指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

金色のコルダ3 AS至誠館・新(珠玉ルート)と長嶺について

   ↑  2017/05/07 (日)  カテゴリー: 金色のコルダ3AnotherSky feat.至誠館

新の珠玉ルート


こっちで感想を語ってるけど
もう一回ダーッとやったので少し追記。

新の珠玉ルートは、なんか病みがちで見ていて痛々しいです。新が。
最初はウキウキで「約束だからお願いきいてよ!」って感じだったのに
きいていくうちに、
「どこまでお願いきいてくれるの?」
「約束だからきいてくれるんだよね?」
って妙な具合になっていってしまう。
でも、全部きいていったけど、「キスさせてよ」に”いい加減にしろーーー!!”とばかりに【怒る】を選択した時の
ほっとした新に、やっと普通に戻ったかと安堵感がありました。

”お願い”だからデートにつきあってくれた。かなでの意志はそこに微塵もないんじゃないか。
無理やり縛り付けてるだけじゃないのか。優しいから、仕方なしにきいてくれるだけなんじゃないのか。
そうグルグル思考が渦巻いて沈んでいたときの、かなでのNOにホッと救われる気持ちはよく理解できた。
「嫌なものは、嫌って言ってくれるなら
 今までのデートにもウソはなかったって思えるから…」

と、そこから本気で落とすモードに入ってくれて、ああやっとまともな新だよ。と思えました。

「ひと夏限りの遊びなら、こんな関係も悪くないと思ってたけど…
 先輩とは本当の恋がしたい」
ひと夏限りってめっちゃ新らしいけどw
でもマジモードの新がみられて
このこれまでのモヤモヤした関係性が晴れ渡っていくイベント、なんか好きです。

あと『新と出会ったから至誠館にはいった』というのを伝える事が出来たシーンもすき。
それをきいて、新の心に『マジで…!?』って衝撃がぶっささるのも、にやにやできてすき。
そうなんだよ、かなでが沈んでた時に新の底抜けに明るい演奏をきいて、新に出会って、至誠館にいこうってきめたんだよ。
それなのになんでこんな妙に病んだ展開になっているのか!お前がきっかけなんだぞ!!とチョップをかましたかった。


長嶺の珠玉ルート


170507-4長嶺
相変わらず面白い男だなぁ。出会った時は、この眼鏡を踏んづけてバリバリにしてやりたいってムカついてたけど、
交流すればするほどにひねくれまくった面白い男だと思います。

たぶん長嶺ルートの感想でも熱く語ったと思うけど、
普段の一人称『私』が『俺』に変化するのだいっっすき!!あー萌える。たまらんね。
そしてあんなに氷のようにそっけなかった長嶺が、EDではかなでにちゅっちゅしてるそのギャップに笑ってしまいました。
おまえそんなになるのか!!???
あと、長嶺のことが好きっていったときの「知っていたよ」にもめっちゃニヤニヤしました。
そうだろうとも!
長嶺もややこしい表現ばっかりするけど、かなでの事を好きなのを隠せてないよ!
正直になれた月夜イベント大好きです。

長嶺はなにがいかんかって、あの半裸シーンをみせたことですね。
あのシーンをみてしまったら、いい身体!!ってそこに異性を感じ、あのややこしい性格もあいまって長嶺の虜になってしまう。
あそこですべてが長嶺まっしぐらになってしまうんです。
けしからんけど大事なシーンですねぇ。本当に(しみじみ)。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-396.html

2017/05/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダ3 AS至誠館・新(珠玉ルート)と長嶺について

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)