないのか??
シビュラユニットの一つが、個人的な目的を達成するために勝手に動いたら、公平な裁きではないじゃん。
沢山の免罪体質者の相談の結果が禾生局長なり、ドミネーターの判断になるのなら平等だけど
責任者一人にゆだねてしまうのは、どうなのとおもう。
朱の、シビュラ全員で考えろの結論が楽しみです。

東金は殺されたのかなあ。
個人的には最終回の途中までは生きてると思うんですが。
だって二期の核は東金と朱と思ってるので。最後に東金から今までの想いを吐露してもらわないとスッキリしないです。
たぶん東金は、東金美沙子の望むようになりたかった。
つまり免罪体質者になりたかった。でも犯罪係数700オーバーをたたき出してしまい、母親を失望させた。
故にサイコパスを綺麗に保っている人間が許せない。自分の様に黒く染めたいって思考だったんじゃないのかな。
その辺の、今までの怒りや憎しみやなんやかんやを吐き出してほしいな。

霜月美佳は最終回一歩前に、己の正義感によって一皮むけるに違いない!!
そう…先週期待しました。でも相変わらずクソのような女だった。
この期に及んでも「私は悪くない。私は悪くない…」「(朱がいない今)私が一係のトップなんだ!」
彼女を見る目が曇っていき、彼女を見るにつけ私のサイコパスがどんどん悪化していくのを感じました。
朱の祖母の行く末を知って「そんな、違う、あたしの所為じゃない…!!」
お前の所為じゃボケ!!
朱の祖母殺しの原因はお前だよ。
もしも改心してどんなに朱に謝ろうと、それを朱が許そうとも「朱の祖母殺したよね」ってずっと問いかけてやりたい。

狡噛さんが出てきました。
朱のサイコパスが黒く染まるか否かってところに、朱の脳内から出てきました。

狡噛「負けるなよ」(頭ぱんっ)
朱「!! …ありがとうございます」

狡噛さん死んでるみたいだなと思いつつちょっと泣けました。
というかね、花澤さんの悲鳴はほんと極上だなとおもって。
1期でゆきが殺された時も魂が張り裂けそうな悲鳴で思わずぶわっと来たんですが、
今回おばあちゃんの事もあって鹿矛囲を殺すのか殺さないのか、
究極の決断を迫られたあの悲鳴…素晴らしかった。泣いたもん今回。
こういうと変態みたいだけど花澤さんの悲鳴が大好きです。

狡噛さんと言えば、東金のやりかたが姑息だなとおもいました。
東金が、今まで朱や視聴者に狡噛を連想させてたのはわざとですよね。あの人心理学やってたし。
煙草の銘柄といいトレーニングといい…
鹿矛囲が船で逃げるとき、鹿矛囲を撃とうとしたのも、わざと朱に狡噛を連想させたと思う。
今回、朱の東金への『鹿矛囲を殺すつもりか』という問いに
「狡噛執行官ならそうしたはずだ」という回答に、ハッキリとわかりました。
朱が判断力弱っている時に(弱っていないけど)、狡噛ならそうしたはずと言われれば流される可能性が大きい。
朱が狡噛を心のよりどころにしていると熟知したうえで、
狡噛ならこうする、だからお前はこうするべきだと誘導しているのが姑息だと思いました。
「(母の責任は自分が負う)たとえこの手を血で汚すことになったとしても」…よく言うなあ、白々しい。
朱ちゃんがすべてを見抜いてて安心して嬉しかったです。
あと、東金さんて41歳だったんですね、びっくりだよ!!!
老けてみえないのはなんでだろう。東金財団の手術によるものなんだろうか。
28歳って、朱が狡噛と出会った時の狡噛さんの歳だから、ほんとわざと被せてきてるよなあ…。

でもさ、執行官を免職になった東金を、今の時期にわざわざ一係に放った意図が分からない。
東金が配属された時、鹿矛囲は未だ事件を起こしていなかった。
事件を起こしているのが鹿矛囲とシビュラが認識してから、東金を放ったのなら分からないでもないですが。
東金を放つと、監視官の犯罪係数が上昇する危険性がある。
それをシビュラシステムは是としてるんですか?東金を解き放つことは東金美沙子個人の決定なんですか?
朱を黒く染めたいのがシビュラの総意なのであれば、いつから朱に対する認識が変わったのか疑問です。
単に朱を試したかったのかな。東金相手にクリアでいられるのか、と。
それか、最初の爆弾犯事件が東金財団の薬と絡んでいるからと急きょ配属をきめたんだろうか。
そのへん、説明して欲しいけど可能なのかなあ。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-225.html

2014/12/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: サイコパス2-10話『魂の基準』感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)