指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

金色のコルダ3 アナスカ至誠館~八木沢雪広・逆注目ED~感想

   ↑  2015/08/12 (水)  カテゴリー: 金色のコルダ3AnotherSky feat.至誠館
八木沢と長嶺珠玉の内容も含みます。
150811八木沢


■八木沢雪広(CV:伊藤健太郎)

ほのぼのと仲のいい八木沢とかなでをみたニアの、
このままだと10年後も八木沢からいい後輩としかみてもらえないぞ
という言葉にかなでが立ち上がった物語だった。

珠玉がシリアスめだったから、そのギャップですごく癒されて楽しかった。
八木沢に意識してもら貰わなくては!というかなでのガッツが垣間見られ
えい!えい!!と一人奮闘しているかなでを想像して可愛いな~と癒された。
手を握ろうとしたら顔が赤いですがどうかしたんですかといわれ
見つめたら、そんなに真剣な顔して…そうか、あなたも決意を新たにされたんですね(意訳
微笑んだら、喜んでもらえてよかった(確か
という感じで、ぽや~っとした八木沢ワールドでしかないからガツガツいくしかない!!
いかなくても珠玉でちゃんと意識してくれるけどそこはそれ、こういう平和な流れもいい。

ただ、ガツガツしすぎて当の八木沢が戸惑って萎縮しちゃって距離置かれてしまって
僕は大会の事を考えなければならないのに…こんな気持ちになっている場合じゃない…
と「落ち込み中」になって、逆注目でもかよ!!??と画面に向かって叫んだけど(笑
イベントでちょくちょく距離を置かれてもまだ落ち込んではいないときは、
お昼一緒にどうですかメールはきて、弁当はいいんだと笑った。
ずーっとかなでを避け続けて、それでも気になって、
かなでがピンチの時はしっかり助けてくれて、
しかもあろうことかお姫様抱っこという事がすごいインパクトだった。
やるときはやるなぁ!という心のスッキリさと同時にあのスチルはかなでのおみ足に釘づけだった。


ちなみに珠玉。
長嶺ルートで、誰もが大切なようでいて特別な人間がいるわけじゃない誰も心の中に踏み入らせない…
本心が分からない的なことを言われてた八木沢だったけど
何でもすんなり受け止めて、なんでも穏やかにこなしていけるわけじゃない
しっかり葛藤はある。表に出さないだけ。
っていうのが分かって、八木沢だって辛いよなぁ…とじんわりきた。
八木沢本人は部長の立場から前を向こうとしているのが、長嶺にとっては苛立ちの材料になっているのがつらい。
長嶺ルートで長嶺が、吹奏楽部として木星を弾けたら…とか呟いてたけど、
長嶺ルートでの木星演奏は八木沢も嬉しかっただろうなと思う。
伊織の、ずっとこんな風になってほしいと思ってたんだよ、って台詞もまた涙を誘った。
長嶺ルートにせよ、別ルートにせよ
至誠館優勝の暁には少なからずブラバン部や長嶺との関係も緩和されるだろうし
八木沢部長の心が少しでもいやされたらいいなと思う。

悩みも葛藤も誰にも見せずに自分だけの胸にしまおうとする八木沢だから
珠玉、逆注目でかなでにだけ見せた一面を受け止めてもらって幸せになって欲しいと思います。


それにしても、照れた八木沢部長は乙女だなぁ!!と3本編からの勝手知ったる立ち絵でおもってたけど
アナスカで更に乙女な八木沢スチルぶっこんでくるとは思わなかった。
ネオロマは八木沢が恥ずかしい時はこの路線でいくんだね(笑
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-351.html

2015/08/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダ3 アナスカ至誠館~八木沢雪広・逆注目ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)