指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

このページの記事目次 ( ← 2011年12月 → )

劇場版 フランダースの犬

   ↑  2011/12/30 (金)  カテゴリー: アニメその他
録画してた「ぬら孫」見終わったから、テレビ消そうかなーとしたら映ったフランダースの犬。
じゅうたんの敷きなおしをしてた最中だったのに、途中で放り投げて最後までみました。
てか、なんだもうこの悲しい話は。ずっと泣いてたよ!目が真っ赤だよ!

働かせるだけ働かせて鞭うって、水も飲ませなかった元飼い主を目にしたパトラッシュ。
新しい飼い犬が鞭で打たれながら通り過ぎるのを、小刻みに震えながら待っている姿に、
激しく胸と眼球が痛いです。
動物に手荒な真似するやつは死ねばいいと思う。
そんな中ネロとアロアが戻ってくるんですが、パトラッシュの様子が変だという二人に、
通り過ぎた元飼い主が「パトラッシュ?」
やめろおおおお!!!てかやめてええええ!!!
「生きてたのかパトラッシュ」
ぷるぷる震えるパトラッシュ。
無理矢理パトラッシュの手を引っ張るくそやろうに腹が立つ一方で、
足を踏ん張って堪えてるパトラッシュに、堪えられない!!
結局ネロたちは逃げましたが、その夜パトラッシュは悪夢を見たようで眠りながら震えている。
もう私限界なんですけど、このテレビ消してもいいですか。
動物ものって駄目なんだよ、死んだ犬の所作を一々思い出すから!やめろよ、犬いじめんなよ!
パトラッシュが震えておびえてる様が堪えられない!!
ネロの家までやってきた元飼い主ですが、おじいさんがお金を渡したようでご機嫌でかえっていきました。
おじいさん…。というかおじいさんって、ネロ以外の人からも「おじいさん」呼ばわりされてるんですね。
隣のおばあさんからも、おじいさん呼ばわりされててちょっと気になる。

家賃待って欲しいだあ?て取立てのにっくきハンスが家から出て行く所を目撃するネロとパトラッシュ。
パトラッシュの為にお金を使ったんだねって気付いて嘆くネロですが、すぐにパトラッシュに気付いて
「おまえは気にしなくていいんだよ」っていう優しさが辛い。いい子やなああ!!

アロアのお父さんはネロとアロアが仲良くするのが気に入らないみたいですが、
ネロこんなにいい子なのに。優しくて穏やかで働き者で。一体どこが気に入らないんですか。
すっかり成長して窓辺に座って絵を描いて、
料理持ってくるアロアに優しく微笑みかける好青年なネロがたやすく想像できるんですけど。
二人とも幸せそうじゃないですか(私の脳内では)。
親バカもここまでくるとどうしようもないですね。

でもアロアのお父さんにネロを悪く言うハンスが一番の害悪なんですけども。
ハンスshine。

おじいさんが亡くなり、風車を燃やしたとありもしない罪を擦り付けられ、
その所為で仕事も無くなり、クリスマスまでに家賃払えなかったら出て行けといわれ、
頼みの綱だった描いた絵のコンテストでは一位をとれず…。
なんですかこの不孝のオンパレードは。見てるのが辛くてたまらないんですけど。

アロアのお父さんが落としたお金を届けて、これは大事なお金だったのとアロアのお母さんに感謝されて
「そう、よかった…」
ネロの後ろに後光が見える。もう菩薩の域に達してるぞこの少年。こんな仕打ちされてて微笑めるなんて。
そして、パトラッシュを残して去っていくネロ。
残されたパトラッシュは弱って眠ってるんですけど、気付いたらネロがいない。
どこ?って探している姿に、おんおん泣いちゃう…。やめろよ!もういいだろ見てて辛いんだよおおお!!
ネロがお金を届けてくれたことに、今までしたことを悔い改めるアロアのお父さん。
………悔いてくれてよかったと思うけど、ネロ行っちゃったよ。
ていうかハンスおまえの所為だろうがあああ!ハンスを叱ってくれて少し胸がすっとしました。
でもお父さんのやったこともすぐに流せないことですよね。
アロアとネロが離れ離れになってる様は可哀想だったよ。

家賃払えないからネロは家にも戻れずふらふら町を歩いて、パトラッシュはその後を匂いをかぎながら追いかける。
おいーー!パトラッシュを映すんじゃない!!!
とうとう力がなくなり、どうと倒れるパトラッシュ。だからパトラッシュを映さないでーー(号泣)!!
そんな中、おじいさんの「パトラッシュ、ネロを頼んだよ」って以前聞いた声が聞こえてきて
立ち上がるパトラッシュ。もういいから!休んで!誰か保護してやってくださいよおおお!!

