指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

金色のコルダ3 アナスカ至誠館~火積司郎・逆注目ED~感想

   ↑  2017/05/07 (日)  カテゴリー: 金色のコルダ3AnotherSky feat.至誠館
なんか突発的にコルダをやりたくなって起動しました。
火積逆注目をやったんですけど、珠玉とちがって肩の力が抜けるストーリーで気楽~にニヤニヤと楽しめました(*´∀`*)

170507-1火積バナー


火積にここまで言わせたか!と感慨深い


最初こそ、かなでが吹奏楽部に入部するの反対だったし、自分は自分だという風に、かなでとあまりかかわらなかった火積。
でも段々と交流していって仲良くなって、『もう少し一緒に過ごしたい』って趣旨の言葉がでかかって、「なにいってんだ俺は!」とサッと引いていた火積が(←すごく面白かった)、それでも自分の気持ちを明るくストレートに出していくかなでに感化され、変わっていって、
最終的にはさ
「大変なことも、いろいろあったってのに
 …不思議なもんだな
 振り返ると
 楽しいことばかりだった気がして…
 明るい気分で演奏してた
 あんたのおかげだ、小日向
 この夏…あんたがいたからだ」

「至誠館に来てくれて…
 俺と知り合ってくれて…ありがとな」

170507-2火積


この言葉が彼の口から引き出せたんだとおもうと、すっごい満たされる思いでした。
こんなこと言うような出会いじゃなかったから、尚更です。

最初こそ火積は自分の父の姿を見てか、チャラチャラした音楽なんか趣味じゃない、男が甘い言葉を女に吐くのもなんか性に合わない的な意見だったし、明るめの『こうもり』も苦手って言ってた。
でも最終的には苦手だった『こうもり』を自ら楽しげに弾いてきかせてくれて、「以前あんなに逆意見だったのになーかわったな」と火積の変化にニヤつくきもちもある。
と同時に、火積って背負い過ぎじゃないですか。背負わされ過ぎというか。
吹奏楽部がこんなになったのは彼に一因があって、それを悔いて火積は全力でトランペットと吹奏楽部に打ち込んでいる。
ずっと気合いが入りっぱなしでガチでした。
でも逆注目ではそんな彼の凝り固まってしまったものが、ちょっとだけ解け流れたように感じました。
だから「こうもり」を心から楽しく演奏できたっていうのは、火積の気持ちが少しでも救われているんだと思えて、よかったなぁ!!火積、よかったねぇ!!と見ていて嬉しくなるものでした。

別に彼そんなにわるくない…。だからあんまり気負わずに毎日心穏やかに過ごしてほしいです。
愉快なとーちゃんもいることだし。まぁ呆れながらも平和にすごしてくれい!(*´∀`*)


コルダ3シリーズのこういうところが好き


火積珠玉の感想でも言ってたけど、髪型を変えて私服の火積と遭遇した時の選択肢
170507-3火積
>火積だ!
>どちら様?
>人違いでは?
>通りすがりのイケメンだ

かなでのキャラ付っていうのもあるんだろうけど、選択肢で遊ばせてくれる。
どれも選びたくなる!選んでいてたのしい、やっていて楽しい。
こういうとこーー!!好きです。



AS至誠館は残りはハルの逆注目です。
ハルを終えればASは全部おわってしまう、いやだぁーー。。。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

2017/05/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダ3 アナスカ至誠館~火積司郎・逆注目ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)