指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

剣が君 for V~鈴懸ED~感想

   ↑  2015/05/30 (土)  カテゴリー: 剣が君 for V
うん!うん!!
剣が君


■鈴懸(CV:逢坂良太)■
鈴懸√…とってもよかった!
鈴懸を見ているとこっちの心までも浄化されるようだった。
鈴懸が嬉しそうに笑うと、守りたいこの笑顔!!と毎度思ってました。
この子のつらそうな顔みたくない、だから神威関連で傷ついた顔をみせられるとこっちも辛くなった。

高尾山以外での暮らしが初めてなので、紹介してくれた香夜に懐き
心配してちょくちょくきてくれて、手伝ってくれたり元気づけたり励ましてくれたりしたらそりゃ距離も近づきますわ。
やってる自分が、鈴懸が心配で笑顔を守りたくて気になってしょうがないから、二人の距離も自然に感じられました。
だって、人と友達になりたいって思ってる子を無碍にできるわけがない。
天狗に育てられ妖怪と近しい。だからなんだっていうんだ…!?
それで鈴懸と距離置いたりするわけがないじゃないか。
会話を木陰で聞いてた鈴懸が、本当に僕と友達になってくれるの?って喜んだ時は心が温かくなった。

江戸で人と生きてみて、夢を見つけるのが鈴懸の目標だったっけ。
なので、和魂EDは一応ハッピーなんだけど鈴懸のかねてからの願いがかなってなくて心から喜べなかった。
診療所もたたんでしまったし、人間の友達は香夜(その後恋人)以外つくられなかったし、
元の生活に戻ってて、ちょっとほろ苦く感じた。
幸魂が一番幸せで好きだな。
朝倉御一行に偶然遭遇して追い払ったせいで、江戸の妖怪はおとなしくなり、
幕府の妖怪討伐の動きもそうないままに、鈴懸は診療所で皆のけが等を治して香夜と睦まじくやっているっていう。
幸魂…というか君ルートの最大のときめきは九十九丸交えてのアレだった。
九十九丸と香夜が楽しそうで鈴懸しょんぼり→香夜が鈴懸を薬草つみに誘う
→嬉しみのあまりドタバタして用意する鈴懸
この時の嬉しそうな鈴懸が断トツ可愛かった。この子を不幸にしたくない…。

なので荒魂は恐々やってたら、別に死ななかった…ってことで
もしや、奇魂の方…?と思ってやったらアレで…。
はぁ………。はーーーーー……。
矢が刺さった所までは、あっ!とかいいつつ普通だったんだけど、
その直後のスチルみた瞬間涙が落ちたよねあれはもうきっつい…。
普段ニコニコしている鈴懸の、死にたくないとか香夜が好きとかいう台詞にちょっとうるっときたんだけど
とどめが、後日談だった。
あれからさらに何をどうするのかと思って見てたら、
このルートで一番気になっていた、
香夜の気持ちを鈴懸に伝えていないって事が綺麗に消化されてもう私は満足です(泣きながら)。
鈴懸の声が聞こえた瞬間、うわヤバいやつきそう(涙腺崩壊予想)っておもって
まさかと思いつつ高尾山にいったら鈴懸に出会えて、
相変わらず穏やかで優しい鈴懸に、こんな目にあわせる鈴懸を後押ししてばっかりの選択肢選んでごめんって思って
香夜が気持ちを伝えたことによかったと喜びで泣いてたら、ずっといることはできないとかっていう鈴懸の台詞に
やっぱりそうなんだと悲しくって別れを告げる二人に、みていて本当につらかった。
心底好きになったキャラが、半透明になるイベントやめてくださいよ!!涙
もうトラウマなんだよ涙とまらないっていう意味で!
乙女ゲの泣かせるイベントで時々みかけるなぁ、すきだよ、好きだけどつらいんだよ。
奇魂後日談では、あのマダラが鈴懸の声を聴きたい、鈴懸~~!!と大泣きしたところにもグッと来た。
いつも鈴懸にもハチモクにもお姉さん的ポジションだったから。
皆鈴懸が大好きなのに愛されてるのに妖怪と人間の為に死んでしまって、つらい。

カルラが夢に見た、鈴懸と数珠丸の運命は結局何が正しかったんだろう。
奇魂で、鈴懸が自分はこのまま突き進んでいいのか否か悩んでいて、
マダラたちが高尾山にききに行ってもどってこなくて
結局数珠丸放って自分が犠牲になった鈴懸だけど。
マダラたちが帰ってこなかったのは、鈴懸の運命(死をもって守る)をカルラにきいたから、
辛いけど邪魔をしてはいけないと戻ってこなかったのかなと思うんですよ。
お告げの、”鈴懸が数珠丸を手にして、日の本を救う”っていったら、
もはや戦争かという段階までいったあの奇魂EDが一番しっくりくるので。
あれが鈴懸の定めのはずだったとおもえばきつい。
でもそうしなくても救われる道もあった。
現に、他ルートだと別の人が数珠丸を握ることもあるし。うん!そうだ!!(自分を励ましている)
人の友達を作り、木霊の声もきけ、人々のけがを治し、
今まで人と接しなかった分より多くの人に囲まれて幸せに生きている鈴懸であってほしいと思います。

しかし鈴懸ルートは猛烈に可愛くもあり、大人なまなざしを向けられて普段のギャップにドキッとしたり、
好意が高まり、更に高まったら『舐める』という行動に、
鈴懸の生い立ちを考えたら、そうだよね!あるわ!!と思いつつくっそ萌えたり。
鈴懸がとってもいいこだったから応援したくなり、幸せになってほしくあり、だからこそバッドエンドがつらくもあって。
幸せエンドは心底嬉しくもあって、話に入り込めて非常にたのしかった。
もう一度鈴懸の幸魂を最初から攻略したい!心があらわれました。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

2015/05/30 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 剣が君 for V~鈴懸ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)