指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

『山賊の娘ローニャ』感想

   ↑  2015/02/22 (日)  カテゴリー: アニメその他
ローニャ、21話『とどろく滝と鳥女』までみた。


今日の話で、ローニャはマッティスと仲直りさえすれば家に帰りそうだと感じた。
リル・クリッペンから能動的に聞き出した話はずっとマッティスの事だった。
ペリェが捕縛されたって話を聞いて私はショックを受けたんだけど、それを聞いたのちのローニャの台詞。
「この頃、あの人(マッティス)ちっとも、笑わないの?」
ペリェには全く興味がない模様。
割と仲良くしてなかったっけ…野菜作ってくれたよね彼。
気のいいヤツだったじゃん、野菜を貶したら怒るけど。
赤毛の人が負傷した時はあんなに取り乱して心配そうにしてたのにな。

ローニャとマッティスの喧嘩って、愛情が深い故に拗れている。
しかも二人とも気が荒いから余計手におえない。
それできっと、片方が折れて愛情を向ければ、喧嘩は終わると思う。
周囲は大迷惑だなぁ。

ビルクはそれを知ってるから、ローニャはいつか帰るんじゃないかと不安なんだろうな。
しかし当のローニャが言うには、一番考えていることは冬が来れば死ぬという事。
じゃあ、冬が来ても死なないように木で壁でも作って洞穴に立て掛ける作業するとか、
食料もっとため込むとかすればいいのでは。
しかしビルクの返事は「今は夏だよ!!」
ひゃっほーと川に飛び込む二人。
……。

ローニャは声も、性格も、外見も可愛くないのが致命的だと思ってたけど
水に濡れて髪の毛がぺたんとなった今回は、見た目可愛かった。
あの髪型があかんのか。
声も、性格も、外見もローニャよりもビルクのが上なのがこのアニメで皮肉なところ。
これ製作サイドは意識してわざと描いているんだろうか。
そして子供はローニャを好きになるんだろうか。

結構不満が多いけど見ている理由は最後どう決着をつけるか気になるから。

次回のタイトル『これかぎりの夏』らしい。ようやく物語が動きそうだな!!
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

2015/02/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 映画『風立ちぬ』感想
この前の記事 : 無双とサイコパスな一日

Comment

コメントを投稿する 記事: 『山賊の娘ローニャ』感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 映画『風立ちぬ』感想
この前の記事 : 無双とサイコパスな一日