指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

金色のコルダな時間

   ↑  2015/08/14 (金)  カテゴリー: 金色のコルダ
殆ど柚木についての感想になってます…


フリープレイにきてたので嬉々としてプレイ。
がしかし、難しいときいてるので…恐る恐る開始。
元気いっぱいな火原先輩と、あれこれ優しく教えてくれる長髪の柚木先輩がいて、
土浦っていう主人公の香穂子と同じ普通科の男の子がいて、
よし一緒に頑張ろう!!とチュートリアルにのっとって進めてたら…

どこにあるか分からない楽譜を集めなければならない!
楽譜を集めた後は解釈を得るために更にファータ捜索をせねばならない。
と、3からコルダを始めた自分には新しい操作で、しかも裏の時間が刻々と過ぎていってて
やっべぇーー!!とあわあわとプレイしてて、
操作に慣れない傍ら、人当たりのいい火原と柚木先輩と割と仲良くしてて癒されてたら
そんなに素直だと…苛めたくなるねってニヤリと柚木サマに顔をゆがめられ、私のテンションは最高潮に達したのだった。

この人大好きだわ私!!!とあの一瞬でおもった(笑)
あの顔!なに。一人称が僕から俺にかわって、さらに口調もがらりと変わって。
いつも「日野さん」とにっこり微笑んでたのが悪魔みたいな顔して「日野」だもんな。
別になにしたわけでもないのに。
主人公の香穂子が素直なだけで、お前で憂さ晴らしすることにきめたって!なんだそれ(笑)。
しかもやり方が、柚木は人望がある一方で香穂子はない、なのでどっちに分があると思う??
という陰湿なもの。
何をするのかと思ってたら、

パターン1
柚木が香穂子に世話焼こうとして、勝手に傷ついた顔して、
僕が悪いんだごめんね…
周囲は、あのこ柚木様になにしたの…ざわ…ざわ
当の柚木様、許してくれるんだねありがとう日野さん(裏の顔:これからもよろしくな)!

パターン2
柚木様が香穂子に一緒に車に乗って帰れお誘いをして
香穂子がギョッとしてためらってたら
柚木さまつらそうな顔。
周囲、柚木様にあんな顔させて…ざわ…ざわ…
当の柚木様、裏の顔で、ほら周囲の視線がきついだろう早く乗れよ
ブルルル…(車が去った音)

という、特別害がないばかりか、柚木と香穂子が公に仲良くできる口実みたいなもので
柚木ファンこれでいいんかい!!!と、柚木のやり口と認める周囲の構図が非常に愉快だった。
しかも仲良くなるにつれ学校への行きと帰り、しょっちゅう会ってその都度車に回収されて
更に今度から送迎してくれることになって、すげー優しい人じゃん…!!!と
裏の顔を知ってるからこそ余計に面白かった。

最初、お見合いだか婚約だかする相手がいる、まだ早いと思うけど家族が乗り気だからねとさらっと言ってて
最終的にそれがどうなるのか非常に気になってたのに、最後になってもその事ふれずに終わった。
イベント逃してるのかなぁ。
特別ロマンティックな恋をしたというイベントもなかったんだけど、
でも、最後の、エンドロールと共に柚木インタビュー。
そして、インタビューの途中に香穂子のかなでる『愛のあいさつ』がながれた瞬間ぶわっと鳥肌立ったし
それを聞いた柚木の、さ、もう質問はおしまい、といって駆けていく流れ最高にすき。よかったあれ。

どっちが告白するわけでもなく、柚木のほぼ告白なんだけどはっきり言葉にしなくて、
そんな告白に対して主人公が『愛のあいさつ』で答えるっていうのも素敵だった…。


柚木の後は、更に柚木、もう一度柚木、そして火原、土浦と攻略しました。
火原先輩にとって、香穂子の演奏=カツサンド と本人から言われて爆笑した。
恋愛初心者としても表現が斬新すぎるだろ!笑
俺カツサンド大好きなんだよ!とカツサンドの話にシフトしていって、もう笑顔が止まらなかった。
AS至誠館でハルが、部室漁ったらカツサンドの歌っていう楽譜が出てきたってメールくれてたけどこの人だろ!!

土浦はラ・カンパネッラを奏でなければならないんだ!と思ってかなでたけど特別何も起こらなかった。
この曲が好きでこの曲で重い思い出があるんじゃなかったんかい。またとり逃したかな~。

キャラが香穂子を好きになると、そのキャラの演奏を聴いた他の人がこぞって音色が変わった
ってコメントするのが地味に好き。
柚木イベントでみたけど、この曲を香穂子にひきたくなったとかいって、
香穂子を好きになったら弾く曲が変わるのもよかった(三回EDみて一回しかみてないけど)。
ちなみに、話は前後してまた柚木のEDにもどるけど
裏の顔を知った香穂子をどうやって追いつめて黙らせようかとおもった
とかEDのたび言ってたけど、
一回目のプレイは、お前が素直だからいじめたくなるんだよって自ら仮面脱ぎ捨ててたぞといいたい。
二回目は天羽さんからあの人うさんくさくない?調べてきてといわれて問い詰めた挙句、自ら外してたけど。
あと、まだ許された(残された?)時間があると思ってしまうだろ…とか言ってたけど、どういう意味なんだろう。
これこそ、婚約者やお見合い云々についてかなぁ。
ムービーついてるパターンも好き、探しにおいでってやつ。
柚木のいる場所って大体正門前か屋上っておもって毎回探してたけど、
ムービーの中で昨日は正門前にいたけど今日もそうとは限らない。屋上は好きだけど毎回いるわけじゃない。
とか自らいってきて、考えバレてるぞ!!て戦慄が走った思い出。


楽譜、解釈探しはなんてことないけど、
この曲をこの解釈で弾く、となると、足りないレベルやスキルを必死でやらなくてはいけないので
毎回ギリギリで何とか仕上げてる状態です。
でも楽しい!さっきも書いたけど特別ロマンティックはイベント今の所ないんだけど
その全体的なさらっとさと、色んな曲を色んな解釈できけるのが楽しい。
終わっては次、終わっては次、と一人のキャラに毎度全力でやってます。

そしてシナリオ本編。一代目ヴァイオリンとの別れつらかった。
モノなのに、リリがヴァイオリンの言葉をつたえてくれて、ヴァイオリンも壊れてるのに音を出してくれて
…しんみりしちゃって涙腺に来た。
そして音楽を広めたい、愛してほしいというリリの終始一貫の願いが、物語にきらっきら溢れてて
リリの音楽への愛情、そしてそれを代わりに行う香穂子への感謝がなんとも温かくて切なかった。
大会が終わったらもうリリたちをみられなくなるっていうのが寂しい。
ファータ全員あつめてファータの宝物もらってやったよ…。
そしてファータと言えばAS天音を思い出すわけで…。もう一回AS天音やりたい。
そして星奏学院を舞台にした3本編もしたくなった。
4前にもう一度と決めてたけど、新たな視点でみられそう。

3は操作が簡単になって勝手もよくなってるけど、
いや1も充分おもしろい。特に柚木と出会えて幸せ。
前々から1をやりたいと持ってたけどその続編はDL版きてないのでなぁと思ってプレイしてないままだった。
でも1面白かったから2以降DL版でだしてくださいよコエテクさんよ~~~!!!

一先ずくっそ面白い性格の柚木様イベントをコンプすべく更に遊んできます。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-352.html

2015/08/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダな時間

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)