指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

このページの記事目次 (カテゴリー: アニメ

← 前のページ  total 13 pages  次のページ →  

劇場版サイコパス来場者特典設定集用バインダー 到着

   ↑  2015/04/17 (金)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
意外と大きかったけど考えてみれば来場者特典もこのくらいのサイズだったなぁ。
と思いつつ整理してはめてみた。
ついさっき知ったけど全四バージョン分、キャラやらアートボードやらそれぞれページ数割り振られてるんだな。
分かりやすくてGJ。

バインダーの中にあったのは表紙の朱と狡噛の白抜きイラストそれぞれ一枚。

150417バインダー1

二期全巻購入特典の箱に負けない大きさ。やっぱり大きいな。
でもしっかりした作りで品は良い。何より後ろの公安局のマークがカッコいい。
150417バインダー2

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

2015/04/17 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

サイコパス2円盤ドラマCD VOL.3『姉弟中毒』感想

   ↑  2015/04/14 (火)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
気づけば明日最終巻のBDでる…!
ドラマCD全然きいてない、ってことで
雛河翔くんのドラマCD内容及び感想です。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-305.html

2015/04/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

サイコパス OFFICIAL PROFILING 2 パッと読み感想

   ↑  2015/04/04 (土)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
■書き下ろしSS
深見さんの書き下ろしSSがよかった。
道がガタガタして舌噛みそうならせめてシートベルトしようぜ朱さん笑
押絵も劇場版通りシートベルトしてなくて、ああこれが正しくていいんだと思った。

SSで、劇場版で疑問に思ってたことがしっかり描かれてあった。
朱が狡噛の上着着てたの、ちゃんと会話があったんだね。
朱は泳ぎが苦手なのに飛び込んだことにも言及されてあった。
泳げないことをしっかり覚えている狡噛さんがまたよかった。
上着を着た時の狡噛のにおいとか、狡噛が朱に「死んでなくてよかった」とか、
うつむいて応じる朱とか、なんなんだお前たちは!という相変わらずハッキリしない関係、その描写が凄く好き。

■質問コーナー
そうだろうなあという回答が多かったけど
よく気づくなぁと感心する質問もあった。
『正午、深夜、昨夜』は全然気づかなかったな。
宜野座のタンクトップは征陸のおさがりか?って質問は爆笑した。
肌着がお下がりだったら嫌だよ!笑

意外だったのが霜月美佳が、弥生と志恩の関係に気づいていないこと。
好意持っている相手ならよく見てるだろうから、普通気付くと思うんだけど。
知らないのか、びっくり。
ASYLUM2で明らかに分かるだろうと思ってたけど、あの小説は公式認識しない方がいいんだろうな。
東金の、爆弾犯に対する言葉は演技ってのを改めて読んでショック。
結果的にそうだろうとは思えるけど、あそこで東金いいヤツ!と思ったんだよな。すっかりだまされた。

■インタビュー
東金にマザコンに加えてゲイ設定があったのをしって、取っ払ってくれて本当によかった…!!
没になったゲイ話の後に、”雑賀先生にやきもきしたり宜野座を襲ったり
そういう黒さもあるキャラクターにする話もあった(しかし収まらなかった)”っていう言葉
どういう意味なの。そういう意味なの。うわぁ……。
冷静に考えて、やきもきは二期内でわずかに描かれてたように
雑賀先生が東金の意思通りにならないってことかもしれない。
襲うというのは、邪魔だから殺そうと襲うという意味かもしれない。うん…うん…。

東金がマザコンだから雛河はシスコン。そんな軽い感じなんですか笑
突然のお姉ちゃん呼びは監督が入れたんだ。
雛河君まわりと言えば相関図が劇場版パンフと微妙に違ってた。

二期
パンフ:雛河→朱(依存) 朱→雛河(記載なし)
オフプロ2:雛河→朱(依存) 朱→雛河(信頼)

劇場版
パンフ:雛河→朱(依存) 朱→雛河(記載なし)
オフプロ2:雛河←→朱(信頼)

