指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

サイコパス新編集版1話 感想

   ↑  2014/07/12 (土)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
新編集版って、カットはなくて、新規シーンが追加されるだけっぽい…?
好きなシーンがカットされたら嫌だなと思ってたけど、特に大きなカットシーンは無いように感じられました。
槙島さんと狡噛さんの独白が追加されてた。

槙島さんの冒頭の独白によって、彼の複雑な心情が理解できやすくなってるような…。
いやでも相当難しい人ですよ(笑)。未だに理解できませんもん。
”人を愛している”割には最終話で”人は替えがきく”というようなことを言っており
人を諦めている気持ちもある。
愛しているけど自分を満たしてくれる人間はいない。
というのが槙島さんの気持ちかなぁ…難しい。

改めて一話と二話分を見返してみて、一係の朱に対する態度が厳しいなと。
縢はただ女の子ってだけでヘラヘラしてるだけで、朱の事は完全使えない子と思ってるし、
「狡噛のいない穴、私が埋めます?」の六合塚は、朱を一切見ずに征陸に指示仰いでるし、
征陸は監視官はそこにいるだけでいい後は自分たち執行官がやると告げるし。
でもそんな始まりだから、段々朱が実力を発揮して一係メンバーに認められていってると
分かる描写が端々に見受けられる程に、嬉しくなったもんですがね!

縢の朱に対する感情の爆発。初見はきっついなと思ってたけど
縢視点で朱の話を聞けば、イラつくのもわかる。
五歳で人生が決まった縢に対し朱の「生まれてきた意味がわかるかもしれない」発言は厳しい。
じゃあ俺の生まれてきた意味ってなんなの?って聞きたくなるとおもう。

一話の大倉信夫、色相チェックに引っかかったのが発端で、最終的にエリミネーターでぶっ放されたけど
色相がどんどん濁っていったのは、シビュラシステムが存在しているのが大きな理由の一つでは思えました。
「こんな事してしまったら一生刑務所からでられない」という意識が自分を追い込んでいるのでは。
生きてれば、妬み嫉みはあるはず。
だけどその気持ちを、色相チェックに引っかかるからと無理におしこめるから
いつか爆発するんじゃないかなー。シビュラシステムは本当良し悪しだなと思えました。

カットないねと思ってオリジナル版を見直しましたが、
一つ見つけた。オリジナル版一話で朱ちゃんが海を眺めるシーン。ずっとしょんぼりと風に吹かれていたけど、
最終的には決心したように、立ち向かうように唇を結んだところがなかった。
あとオリジナルのEDへの入り方が好きだったので、
やっぱりオリジナル版もいいものだなと、どっちも大事にしたいです。
新編集版で「これは」と目を見開いたのは冒頭の槙島さんの顔がすごく気合い入れて描かれていたこと。
あのシーンは槙島さんに魅入る…。私、一係派だけど…。
そんな訳で、今のところこれ↓に

新編集版つきBOXも追加する所存であります(白目)!!

…手軽にまとめて見たいからって北米版かった矢先に新編集版BOX情報がでて泣きました。
意地でも何も売らないわ(笑)。
関連記事

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

2014/07/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 借りぐらしのアリエッティ
この前の記事 : 戦国無双4・DLCシナリオ

Comment

コメントを投稿する 記事: サイコパス新編集版1話 感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 借りぐらしのアリエッティ
この前の記事 : 戦国無双4・DLCシナリオ