指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

劇場版サイコパスBD版 感想

   ↑  2015/07/18 (土)  カテゴリー: PSYCHO-PASS

劇場版サイコパスBD版みた。
TVと映画館との音響面からくる迫力の差が歴然としてたけど、やっぱいいなぁ。
映画館には四回いって途中からギノファンとなったけど、改めて狡噛さんかっこよかった。
野性味あふれまくっていた。
しみじみ良いなと思ったのが、
直前まで銃を向けられ逮捕すると言った相手を、瞬時に庇った所。ほんっとイケメンな行動だなぁ。
あと、傭兵部隊が突撃してからの朱との別れ。状況をみて「彼女を逃がす!」決断。
曲も緊迫しており朱の心境を表しているかのようで、嫌だという心の声が聞こえる中での
「また俺を捕まえにこい」はこの女殺しィ!!と叫ばれてもしょうがないかっこよさだった。
傭兵二人相手にした後はボス(半分機械)との戦い。
構えなおしたときの筋肉むん!には筋肉フェチでない自分でも震え上がった。ときめきで。
朱との二度目の再会はボロボロ状態でも、朱が無事と知ってか”ふっ”と笑ってさぁ!おい!たまんないなおい!

こりゃ狡噛さんと朱の話やな…!!と震えながら思いつつも、
映画館で感じた通り宜野座が出てきたら宜野座好き!ってなってた。
コメンタリーで言われてたけど出番は少しだけど見せ場はあるしインパクトあるし良い所もってったな。
序盤、連射を潜り抜けて懐に入ってからの体術で伸してのエリミネーター(ドアップ)。
終盤強襲型ドミネーター。
狡噛とタッグ組んでの戦闘。
誤って狡噛殴ったのは、コマ送りで見たら、宜野座本人も「あっ!」って顔してて笑った。
ルタガンダ戦は円盤きたってことで思う存分見直せて大満足です。
ドミネーターふっとばされて、からの、素手での戦闘切り替えの瞬間がちょうど曲と合ってて
上からのカメラワーク時に体術戦に切り替わってる宜野座の体の動きがくそかっこいい。

カッコいい見せ場以外でも、最後の朱と微笑みあうのは「なんだこの二人は!!?」と意味深風味で大好き。
コメンタリーで監督がここはニュアンス出過ぎたかも、恋愛沙汰みたいな…とかおっしゃってたけど
いいです。「この二人はなんなんだ!?」路線が好きなので、やりすぎではない。むしろいいとおもった。
朱が日本にいる間、狡噛を殴っておいて云々会話時のコメンタリーでこの二人の関係はなんだと話題にでてて
監督が「いい関係ではありますよね」「会話はなくてもいい関係にしたい」とかコメントされてた。
どっちつかずなコメントでニクイ(いい意味で)とおもった。



コメンタリーではほとんど背景や音響なんかについて語ってて、へーーなるほどなるほど状態だったけど
一番「これは」と思ったこと。
狡噛に朱が煙草をすっと差し出したいがために、二期での描写があり、劇場版で水にぬれたんだと。
この時狡噛どう思ったんだろうと、映画館でみてた期間も思ったなぁ。
狡噛はノーコメントだったけど、自分も佐々山煙草が体の一部みたいになっている身としては色々思うことあっただろうな。
煙草を差し出すことによって、朱は狡噛から離れられないと狡噛本人に知らせるというのに、
なんのためらいもなく差し出すのはどんな心境なんだろうとも思う。
コメンタリーでは狡噛と別れる際の朱の表情に拘ったとあって、うんうんと思った。
普段キリっとしてる朱が、狡噛と別れるシーンずっと泣きそうな顔してて、
対する狡噛も朱の背をおすために「また俺を捕まえにこい」とか声かけて更には笑ってさぁ
なんなんすかこの二人の関係は!!?とヤキモキしてすっごい好き。朱も狡噛もいい顔してた。

そして憲兵隊の数値が偽装されてるのを知った唐之杜の煙草消しシーン。
灰皿ではない所に押しているからそれほどの驚きだったとコメントされてて、なるほどーーー!!と膝を打ちました。
狡噛が傭兵団にリンチされてたシーンは、全裸で逆さ吊りって話もあったと言われてそうじゃなくてよかったと心底思った。
コメンタリー面白かった…。

ちなみにコメンタリーでもシナリオブックでもアニメイト特典の台本でも
狡噛の最後のシーンは不穏なことは一つもあがってなかった。
銃の向きから言って当たると思えないし、戦争終わったと思ったのに子供が銃を撃つってことではっとしたのかなぁと思う。
どうなんだろうね。子供は尻もちついてから目の前に何かがあったみたいな目をしてびっくりしてたけど。
狡噛ではない誰かを撃ったのかなぁとも思う。
シナリオブックじゃ公安局の機体を見上げて終わりだし、
台本じゃ「見つめる狡噛、考え深く目を細める」だし、監督が意地悪して妙な含み持たせたんじゃないかな。


ついさっき、宜野座と朱の『どうなんだ関係』に盛り上がってたけど
今台本読んでたら、朱と狡噛再会時に狡噛が朱と分かって、狡噛から緊張が消えるとか
逮捕するという朱に、狡噛はリラックスして腰を下ろすとかいう描写に、くぅ~と思って
更には車に乗り込むところの「監視官」呼びについて、やめてください朱むすっに、狡噛が苦笑とあった。
劇場版じゃ厳しい顔のままで「…おまえ」だったけど苦笑してたら、
またここで『どうなんだ関係』盛り上がるなぁと想像して盛り上がっていた。
別に朱と誰かの関係目当てじゃなく
話が面白いからサイコパスは大好きなんだけどこの「どうなんだ関係」への興味もまたデカい。
コメンタリーで次の展開も匂わせてたから三期こーいと全力で受け止めるつもりです、まってる!
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-342.html

2015/07/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 夏空のモノローグ portable~篠原涼太~感想
この前の記事 : 本日の戦利品

Comment

コメントを投稿する 記事: 劇場版サイコパスBD版 感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 夏空のモノローグ portable~篠原涼太~感想
この前の記事 : 本日の戦利品