オフプロを信じれば、劇場版じゃ一方的な依存だったのが、信頼関係成り立っててよかったね。

朱のおばあちゃんは最初は死なない方向だったらしい。
殺すことにしたのは塩谷監督か、うわーー!
でも、あの耳を見せられた時の朱のブチ切れとBGMが最高に盛り上がってて好きなので…まぁ。
祖母を殺されたことを一人で椅子に座って考え、
悲鳴のような絶叫を上げた朱も痛々しくてよかったからそれでよかったのかも。
でも実は耳を斬られただけで生きてたと言われても良かった。
朱の祖母を殺したことにより、東金は勿論だけど霜月美佳は絶対に許さない対象になったんだけど
彼女を憎ませてよかったんだろうか。
徹底的に憎ませる対象とするなら殺すのは良かったんだろうと思う。
朱が可哀想なのは揺るがないけど。

■キャラ紹介
7歳の宜野座に何があったんだろう。
彼女いたんですか、現在31歳、彼女いない歴24年。何だこの思わせぶりな書き方笑
ギノさんの好みの女性、無駄口がない人らしい。ああー、本人無口気味だからなぁ。
朱は勿論、青柳さんでもあてはまれそう。
宜野座もだけど、狡噛の好みの女性も朱に当てはまるのがなんとも思わせぶりだな。
ちなみに狡噛のタイプ『会話ができる相手』っていうのは狡噛の考えについていける人なんだろうと思う。
朱上等にできるね。でも恋愛模様にならないサイコパスが好きです。

雛河
睡眠時間は2~3時間。
モットー:お姉ちゃんを守る

やべぇ……。大丈夫かこの人。何でこんなに朱に執着しているのかそのきっかけを知りたい。
彼の好きな言葉「大丈夫」をここぞって時に朱に言われたんだろうか。


狡噛
最近笑ったこと:シーアンでの任意同行を求める常守朱の発言

ああそうですか、狡噛さんにとっては笑えたんだろうよ!笑 ひどい。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

2015/04/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

山賊の娘ローニャ26話『春の叫び』感想

   ↑  2015/03/28 (土)  カテゴリー: アニメその他
『おわり』の文字見て爆笑したあと真顔になった。

……終わったねぇ。
なんか心に残った?私は……特に…。

スカッレ・ペールの死で泣かせてくるのかなと思いきや
あっさり亡くなってしまったし。特別遺言もないし。
私はペールがローニャに耳打ちしたことが気になっていて
ローニャ達が自分たちで生きていく秘訣みたいなもんを言ったのかなと思ってたら
宝の眠る場所でズコーっとなった。

ビルクが、山賊にならないならどうやって生きていくべきかと話し始めたから
そこが知りたいんだよと身を乗り出して聞いてたら
ローニャの切り出した話が上記の通りで
それを聞いたビルクがそれはいいね!と賛同していて、
えー……って思った。

そこは猟師とか羊飼いとか、自分の体を使って働いてお金を稼ぐ方が良いんじゃないですかね。
というのが、宝探しは視聴している子供たちにとっても夢のあるものだとおもうけど
この二人の場合は親に対し、自分はあんたたちとは違うんだ!と同義の事を言ってた。
親のやること否定して、じゃあなにやるのかと思えば宝探し。
…あんま変わら無くない?
人様に迷惑はかけないし夢のある仕事だけど見つかったら遊んで暮らせるものだし
親に偉そうなこといえる将来じゃないよね。
マッティスが知ってたらそれを選びそうだよ。
でもそれを知らない(もしくは見つからない)から
現実を見て山賊をやってお金稼いでるんだろうよ。

若かりしスカッレ・ペールがどたどたと階段駆け昇っていって、マッティスを抱き上げた所だけはよかった。
ただその後特に盛り上がりもなく花がしぼむように死んでしまった。
このアニメを見て思ったのが、マッティスはある意味魅力的だなぁと。
子供がそのまま大きくなった、手がかかる父親だけどそこが彼の魅力なんじゃないかと思う。
彼自身の両親が亡くなってるんだから人の死は知っているはずなのに
スカッレ・ペールの死にあんなに狼狽しているのが不思議。
どうしようもないヤツだけど、誰かがみていてあげないといけない人だなぁと思う。

