指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

借りぐらしのアリエッティ

   ↑  2014/07/19 (土)  カテゴリー: アニメその他
みました。二度目です。
以前感想書いたなぁと見直してみると、酷評気味だった(笑)。
今回、心境が変わったようで面白かったです。
確かに盛り上がりに欠けてるけど、アリエッティがくるくる動いて、その軽い身のこなしが見ていて楽しい。
しずくが一滴落ちる大きさって確かに大体同じだ。だから小人は人間の勢いで飲み物をつげない。
一滴”ぽちゃん”という感覚でつぐんだ…とか。
翔の肩に乗ったとき、アリエッティ目線では風景の移り変わりがすごく早いとか。
色々、「へー」と思いつつ見ていたので飽きませんでした。

なんとなくこれ見てると、他のジブリ作品のシーンを思い出しました。
お母さんが、お砂糖がないと容器を叩いている所は火垂るの墓の節子を。
アリエッティが狩りの衣装を着てくるっとまわる様は魔女の宅急便のキキを。
アリエッティに触れられて、猫が視線を横に向けて喜んでるのかよく分からん表情はトトロの猫バスを。

以前も書いたけど、翔が麗しすぎますね。ベッドでくつろいで本を読んでる様がまぶしいです。
なんですかあの涼やかな横顔は。
ちなみにハルさんが人形の家具の一部がなくなってるはず!とやってくるシーンです。
見た感じ、病弱で華奢な美少年なのに、
アリエッティたちには、巨人がやってくるようにズシン、ズシン…となるのが面白かった。

後半途中までは翔の手術が成功するか否か描いてくれないと眠れんぞ!と思ってたんですが、
おわりをみて、これでよかったなと思えました。
翔はアリエッティ達小人と出会い、その世界に触れ、まだ生きたいと考えるようになった。
アリエッティは住んでいた家をなくし、翔ともお別れになるけど
川を滑りながら、スピラーの素朴な優しさも手伝ってその目が希望に輝いていってた。
翔の手術の結果は分からないながらも、二人とも前を向いて歩きだして、
希望を胸に抱いているというのが分かったから、晴れやかな気分で見終えました。

小人と人間、恋という事はないだろうけど、そういう所も感じられる…二人の微妙な関係。
折角心を通じ合わせた二人が、離ればなれになる切なさ。
そういう所が最後にぶわっと胸に広がって、
スピラーの差し出した木の実をアリエッティがとうとう受け取った瞬間に
わーっと涙腺が緩みました。曲もいい。
前向きな気持ちになるけど、ちょっぴり切ないエンドですね。そこがいい。

スピラーに胸キュンするのは今回も一緒でした(笑)。
すっごいぶっきらぼうに「ん」(トトロのカンタを思わせる)と木の実を差し出し、
アリエッティが受け取ると何も言わないけど超嬉しそうな様子がほほえましい!!!

ただ、気になった点があります。
ティッシュは翔の部屋にしかないの!?
いくら『子供は寝るのが早い』といっても、ティッシュと翔のベッドめっちゃ近くてびっくりした。
最初のキッチンにティッシュないんだろうか…と思いました。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

2014/07/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : サイコパス新編集版2話 感想
この前の記事 : サイコパス新編集版1話 感想

Comment

コメントを投稿する 記事: 借りぐらしのアリエッティ

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : サイコパス新編集版2話 感想
この前の記事 : サイコパス新編集版1話 感想