指月村サイコパス・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

大正×対称アリス エピソードⅠ~シンデレラED~感想

   ↑  2015/04/26 (日)  カテゴリー: 大正×対称アリス
終わったので内容と感想。
うーん…。


『大正×対称アリス』応援中!

++


■シンデレラ■(CV:平川大輔)

元々アリス(男の方)のビジュアルを気に入って
キーキャラっぽいし中の人も好きだしで買ったんですが
アリスが思いのほかうっっざかった(笑)

作中でも言われていたけど一言えば十返ってくる人。
しかも例えがくどくど長いし、偏屈だし。
それでも彼らの話す長い話が面白いなら苦にならないけど、
もうわかったよ、分かった!とギブアップしたくなる程冗長に思えた。
開始三分足らずで何度『ねこあつめ』を眺めていたかわからん。

自身の記憶がないヒロインは真っ暗闇の中アリスをみつけ
喜びのあまり、あなた(アリス)の名前はなんなのかここで何をしているのかと
無邪気に質問攻め。
ヒロインの名前を決めるまでと、記憶がないなら記憶を取り戻したとき今の自分自身はどうなるのか、
そういったことを迂遠かつ冗長にグダグダ会話が続くから開始早々辟易気味。
そもそも、記憶のない自分よりもアリスに興味津々で、自分の事は後回しでいいって
脳内花畑なのかと思えるヒロインについていけなかったので会話を楽しめなかったのかもしれない。
それでヒロインにありすという名前が与えられ、アリスも一緒に移動することになり
やっと物語が動いたぞーー!!と思った所で
シンデレラと赤ずきんの二人が鏡に映しだされ、どっちに会いたいかとここで個別ルート分岐。

で、シンデレラ編です。
シンデレラの世界に入ったら自動的に記憶が戻るのかその世界の設定に入るのか
ありすは『有栖百合花』としっかり自我を持って動いていた。
なんでも良い所のお嬢さんらしく、見合い話が来ており、見合いする=結婚が当然といわれ
それなら見合い相手を自分の目で見に行くと、家出することに。
使用人であるかぐやに早々にバレて、何だかんだかぐやと一緒にシンデレラの経営するカフェへ。
色々あって百合花はシンデレラ兄弟に身元を偽って居候且つ従業員として住むことになった。

相手のシンデレラだけど、金持ちで俺様キャラなので
百合花に向かって(夜道で転んで汚れていたので)貧乏人だのなんだかんだ言いたい放題。
そんな長男シンデレラと、物静かで人嫌い(?)不思議系な次男白雪、
物腰柔らかだけど身内には言いたい事ビシバシで毒舌なお菓子作り大好きな三男グレーテル。
彼らの会話がしばらく繰り広げられるわけだけど、強烈キャラ同士の掛け合いにもかかわらず
ピクリとも笑えなくてつまらない(ねこ確認再開)。
全体的に『長男ホント駄目!』っていうくだらない流れなのに面白くないんだよなぁ。
そこに百合花が加わっても、百合花自身もアクが強いけど特別カンフル剤にもならず
やっぱり会話がつまんないのは変わらなかった。

そもそも、百合花を好きになれなかったのが一番楽しめなかったポイントなのかもしれない。
ヒロインはプレイヤーにとって一番身近なキャラだと思うんだけど
彼女自身の考えがサッパリ読めないのがまず大きい。
婚約者がどんな人物かわからないから確かめに行きたいという衝動は理解できても、
シンデレラの経営する喫茶店に到着して、やんややんや言われても、おやこういう人なのですね!
と何となくどこか離れた視点で物事を見ている。
一見、楽天主義者のポジティブキャラかと思いきや、脳内であれこれ明るく分析していて
実は相当頭の回転が早いと分かる。
聡明だからこそか、腹の底を隠して明るく、
そしてどこか仰々しく人や物事に向き合っているのでしたたかだなと思える。
周囲の人間にそう接するのはいいとしても、それをプレイヤーにまでやるからどうも親近感が芽生えなかった。
地の文は百合花の思考だけど、そこでも本音をみせてくれない。
地の文(思考)ですら、薄絹一枚まとった様にどこか演じている風で、腹の底が読めない。
百合花の思考なのでですます調なのは勿論、百合花の特徴である端々に英語を入れてくる事もままあって
この物語どこからどこまででも百合花尽くし。
彼女を好きになれないと結構きっつい。

人に興味ねぇんだよ貧乏人!なシンデレラについてはまず料理で胃袋ゲットして興味をひき
喫茶店を本腰入れて経営する流れになって兄弟がなんだかんだ纏まったり。
シンデレラが人にやりたい放題だったのは見返りのない愛情が信じられないからだったという事が分かったり。
百合花はしたたかだと的確に感じ取りながらも、そんな彼女に徐々に惹かれていくシンデレラだったり。
百合花とかぐやの関係を気にしたり。
百合花は百合花で何故かシンデレラを気に入った模様だけど
婚約者を偵察に来たと本人にバレたらおしまいでありどうしたものかと考えたり。
シンデレラが本当は借金地獄で首が回らないことがわかったり。
と、色々な物事がおきつつなんだか惹かれあっている二人。

その、『色々な物事』がああそうなんだと思いはすれど、
ぐいぐい引っ張られる魅力ある話ではなかったので、カチカチとマウスを動かすだけだった。
第三者視点でも主人公を応援したくなる要素がないと入り込めないな。
計算高いしたたかな女、見目は可愛いっていう百合花がシンデレラ的にはドストライクだった模様だけど
私はそんな好みを持ち合わせていないので、へーとしか思えなかったし
百合花がシンデレラを気に入る様子も、
個人的に萌え要素がないままシンデレラの人物像が知れてくるので共感できなかったし。
やっぱりこう、ちょいちょい「ギャー!萌え!」っていう刺激を用意してくれないと
物事が楽しくないんですよね。

最初こそ百合花の料理に手を付けなかったシンデレラが、
味を知った翌朝は百合花の料理を食べるために席についてたりとか
百合花とかぐやの関係を疑ったりとか
微笑ましいことは時々あっても萌えではなかった。
心を鷲掴みにするポイントがなかった。
淡々と物語を眺めているだけだった。

百合花の素性をシンデレラに言うと、彼本人は気づいていたようで
彼自身も借金の為に百合花と結婚し、とんずらしようと画策していた罪悪感があって
お互いだましていたと苦々しい告白の後に和解。
やっとハッピーエンドかー!と思いきや、いざ百合花の父に挨拶の段になると
結婚する気はないとか言い出して姿くらましてどんでん返し。
まぁ、そうだなシンデレラ特有のガラスの靴話がないもんなとも思うけど
何故ここにきて逃げるんだ?将来の話してたのに突然心境変化したのか?
とシンデレラの心情の変化が強引に感じる。
何だかんだで金持ちのお嬢(百合花)がシンデレラを見つけ出して
一緒に生きましょう。好きという事をこんこんと分からせてシンデレラもうなずいてハッピーエンド。

正直、やっと終わった!!という解放感の方が大きかった。
面白かったかと問われれば苦痛だった!!と返したい。
主人公もシンデレラもアリスも、好きだのかわいいだの思えなかったのが痛手だな。
だけど魅力な点もある。
それは俺様で横暴なシンデレラが実は結構ナイーブで、
本心を語るときに低めの落ち着いた言い方になる点。
この変化は聞きごたえあったし、単純に声が好きな視点でみれば幸せだった。
特に、シンデレラに結婚してほしいかしてほしくないかの選択肢で
「してほしい」を選んだ時の
「何故?」が、異様に魅力的に感じた。
今までが頭悪そうな横暴キャラだったのに突然大人びた声での「何故?」はズルい!!
声の魔力って凄いなぁ。


話には張り込めなかったけど、途中でアリスが、
百合花がシンデレラのどこを好きになったか分析する台詞。
「顔だろ。あと、声だな。いわゆるイケボとかいうやつだ」

これに
「That's right!!」
と心から笑顔で叫びたい。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-314.html

2015/04/26 | Comment (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Re: タイトルなし

結構くせのある子だから人を選びますね。
感情移入がまるで出来なかったし、第三者視点で応援したいとも思えなかったし…
うーーん!!今思い出しても折り合いがつかない子です。
この後数本出て、最終的にどう収めたんだろうと気にはなるけど追いかける気力もでない…です、あはは…。

しづき |  2016/06/07 (火) 21:04 No.4


同じくヒロインに魅力がなくてきつかったです。。。
というか途中で投げ出しました。
ヒロインは頭が良いというか、ただのうざい計算高い女にしか感じませんでした

名無し |  2016/06/07 (火) 03:57 No.3

コメントを投稿する 記事: 大正×対称アリス エピソードⅠ~シンデレラED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)