教会で見たかった絵を目の当たりにし、「思い残すことはありません」と呟くネロ。
そこへパトラッシュが駆け寄ってくる。
うん、わかってます。変に片一方だけが残るよりも、二人一緒に逝って幸せだって。
美しい最後で悲しい話だ。つらいなあ。

いままではアロアの回想だったようで、アロアは修道女になってた。
アロア…ううっ。そしてやってきたジョルジュに吹きました。
赤いスカーフ巻いて、でかい袋を肩に引っ掛けて、港にいそうなそのいでたち。
絵に描いたような港の男姿だな!と思ってたらまさにそんな仕事らしい。大きくなったなあ、弟も。

報われない話でした。やりきれないです。はぁ…。
パトラッシュとネロの絆が美しかったです。

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

2011/12/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アリエッティ

   ↑  2011/12/17 (土)  カテゴリー: アニメその他
途中まで…というかほとんど最後までは、物語に起伏があんまり無くてつまらんなと思ってました。
が!!!

ラストの、やかんのふちに座って物思いにふけってるアリエッティに、スピラーが無造作に赤い実を差し出すところ。
きゅん!!!
一瞬にして評価が1から3.5くらいに跳ね上がりました。
パネェ!何なんだスピラーは。不意打ちに胸キュンさせてきやがるぜ!!

翔とアリエッティが話してるのを見たときも、アリエッティの身の危険だと弓で射ようとしてたけど
安全だとわかると無言で下に下りていくのもグッと評価上げました。
スピラーとアリエッティ家族と出会いのときも、昆虫の足をアリエッティにすすめたりと
殆ど好奇心に似た好意がちらほら見え隠れするのもまた可愛かったです。にやにやしました。
スピラーいいなあ!スピラーに対する評価になってるけど気にしない。

それにしても翔はすごく穏やかで美貌の少年ですね。
アリエッティをもっと可愛くしてくれたら嬉しかったです。だって翔の方がキラキラしてたぞ。
病気の所為か儚げで、きらきら君がいつか倒れるんじゃないかと心配してました。
アリエッティを初めて目撃したときには、翔の顔にぞっとしましたが。何で無言で起きて見てるのこわいよ。
あとハルさんは何であんなに小人を目の敵にしてるんですか、何かうらみでもあるんでしょうか。
翔(ぼっちゃん)を猜疑心旺盛な目で見てくる様はすごくムスカ状態でした。
いやムスカになりきれない将軍レベルですかね。
しかしあんなお手伝いさんいたら嫌だな、翔は手術控えてるんだからいたわってあげてくれ。

総合的にみてまぁまぁな話でした。ナウシカやラピュタレベルのジブリ映画楽しみにしてます。

++

ところでノーラ。
ノーマルEDに引き続きトゥルーEDいきました。
……キャラED行けなかったからトゥルーに行き着いたともいう!
相変わらずユカを狙ってるんだけどイベント消化しきれないままタイムリミットが来てしまいます。
ノーラとユカが二人で話をするシーンが好きです。CGコメントのユカの最後の一言大人っぽいよおおお!
いつもふざけてる分際立ちますね。こいつを全力で落したい!!
いつかやるぞと思いつつ、とにかく誰かのEDを迎えたいもんです。

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

2011/12/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ノーラが安い

   ↑  2011/12/04 (日)  カテゴリー: 一般ゲームその他
いまアマゾンでノーラがすごい安くなってますね。
2500円前後ですよ。ついぽちっとしてしまいました。

人に薦められた本「永遠の0」。
本屋でぺろっと解説を読んでみたんですが、解説時点で涙腺が崩壊したので買いました。
読み終えました。
涙で前が見えません状態でした。
知覧いきたいなあ。あと呉の大和ミュージアムとか。
うちは両方とも祖父がなくなっているので戦争の話が聞けません。残念です。
でも軍服姿でヘラッとにやけた写真があるそうなので今度祖母の家に行ってこようと思います。
今は坂井三郎さんの「大空のサムライ」を読んでいます。
パイロットの話は華がありますね。その一方、常に死と隣り合わせですが。
今のほほんと生きてますが、平和に慣れきってしまって
近い過去にこういう事が実際あったっていう事は忘れてはいけないなと思いました。
もう終わったことだけど、やっぱり日本がやられる様子をみるのはいやですね。でも色々知りたい。
大空のサムライシリーズ読んだら何読もうかなあ。

その他の人に薦められた「出口のない海」は読みました。
これは永遠の0とは違って最初から特攻しか道が無いのでスカッとする部分がなく暗い…暗いです。
夢中になれる本と出合うのは難しいなあ。

https://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

2011/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |