指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

戦国無双キャラクターソング~大谷吉継編~感想

   ↑  2015/05/21 (木)  カテゴリー: 一般向けCD・イベントDVD
最終回にしてようやくこの路線に慣れたのか、夢落ちがよかったのか、
こんなん違うだろバーン!とはならなかった。
夢落ちといっても、アイドル戦国時代はリアルのままで
吉継をナンバーワンに推すために暴走したあれこれが夢だった。
しかしどこからどこまでが夢か現かわからなかったけど。

このシナリオの中で一番笑ったのが、
高虎が吉継をどうプロデュースするかというくだりでの

高虎「お前は漆黒の闇よりよみがえった地獄の死者だ(その設定で推していく)」
~間~
高虎「何かいえ。俺が馬鹿みたいだろう」

張った声から間の後冷静になっててその緩急が妙に笑えた。
高虎にすすめられるままに、吉継の一人称がずっと吾輩なのも地味に面白かったけど
やっぱりノリが合わないのか爆発的に笑えるわけでもなく、ほぼ半笑での内容だったなぁ。
ただ他のCDの様にあからさまにほもほもしい事もなく
二人がただアホなやり取りをしていたのでそこは大変よかった。
(お前らホモかよ!と公式に笑えるツッコミさせてくれる程度なら大好きだけど、あからさまにホモっけのある行動とられると引く派)

シナリオについて他にはもうコメントしたい事がないので声優さんの演技で凄いと思ったのが
夢から覚めてびっくりした声だした高虎の声を、直後にまねた吉継が猛烈に似てて中の人すげーってなった!
同じ声が二度聞こえて、なんで二回吃驚したんだろうとおもった。

ちょっとぶっ飛んだあほな会話がきけて、高虎の構想に顔色一つ変えずに吉継がノリノリにのってくれて
あほだなーはははっていうCDであり、
ギャグ路線でいけば吉継こんなノリもありえるなともおもえた。

でもやっぱり!ゲーム内での真剣な彼らが大好きであり至高であるので
今度また同じようなシリーズCDつくるならキャラ崩壊しすぎない程度でおさえて、
微笑ましい一コマ程度の内容にしてほしい。
がっつりシリアスで泣かせてくるのもアリだとおもう。
このシリーズはギャグとキャラ崩壊がいきすぎてるなぁとおもいます。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

2015/05/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 剣が君 for V~黒羽実彰ED~感想
この前の記事 : Persona4 The GOLDEN 感想

Comment

コメントを投稿する 記事: 戦国無双キャラクターソング~大谷吉継編~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 剣が君 for V~黒羽実彰ED~感想
この前の記事 : Persona4 The GOLDEN 感想