指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

サイコパス2-8話『巫女の懐胎<AA>』感想

   ↑  2014/11/29 (土)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
禾生局長が東金母なのは写真見た時から気づいてたからああやっぱりと思ったけど
東金の「鹿矛囲と常守は私が仕留めてみせます」っていう台詞にギョッとなりました。
シビュラシステムって朱の色相悪化が望みなの!?
1の最後で朱を認めてなかったっけと思って見なおしてみた。

1の最終回でシビュラシステムこういってた。

「あなたは依然として特出した価値を持つ個人です。
あなたの健康かつ強靭なサイコパスと明晰な頭脳、判断力は
来たるべき新たな時代に市民に示す指標として十分な理想形と言えます」

シビュラの正体バラしても、朱の様にクリアなサイコパスなら社会は平和なままだから、
朱を観察することはシビュラの役に立つってことじゃないのか、なんで汚したいんだろうか。
でもこうも言ってたから

「あなたの動向を観察し解析することは未来の市民を懐柔し順応する方法論を構築する貴重な手がかりとなる」

朱を観察し続けた結果、朱が懐柔される兆候がない、ならいっそ黒く染めようってことかなぁ…。
よくわからない理論だな。
朱を黒く染めたいのはシビュラの総意じゃなく、禾生局長…東金美沙子個人の意思なら分かるけど。

東金と母親が今でもここまでつながりあるんですね。
東金→母親への一方的な想いかとおもってた。
東金の部屋に写真があった事に対して、禾生局長は”あれを生み出した責任をとれっていわれてもとれない”って
愛情のない台詞はいてたから。

東金は犯罪係数の高い自分を生み出した母親に何の恨みも抱いてないんだろうか。
東金さん、今回は雑賀教授を危険視し、そして再び朱の祖母に反応してた。恐ろしい…。
先週、東金は犯罪係数悪化させたい変態だけど間違ったことはしないと思いたいと書いたけど
うーん…朱の色相悪化にノリノリみたいだから、何仕出かすかわからんな。

鹿矛囲が認識されない理由がわかった。
脳も繋ぎ合わせが可能な世界か!脳が機械なのかと思ってた。
でも繋ぎ合わさってしばらくしたらシビュラが認識しなくなる…そんな設定ありなのか。
そんなもんなのかなぁと今一つ腑におちませんが。

日本をシビュラシステムで統一するために、他のシステムは不具合有と知らしめる必要があった。
その不具合で交通機関がぐちゃぐちゃになり、その一つが鹿矛囲たちの乗った飛行機にもおきた。
鹿矛囲を手術し、試したかった技術を利用することで東金財団は潤い、そして日本はシビュラ一色になった。
だから鹿矛囲は東金財団とシビュラシステムを許せない。
鹿矛囲の気持ちは分かった。でもカリスマ性がないよー見た目モブだもん…。
2の見所は朱と東金だなと個人的に思います。

霜月美佳の報告書、自分の無能さで市民が処刑されたことはスルーですか(笑)。
お前が突撃してれば青柳さんまだ生きてたんだろうがー。
東金についての報告、まず朱にしたらいいのに。
霜月美佳は朱に、執行官とはもっと距離を置いた方がいい的なことは確かに言ってた、
でも東金の正体が分かったら流石に朱も警戒はするでしょ。
東金について朱に報告して、それでも朱がすっ飛ばしたら禾生局長に報告するならわかる。
でも最初から朱をすっ飛ばして禾生局長へ
朱が自分の忠告を聞き入れない、更迭するべきって意見するのは朱への悪意を感じます。

なんでこの子朱を敵視してるのかなぁ。
自分の大好きな弥生さんが朱を信頼してるからかな。
でもその弥生さんの恋人は唐之杜さんなんですが。
霜月美佳って、学生時代から片思いですよね。んで、その不満で態度が悪いと。
かわってないな。

霜月美佳がシビュラの正体を知って、今まで通りの外面で過ごせるんだろうか。
すぐに顔に出て、朱にも雑賀教授にも感づかれそう。
霜月美佳の泣き叫ぶ様子を見て私の色相が少し改善したきがします。
1で黄緑野郎を苛めた後に同僚がスッキリってのと同じだよ。色相濁るアニメだよ。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-216.html

2014/11/29 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : いま遊んでるゲーム
この前の記事 : 天音学園のCDもう届いた…

Comment

コメントを投稿する 記事: サイコパス2-8話『巫女の懐胎<AA>』感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : いま遊んでるゲーム
この前の記事 : 天音学園のCDもう届いた…