対してローニャは…
冬に食料のないビルクに健気に食事を届けてやってる様はよかった。
義理堅さもあった。
けど…どうも好きになれなかったな。
良い所はあるんだけど、喧嘩っ早いし、すぐ手が出るし、声が可愛くないし。
ビルクと二人で暮らしてた頃、怪我した馬を見つけて、
ビルクに薬草とってきてって鬼のような顔して命令したときは引いた(自分は馬の顔を抱きしめるだけ)。
かわいくねぇー!!!
びっくりするくらい可愛くねぇーー!笑

最後、春の叫びで「わ”ーー!!」とあの声を耳一杯にきいて
うわぁー…ってドン引いてたら「おわり」をみて爆笑して真顔なって今これを書きあげました。

得るもの……なかったなぁ。
あ、見終えたという達成感はあった。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-293.html

2015/03/28 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

山賊の娘ローニャ25話『ひとつの強い山賊団』感想

   ↑  2015/03/21 (土)  カテゴリー: アニメその他
『山賊の娘ローニャ』の好きなところ。
砦でワイワイしてるときの曲。民族風なアレ。
あの曲は好き。ずっと聞いていたい。
他は……他…は………(頭痛

先週から、今までいがみ合っていた山賊団二つが、
一つになるための頭決めの決闘が描かれていて
やっと手を取るのか!そしてどっちが上か決まるのか!と猛烈に盛り上がる山場っぽいんだけど
みていてワクワク……する??
私はしなかった。
ラピュタのパズーの親方とドーラ一家の戦いもしくは紅の豚のラストを連想させるなぁとおもったけど
曲も盛り上がりに欠けるし決闘長いしこの二人にそんな思い入れないしで、気持ちは盛り上がらなかったです。
そもそも主人公ローニャとビルク自身がこの決闘に全く興味を示していないんだよね。
そんな中視聴している子供たちはこの決闘をワクワクしてみるんだろうか。疑問だ。

ローニャが家出している間にマッティスも色々考えたのか
子供は自分の言いなりにはならないこともあるってことを理解したらしい。
そんなマッティスと会話している、ボルカの表情の変化がよかった。
子供世代になったらビルクが頭になればいいってマッティスの台詞に感激してうるうるしてたけど
当のビルクの「山賊にはならない」宣言には猛烈に慄き、マッティスに励まされて再度うるうるするボルカ。
マッティス程荒っぽくなくて、家族想いでいい人だよなこの人。
何だかんだで和解してよかった。

子供二人は将来山賊にはならないらしい。
家に戻ってきてからこの二人、完全に二人っきりの世界だな。ずっと並んでいる。
それはいいけど、山賊っていうのはよろしくない事だけど非現実であって
このアニメの中では危険もあるけど基本的に楽しい事と描かれているから
その生き方を否定し現実的な選択をするのは、どうなんだろう。
私が子どもとして視聴していたら、山賊を受け継ぐ方がワクワクしそうだなぁと思う。
山賊と言わないまでも、山をかける事でできるお仕事(思いつかない)という珍しい未来の方がたのしそう。
わくわくする。
今まで自分たちが育ったのは親が山賊やってるお蔭なのに
感謝の気持ちもみせずにそれを否定する子供たちになんっかもやっとする。
だから私は将来、もしくは今○○をする!っていうモノあれば、あっそうなんだと思うけど
私はそうならない!(調子のった顔で)で言いたいことが終わるからモヤモヤするのかもしれない。
そんなに利口に生きたいんなら読み書きの勉強でもしたら?とおもう。

そういえば先週ペリェが助け出されてた。私は先週それが一番うれしかったよ。
忘れられてなかった!砦に帰って食事にありつくとき、パンを涙を浮かべて食べてたのが印象的。
そしてペリェは獄の中で無精ひげが生えてたけど、復帰してからはつるつるに戻ってた。
山賊だけど毎日剃ってるんだねあの人たち。

わいわいと平和な雰囲気の中、スカッレ・ペールが具合よくないらしく不穏な空気。
いやだなぁ。
いやだけど、このアニメみてよかった!と心から思った瞬間がないので、
どんな展開にしろ心にぐっさり思い出を突き刺してほしい。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

2015/03/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |