指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

遙かなる時空の中で6~メモリアルブック・完全設定資料集~感想

   ↑  2015/05/03 (日)  カテゴリー: ネオロマ・関連商品
読み終わったので感想!
++


■嫉妬
一番楽しかったのが各人の嫉妬の仕方
中でもダリウスには、わかるわかる物語内でも端々にでてた!とニヤニヤした
ちなみにダリウスの嫉妬は
『嫉妬らしい嫉妬は見せないようにするがその裏でやや情緒不安定に陥る』というものだったけど
シュークリームやダリアの花ぐしゃりイベントに現れてたよなぁ。
あれは嫉妬ではなかったかもしれない、でも、人一倍孤独が嫌いな人だから
一度心を許してしまえば、より一層嫌われないか、自分から離れていかないかという事を恐れる。
そんな気配を感じ取ったら心が乱れる、そういう心情が嫉妬した場合にも通じるんだと思う。
ダリウスのゲーム内での嫉妬といえば、花火大会での梓たち一行を見た時ぐらいかな。
見た瞬間は特に変わった様子もなかったけど、梓が追いかけてきた時…だったか(確か)
楽しそうにしてたね、と寂しさのような非難のような気持ちを一瞬だけみせてたなぁ。

あとはコハクと九段が可愛かった。
コハク、素直にしゅんとして構ってほしがる。
九段、寂しさを感じて素直に相手に問いかける。
すごく想像できる(笑)。
もしもFDなりでるのなら、ルードの取り乱すさまをみてみたい。
村雨の不機嫌さが言葉の端々ににじみ出るってのも容易に想像できた。
有馬は嫉妬の時もこっちがヤキモキしたくなるお堅さが現れるんだな、
相手のためなのは嬉しいけどそこは自分を出してほしい。
でも相手を優先させるのが有馬らしい。
秋兵、その動向を探った後、全部察したら身を引きそう。
あの人全部自分で抱え込む節あるから…相手のためと思ったら笑って去りそう…。

■象徴物・花言葉
まずこういう項目がしっかりあるのがホント好きだなとおもう。
風情があるというかロマンティックと言うか。
下天も象徴の花や鳥がいたもんな。
コルダは星だった、わかりそうでわかりづらいけど(笑)でもそれぞれ妙に納得できた。

で、遙か6だけど、皆それぞれの内なり外なりの性格ズバリを花と花言葉が表してて唸った。
中でもダリウスの華麗で不安定はまさにそれだったな。
堂々として余裕たっぷりに見えて繊細だもんなあの人。
しかしコハクの象徴物(花)がアダバナって、もっとこう普通の花では駄目だったのかとおもう(笑)
コハクといえばそうだけどさぁ~。

■インタビュー
一番驚いたのがダリウスとコハク、残留か現代かそれぞれ元々逆だったって事。
えーダリウス現代にくるパターンだったんだ…意外。
お館様はあれだけの計画を立て鬼の一族のため
そして自分の夢(帝都の未来も含め)を叶えるためにひた走ってたのでその後も是非帝都に居続けていただきたい。
なので完成版のエンディングでよかった。
基本的に残留EDが好きです、シリーズ限らず。
神子はその世界でその人をはじめとして皆で色々と乗り越え、
現代のすべてを手放してもその人と共に居たいっていうのが
幸福でもありどこか辛くもあって好きだなぁ。
コハクの残留EDはどういう経緯でその案だったんだろう。
記憶を失う代償にコハクの命を助ける、ハッピーだけど代償はしっかり支払わされた上での心が痛いハッピーED。
ご都合主義ではない完成版でのED好きだな。
インタビューで救いを持たせたってあったから、本来であればもっと残酷だったのかもしれない。
コハクのルートは泣かせにいったとあって、その思惑通りまんまと泣かされたなと思った。
最後だけじゃなかった。
本当は梓と居たいのに自分なんかが一緒にいていいはずがないと
自ら一歩下がってしまうコハクのその気持ちが切なくて泣いたし、
家族の記憶が戻った時も心が温かくなってよかったし。
物語の端々でうるうるきて最後大号泣だったなぁ。コハクルート大好き。

千代と梓のイベント、あともう少し追加したかったっていうもの。
是非そうしてほしかった。
千代は好きは好きだけど、そう、「この子好きだなぁ」としみじみ感じるものがあまりなかったので。
梓の目で見てたので本人には「気にしない事」と叱られても、
どうも相手が白龍の神子というコンプレックスがぬぐえなかった。
千代をもっと好きになれていたら最後の「めぐれ天の声」でプレイ当時よりも相当感動したと思う。
まぁ好きっていう程度でもあそこの千代の白龍の神子としての覚悟には感動できたからもったいない。
フルボイスになった分、
インタビューで言われていたようにシナリオを最後の最後まで調整できなかったって言うのは
こういうところに現れちゃうのかなと不便は不便だなとおもった。
だけどやっぱりフルボイスがいい、感動が違う。
パートボイスでも頭の中で自動的にその声で音声が流れてても、
声優自身が当てた時は意外な言い方をして意外な感動を呼び起こすことがあるし。

■描き下ろしイラスト
秋兵が軍帽をかぶったぞー!!わーー!!
キリリとしてかっこいい。柔和な表情が多かったからこそギャップを感じられて好き。
あとダリウス。分かった…あなたの魅力分かったし素敵だけど、その仮面を手放せ!!!
とっても麗しいけどひやりとする。でもホントいいイラストだなー。


応援あったら続編つくりたいっていうコメント。是非!是非お願いします。
ただどう作るのか非常に謎。個人的には帝国軍に行くか蠱惑の森にとどまるか選べられればいいのにと思ってた。
でも蠱惑の森にとどまったら梓が自分の目で物事をみることができづらくなるから、成長しづらくなる。
ダリウスルートは梓が成長した故にダリウスも更に惚れ直す面があったりと、
離れたからこそ輝くイベントが多々あった。
なので、プレイ当時思ってた願望はそうなくなってる。
ただこういう面をうまく調理して続編とは思えない骨太さのゲームを出してくれるのがネオロマだろうから
安心して期待してます。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-318.html

2015/05/03 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 遙かなる時空の中で6~メモリアルブック・完全設定資料集~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)