指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

このページの記事目次 (カテゴリー: アニメその他

← 前のページ  total 4 pages  次のページ →  

山賊の娘ローニャ 22話『これかぎりの夏』感想

   ↑  2015/03/01 (日)  カテゴリー: アニメその他
滝つぼにおちそうなローニャをみて、Uターンして助けてくれたビルクを
わずか数時間後に罵るローニャ…(ロヴィスに挨拶しない事について)。

だけどそんなローニャに、ローニャが帰るのは辛いけども冬が来たら担いででも帰す。
自分はここに残るっていうビルクが男気あるなと思った。
だからこそ今日の話は、ビルクはなぜローニャがこんなにも好きなんだ!?と思いながら見てた。

身近に女の子がローニャしかいないのがまず一番の問題だよな。比べる人いないもん。
で、出会った時から負けん気の強いローニャを面白い子だなぁって見てる節がある。
何故か最初から好意的だった。気の強くて元気のいい子が好きなんだろう。
お母さんも気が強いもんね。
個人的に一番嬉しかっただろうなと思ったのが、冬でひもじいビルクに毎日食料を届けてくれたところ。
あのローニャは優しかった。あそこで一気に絆が深まってたね。
捕まったビルクを見て、ボルカ山賊の元に捕虜になりに行った義理堅さもローニャの魅力だな。
親に啖呵を切ってまで。そして決別してまで。

こうしてみるとローニャは癇癪持ちだけど良い所はあるんだよなぁ。
でも通常見てるのがしょっちゅう癇癪を起してるローニャだから、何でこんなのが好きなんだろうと思ってしまう。

今回の話でローニャの可愛くなさ度が上がったのはこの記事最初に書いたところと
霧が深まって警戒しているビルクに、
あなた、霧が怖いの?もしかして道に迷って帰れなくなるとでも心配してるの!?
って嘲って言うローニャ。
夏をいっぱい吸い込んでそれをどうのこうのと喋ってるのは、
普段より柔らかい声だったからかかわいく思えた。
でも、一つポンと強く当たれば、それ以上の強さで跳ね返して怒る子だから好きじゃないなぁ。

考えた結果、ビルクは自分好みの女の子に尻に敷かれているのが好き!
という事に落ち着いた。
ローニャにも良い所はあるんだけど、個人的には友情だけでいいな私は。
恋人にはしたくない。
事あるごとにイラッとしそう。私は。

次回はマッティスが登場する模様!
この話、父と子の物語としてみているのでようやく思いをぶつけ合うのかと楽しみ。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

2015/03/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

『四月は君の嘘』の凪ちゃん

   ↑  2015/02/22 (日)  カテゴリー: アニメその他
をみてたら、なんつーか幼女をいい子いい子するゲームをやりたくなる。
得体のしれない敵対キャラかと思いきや、ふたを開けてみればブラコンゆえに登場した背景があって
なんだかんだと公生になつき、最終的には有馬先生と呼んでくれてすっごい可愛かった。
いや現在進行形で可愛い。

私はこのアニメ椿を応援してみてたけど、思わぬ伏兵で、現在はころんと落ちてしまった。
カワイイ後輩位置で今後もピアノ弾いて元気でいてほしい子。

この作品、かをりの気持ちがよくわからなくて、
渡が好きなはずなのになんで公生に気があるようにもみえるんだと
何考えてるんだこの人ともやっもやしながらみてて、
最終的にどうなるのか気になって、ラスト知ってしまった。
ああなるほどと理解して以降はかをりの行動は仕方ないなと思えた。
彼女が現れてから、公生も椿も、苦しみながらも気持ちが明確になったよなぁ。
なので公生たちは、かをりに出会えてよかったんだろうなとおもう。

『届くかな、届くといいな』等のポエムチックなところは、あーはい…って感じで見てしまうけど
音楽をしてると辛いでも離れられない、音楽が好きっていう熱い想いが伝わってくるのが好きな作品。
こういう情熱を傾けられるものに出会えて打ち込める彼らが凄くうらやましい。

とにかく今、幼女をかわいがるものをやりたい何がいいかなぁ。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

2015/02/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

映画『風立ちぬ』感想

   ↑  2015/02/22 (日)  カテゴリー: アニメその他
風立ちぬ見終わった。

一番心にじんと来たのが、菜穂子が喀血したという電報をもらった二郎が
急いで着替える最中零れ落ちる涙と、東京へ行く電車の中で仕事をしながら涙を落としてたところ。
ここずっと無言だったってのがよかった。

あと、「美しい所だけ、好きな人に見てもらったのね」以降はもうだめだったな。
生き延びる道もあるんだろうかと思って見てたけど、
夢の中で出会った二郎が菜穂子!って驚いて叫んだから、ああ、現実では死んでしまったのかと分かった。

戦争や飛行機に詳しかったら、もっと楽しかったのかな。
飛行機の型とか、ドイツで飛行機について話してる意味はさっぱりわからなかった。
だけど二郎が飛行機を設計するのが大好きで夢中になっているのは伝わってきたし、
そんな二郎が好きだと、自分の体よりもそばにいたいという願いを優先させた菜穂子も理解できた。
仕事している片方の手を握ったり、
疲れて眠る二郎に布団をかけて抱きしめて眠る菜穂子に、2人の愛情深さが伝わってきた。
だからこそ一日を大切に生きる二人が心配だったし、菜穂子の別れが切なかった。

最初は、二郎の声をきいたとき、『耳をすませば』の雫のお父さんを思い出した。
二郎にするには老けてるけどそれ以上に棒っぷりが気になったけど、段々気にならなくなった。
でももっと良い配役あったんじゃないかなぁとは思う。

