指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

終わりのセラフ 他、アニメ感想

   ↑  2015/07/06 (月)  カテゴリー: アニメその他
■終わりのセラフ

一話でのミカエラの、自己犠牲しつつも皆を守りたい意思、
やっと外に出られるってところでフェリドの手のひらの上だった際の絶望感。
”家族”が次々と殺される中で、最後の自己犠牲で優一郎を逃がしたミカエラと、その際の叫びと、
外に出られてグレンと出会っての優一郎の慟哭(してたような…記憶が曖昧)。
一話で主人公の大事な人がこんなに一気に惨殺されて、なんという世界だ!!とショッキングで
でも同時にすごく面白くてOPとEDも素晴らしくってこれはいいアニメがきた!と思っていました。

物語は優一郎メインで紆余曲折を経て、
やっとのミカエラと優一郎の再会にわくわくしていたんだけど
再会前のミカエラの思考がよくわからなかった。
ミカエラは元々人間だし、人から血を吸う事に嫌悪をみせていたから
吸血鬼の自分、そして吸血鬼を憎悪していると感じた。
吸血鬼になんてなりたくなかった。人間のままの自分でいたかった。
…んだろうな、と思ってみてたけど、人間(グレン達)を冷たい眼差しで見ていた。
この人の心はどっちよりなんだ!?と思って突入した最終回。

吸血鬼の自分を恥じつつも、会いたかった。その葛藤を楽しみに見てたけど
なんか、優一郎とミカエラが共に頬を染めていて、ん……??状態。
何で頬を染める必要があるんだ二人とも?
そして極め付けには優一郎をお姫様だっこして別の場所に移すミカエラ。
泣く覚悟をしてみていたのに、涙も感動も引っ込んだよね。
もしやこれはホモの話だったのか???
ミカエラはそのけがあるような気がしないでもなかったけど、優一郎も頬を染めてるのは吃驚した。
最終回ひとつ前の11話の方が、再会シーンをあれこれ想像できて楽しかった気がする。

ミカエラと押し問答している間にシノアたちが血を吸われて、それをみた優一郎の顔色が変わり
優一郎がこんなにもブチギレてるし、吸血されることに絶望感を覚えさせる演出だから
この子たちももう終わりなんだ、死ぬか吸血鬼にでもなるんだ…と思ってたら別になにもなかった。
………何もなかった!!
優一郎的にはシノア達が元に戻らないと思ったから何かが覚醒したのかもしれないけど
最終的になんともなくて肩すかしだったな。

フェリドはグレンの首を掴んだままぎゅーっと掲げてるだけだったし。
やるなら早くやれよ。
最後まで殺さないままだったし、
フェリドを狙った銃口があるとグレンは教えた形になってフェリドは回避したし。
フェリドが人間と通じている描写があったんで勘ぐってしまう。
私はグレンの…主に声、そしてOPのカッコよさもあって好きだったんだけど
会議の時の態度の悪さが引っ掛かっていたし、
頭として頼りになるんだろうけど、優一郎を実験台にしてたみたいで微妙になった。
人間も吸血鬼もトップは信じられない。
その分、ミカエラと優一郎がどんな選択をするのかが気になる所だけど、
あのほもほもしさを見せつけられると、苦渋の決断とかそういうシリアスさにいきつくのかなぁと
彼らは普通に描いてくれれば楽しそうだなと思う。

ミカエラさんの、『汚い手で優ちゃんに触るな!』にはドン引いたけど
いいように考えると別に人間全部を憎んでいるわけじゃなく、人体実験しようとしている人たちを憎悪している。
優一郎さえよければ後はどうでもいい、という考えではない、と思いたい。
一般市民である人間に悪意はないとおもいたい。だって自分だって人間だったから。
優一郎さえ無事なら人間も吸血鬼もどうでもいいという思考だったとしたら、この人にとっての救いがなさすぎる。
優一郎はシノアたちも大切に思ってるんだから。
それにしても、シノアも実は優一郎に少しずつ惹かれてたのかもしれないけど、いきなりデレたね。

題材は面白いし、ビジュアルも最高だけど(吸血鬼も日本帝鬼軍の衣装も)、
どことなく残念感が漂って、とにかく一話とOP・EDは最高だなという感想に行きつきました。
特に私、EDでミカエラが過去を捨てるように飛び降りるその一瞬さに、
自殺するような儚さも感じてすごく好きだったな。



■その他

あと見てるのは『血界戦線』と『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』と
『俺物語』と『境界のRINNE』と『食戟のソーマ』かな。
血界戦線は身をいれずにみてるのでよくわかってないながらも、ザップさんが生き生きしてる回が楽しい。
ブラック・ホワイトの過去回にはじんわりした。これはEDが最高にイイ。

ジョジョは面白かった。ポルナレフが好き。エジプトへの旅色々あって楽しかったな。
原作読んだことなく有名な台詞を少し知っている程度だったので、この台詞がそうか!という感動があった。
最終回とそのひとつ前のDIOは中の人がノリにのってる様が声に表れていて見ていて楽しかった。
しぶといし用心深いし簡単に倒せないしでDIOのゴキブリの様な生命力ハンパねー。
ジョースターさんが生き返るとは思わなかった。
ジョースターさんとアヴドゥルが磁石の様に引っ付く回、笑い転げた思い出。
旅が楽しいだけに、EDの焦燥感溢れる曲と写真が毎回切なかった。

最後の三つは何も考えずに見てられるから楽。そして癒し。
境界のRINNEは、ヒロインが今までの高橋留美子作品とテイストが違っていて新鮮。
いままで結構嫉妬深い印象だったけど、自分の感情に鈍いし、りんねの方があれこれ振り回されてる印象。
嫌なキャラはいないしほのぼのとしてみていられて好き。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-340.html

2015/07/06 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 終わりのセラフ 他、アニメ感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)