指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

金色のコルダ3 アナスカ神南~東金千秋・珠玉ED~感想

   ↑  2015/06/15 (月)  カテゴリー: 金色のコルダ3AnotherSky feat.神南
※再プレイでの感想です。
150615千秋
++

久しぶりに神南しようかなーとおもって再プレイしてたんですよ。
千秋をやってたら、どうも下天の信長公がチラッチラ脳裏に浮かんで止まなかった。
千秋は照れる、信長様はほぼ照れない信長様のままである。
二人とも酔狂なのは似てるな。で、俺様である。
そして強引であるが魅力的でもあって、リーダーとして皆に愛されている。

照れる照れないの違いはあっても、この人を今落としている!!!
という気の高ぶりをあまり感じないという点でも自分の中では通じるものがあった。
これは人それぞれだと思う。
千秋や信長様がそれぞれの主人公に惚れる理由は十分わかるけど
このシーンのこの二人にニヤニヤしちゃうというのがなかったかな。覚えている範囲では。
でも二人はそれぞれいい男だし魅力的だった。

千秋の良さって、人の奏でる音楽を誰彼かまわず公正に評価できる点だと思う。
土岐が指摘していた、『千秋ってただの如月くんのファンやろ』はビシッと的を射ているとおもう(笑)。
すっごい自信家だし、人に何か足りないものを感じたらビシバシ指摘するし
なんなんだこいつは…と思われがちな人だけど
他の人がいい音を奏でると、心から称賛し認めるってところが、ほんと気持ちのいい男だなと思います。
無印でかなでを地味子地味子と言ってたのに、かなでの渾身の演奏を聞いたら花がある神南に来いと褒めたように。
AS神南でもヴァイオリンがうまくなりたいというかなでの気持ちを買って
彼女の為になりそうな事を提示したり(能)、指導したりと、
部長としてやる気のある部員をしっかりとみてやるという男前な所がいいなぁとおもう。
かなでが相手だからじゃなくても、きっと他の子(男でも)が相手でも部長としてしっかり指導するんだとおもう。
息抜きが必要だと思ったら海に連れて行ったり、やること豪快だけどしっかり人をみているんだよなあの人。
で、遊ぶとなったら徹底的に遊ぶっていう点も好きだ。

そんな風に思いながら千秋攻略を進めていたら、ファイナルの祝賀会で千秋と会って
今の状況が信じられないという選択肢を、初めて選んでみたら
どうしたらお前に嬉しくてたまらないという笑顔を浮かべさせられるんだろうとか言い始めて、

「お前を喜ばせたい。
 神南に…俺のところに来てよかったと言わせたい」

AS神南のキャッチフレーズになっているこの台詞を初めてゲーム内で聞いて、
ここかーー!!と猛烈に盛り上がった。
今まで信長様云々と思いながら進めてきたけど、この台詞きいたら変わるよね…少しだけ。
だってあの千秋が、俺のところに来てよかったと言わせたい…!!って
相当かなでに参ってるって事じゃないですか…(震)
しかも「神南に」から「俺のところに」って言いなおしてるのがすごい好き。
神南に行ってよかった!というのと、千秋に元にいってよかったっていうのはかなでの気持ちが随分違うからな。
千秋的には一部員として接していたはずが、いつの間にかこんなにも想っていたということが、
うわーうわーとすごくニヤニヤした。

花とは何かと、真剣に考えて、千秋の勧める能をみて片鱗を掴もうとし、
千秋同様ヴァイオリンに名前を付けてみたり、
千秋の言葉に食らいついて努力を怠らない子は応援したくなるよなぁ。
目にかけたくなってくると思う。
かなでサイドから見ると、人の事を散々花がないだの地味子だのいっておいても
何が足りないのかとそれとなく示してくれたり、
ものに愛情を持てと名前を付ける重要性を語る千秋は、いい部長だと思う。

千秋のいいところって正当な評価に伴って、音楽への姿勢があげられるとおもう。
最初かなでの演奏(録音)を聞いたときは、てんでダメだって思ったくせに
何度も聞いていくうちに上手くなりたいという足掻きが伝わってきたと千秋が言っていて、
ダメだと思ったくせに何度も聞いたという事に驚いた。
奏者をすぐに見限らず何かそこにあるのではないかと見る姿勢は、
人の音楽への情熱を信じている、若しくは信じたいからできるんだろうなと。
音楽が好きなんだな僅かな可能性は見逃さないように真剣なんだなと、
東金千秋の音楽への姿勢が素敵だなと思いました。
お父さんとのいざこざも、お互いにクラシック音楽が好き故のバトルだったし。
ちなみに二人の言い分はどっちもわかるとおもって、難しかった。
でも最後に、父親との思い出の曲「アヴェ・マリア」を舞台上で弾いたのには、
言葉を交わして和解したわけではないけど、じんわりきた。

東金父との一連の出来事ですごく好きなのが、
倒れたと聞いてもライブに専念しようとする千秋に、土岐が叱咤してたこと。
いつもだったら千秋の強引な言動に、しゃーないなと流される傾向にあるけど
この時ばかりは素直になれと、「千秋!」と真剣に言っててこの二人の関係すっごい好きだなと思った。

あと恋愛イベントで、思わず机をバンと叩いたのが
お弁当後に荷物持ちに誘われたアレ。
荷物持ちに来いと呼ばれたのに、全部自宅に送る様手配したからかなでは何ももってない。
そう話すと、花屋で花束見繕ってかなでにもたせて一言

「いい買い物をしたぜ」

カッコイイーー!!!!
っかー!!もう、さわやかで気持ちのいい男だよこの部長は~~!!

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

2015/06/15 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダ3 アナスカ神南~東金千秋・珠玉ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)