あと思ったことは、妹の佳代と菜穂子は最初の登場時が一番かわいい!!
帯のリボンが大きくてお人形のようだった。大きくなってから微妙だったけど最後の泣き顔はよかった。
菜穂子もお嬢ちゃんの頃可愛かったなぁ。だけど結婚するんだから今となってはあの成長もよかったとおもう。
結婚の時に髪をおろした菜穂子はきれいだった。

全部が全部ハッピーエンドではなく最後物悲しいのが日本らしくてすごく好き。
ただやっぱジブリはエンドでここでおわり!?ってなるな笑
千と千尋とか「おわり」の文字みて、
ま、まだ続きがあるはずって思ってみてたけど結局なくて白目向いて帰った記憶がある。
大人の映画だなーと思いました。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

2015/02/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

『山賊の娘ローニャ』感想

   ↑  2015/02/22 (日)  カテゴリー: アニメその他
ローニャ、21話『とどろく滝と鳥女』までみた。


今日の話で、ローニャはマッティスと仲直りさえすれば家に帰りそうだと感じた。
リル・クリッペンから能動的に聞き出した話はずっとマッティスの事だった。
ペリェが捕縛されたって話を聞いて私はショックを受けたんだけど、それを聞いたのちのローニャの台詞。
「この頃、あの人(マッティス)ちっとも、笑わないの?」
ペリェには全く興味がない模様。
割と仲良くしてなかったっけ…野菜作ってくれたよね彼。
気のいいヤツだったじゃん、野菜を貶したら怒るけど。
赤毛の人が負傷した時はあんなに取り乱して心配そうにしてたのにな。

ローニャとマッティスの喧嘩って、愛情が深い故に拗れている。
しかも二人とも気が荒いから余計手におえない。
それできっと、片方が折れて愛情を向ければ、喧嘩は終わると思う。
周囲は大迷惑だなぁ。

ビルクはそれを知ってるから、ローニャはいつか帰るんじゃないかと不安なんだろうな。
しかし当のローニャが言うには、一番考えていることは冬が来れば死ぬという事。
じゃあ、冬が来ても死なないように木で壁でも作って洞穴に立て掛ける作業するとか、
食料もっとため込むとかすればいいのでは。
しかしビルクの返事は「今は夏だよ!!」
ひゃっほーと川に飛び込む二人。
……。

ローニャは声も、性格も、外見も可愛くないのが致命的だと思ってたけど
水に濡れて髪の毛がぺたんとなった今回は、見た目可愛かった。
あの髪型があかんのか。
声も、性格も、外見もローニャよりもビルクのが上なのがこのアニメで皮肉なところ。
これ製作サイドは意識してわざと描いているんだろうか。
そして子供はローニャを好きになるんだろうか。

結構不満が多いけど見ている理由は最後どう決着をつけるか気になるから。

次回のタイトル『これかぎりの夏』らしい。ようやく物語が動きそうだな!!

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

2015/02/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アニメ等あれこれ

   ↑  2015/01/11 (日)  カテゴリー: アニメその他
今日はずっと録画消化をしていました。

神撃のバハムート
最終回ようやく見た。
定めを覆せないのがよかった。寂しいけどそれもまた良し。
カイザルは髪留めなかったらカッコいいんだね。

Fate
最後どうなるんだーー!!
ゲームやれって事ですか。やりますとも。

アルドノア・ゼロ
どっちも生きている…。どっちか死んでて欲しかったな少し白けた。
伊奈帆君は義眼になって更にバージョンアップしてるじゃん…。
人間の醜い所を見せてくれるスレインが好きだ。

山賊の娘ローニャ
父親をあんた呼ばわりするローニャに、少し言い過ぎではないかとビクビクした。
今まで毒にも薬にもならない話をずっと見てきたから、突然のシリアス展開に動揺。
マッティスのあんな顔初めて見た。
親子の縁を切ること構わんみたいな話だったけど、ローニャが生まれた時のマッティスの喜びよう
ローニャへの愛情を今まで沢山見てきたから、ローニャもそこまで言うなよと思う。
子供だから仕方ないが。
ローニャが元気いっぱいな娘だというのはよく分かったけどもう少し可愛げが欲しい所。
笑い声や叫び声が耳障りでどうにも好きになれない。
男のビルクの方が顔立ちも声も可愛げがあるってどういう事だ。

冴えない彼女の育てかた
何で私はこれを見ることにしたんだろうとずっと思いながら見続けていた。
答えは松岡くん目当てとノイタミナだったからなんだけど。
もう少し見続けてどんな方向性で行くのか見極めて決定したい。

オリエント急行殺人事件の紹介番組
ナレーションは水島さん。究極の癒しタイムだった。
内容が面白そうなので本放送みることに。
最近陰陽師の新刊を読んでて、映画版の野村さん嵌ってたなと思っていたから
ポアロ調の野村さんみて、涼やかな彼をみたいなぁと強く思った。
もったいないがそういう役柄だから仕方ないよね。

英雄たちの選択
磯田さんの話を聴くのが大好きなので最近録画している。
吉田松陰の生きざまを見て、磯田さんが以下の様に問われているようだと話した。
アナタはそれに全力で取り組んでいるのか、と。
一番唸ったところ。こういうハッとすることを言ってくれるから磯田さんの話を聞くのが好き。
本当に吉田松陰は自分で決定し、それを全力で実践したよなぁ。
討論の内容は勿論楽しいんだけど、加えて磯田さんの表情を追いかける変態的見方をしている。

アルドノアとトーキョーグールと四月は君の嘘とで
スーパー花江くんタ~イムと個人的に楽しんでた。狙ってみてるわけじゃないんだけど。

他にもアレコレ見て、ずっと座っていたので背中が痛いです。
現在オリエント急行を見ています。


日野さんご結婚とのこと。おめでとうございます!

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

2015/01/11 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |