指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

NORN9 VAR COMMONS~結賀駆・宿吏暁人・鈴原空汰~感想・総評

   ↑  2015/01/27 (火)  カテゴリー: NORN9 VAR COMMONS
駆、暁人、空汰の感想と、総評。

150127-1.jpg 150127-2.jpg

キャラ別で考えれば楽しめてても、総評では愚痴大放出ですあしからず。
++

150127-1.jpg 150107こはる
■結賀 駆■
駆√で何が楽しかったかといえば、こはるに振り回されてる駆だった。
駆の腹黒さが、純粋なこはるにかかれば空回って完全に毒気が抜けてる様は愉快だった。
駆が、こはるの育てているイチゴに負けている様も、こはるの不意打ち発言にくらっときてる様も楽しかった。
でも想いが通じてからは微妙だった。
エロがね、急速に萎えさせるんですよね。
折角順調に想いあってやっと両想いとわかったというのに、もうやるのかよと。情緒もなんもない。
やってもいいけど、そこに行きつくまでの心理描写がたりないので、
『エロいれとけばいいや』という意思が感じられて、萌えもときめきもない。

で、なんか想いが通じ合ってからは駆のピアスと、駆の父が物語に絡みだして
ロボットが船に乗り込んでくるわ、ロンが銃でロボット撃つわ、
夏彦はやってくるわ、駆は駆父に奪われて洗脳うけるわ…。

結局こはるが止めて駆が正気に戻って一件落着なんだけど
何より心に残ったのは、BADでのロンと七海ペアだった。

相変わらず自由人なロンを七海が追って行って、ロンの事を庇って倒れた瞬間。
あのロンが思わず「七海…」とつぶやいた事に、うわぁと感激してた。
肝心の駆はハッピーでのエピローグで、
この草原の中こはるとヤりたいな(意訳)と笑顔で言っていたのに、うわぁ…と思った。

駆は結局なんだったんだろう。
史狼の台詞からサイボーグなのかとおもったんだけど
子供のころに能力を授かり、それを史狼が拾って育てたという事実もあるようだから
どっちなのか判断しづらい。
普通の人間でも、望めばサイボーグ化できるってことなら辻褄が合う。
駆は史狼の将来の入れ物らしいので、あとで脳みその入れ替えでもする予定だったんだろうか。
アイオンを作った人らしいので、なんでもありなんだろう。

個人的に駆が一番輝いてたのは、何にも知らないこはるに
「知らないことがあるなら聞いたらいいよ。分からなければ分かるまで一緒にいるよ」
って手を差し伸べたシーン。序盤も序盤だけどあれはこはるは救われただろうなと、じんわりきた。

バッドエンドは駆の洗脳が解けないままで『これからは父さんに可愛がってもらいなよ』と
こはるを史狼に渡し、自分はもう用済みだと機械のように認識するものだった。
こはるにとってみれば地獄ですぜ。
史狼はこはるの炎の能力が欲しいのかと思いきや、
こはるを女として可愛がっている様にもとれて胸糞の悪いENDだった。

<駆√でわかったこと>
■駆の能力、知らないものは生み出せない
■制服は燃えない
■駆のピアスは命令装置(史狼からの?)
■駆の本来の役目:ノルンの旅を解散させ、能力者を史狼の元へ連れて行く
 ↑世界に妨害され、駆は忘れていた

<駆√でおこったこと>
深琴がいなくなる(夏彦の元へ)
船が墜落、皆は島に到着。
アイオンが停止。史狼の軍が島を攻撃。深琴、夏彦、ロンが能力者に合流。
こはるが操られている駆を止める。
その後史狼の死体が見つかる。死因は老朽化だろうと夏彦談。
空汰は、アイオンと再会する研究を進めるため島に残る。
他メンバーは家に帰ったりこはるたちの近くに住んだりと色々。
こはると駆は、こはるの家にて療養。

<駆√での他ペア>
深琴と朔也、七海とロン


++


150127-2.jpg 150119-4.jpg
■宿吏 暁人■
暁人は七海の事を、血も涙もない人間だとおもっている。
七海は暁人の事を、自分を殺したいほど憎んでいる、そしてそれは当然のことだと思っている。
そんな二人が接していくうちに、想像していた姿と実際の姿との乖離からの戸惑いと
本来憎むべき相手、憎まれているはずの相手に惹かれはじめたときの戸惑いと
そのあたりが丁寧に描かれてあって、まどろっこしいなぁ~!と見ててハラハラしつつも楽しめた。

駆の電撃手錠がどうしても外れないというくだりでは
暁人の七海への
「こいつと一緒にいるくらいなら電流を流され続けた方がマシ」といういつも以上の暴言。
これ、朔也が暁人に水をぶっかけ、言い過ぎだと責めるんだけど、
こうでも言わないと七海が暁人を心配するから、
あえて突き放してると思って聞いてたんだけど朔也の指摘が正解なんだろうか…。

二人の衝突と戸惑いと惹かれあっていく過程が楽しいんだけど、
何よりこの√…泣いたのはやっぱり千里の言葉だった。
忘れていたはずなのに暁人の温もりで思い出し、それを暁人の頼みでまた七海が消そうとするんだけど
「消さない…で」
子供のころ、大切な兄の記憶一切を消された。そうしてずっと一人で生きてきた。
今ようやく暁人が兄だと認識し、思い出して嬉しかったのに、また消そうとする。
千里のこの呟きには胸がいたかった。

千里の記憶を消したら好感度があがるので、こっちが正解だと進めてたらノーマルエンドだった。
ハッピーエンドは消さない方だった。ですよね!!
というか、消すのは酷いと思う。
ノーマルエンドで暁人が、千里の記憶は消したままでいいんだと、七海さえ傍にいてくれればいいんだと
自己解決して満足そうなんだけど、あんたはそれでいいだろうけど千里の気持ちは?とおもう。
千里がいくら一人前(かなぁ?)になったとはいえ、記憶消したままで正解とは思えない。
「消さないで」と言ってるんだから千里にとっては今もなお兄の記憶は大事なんだろうよ。
要するに千里からどう思われてるかの逃げであって、
そこを自覚せずに、千里と自分の為だという風に「これでいい」で終わらせるのがもやもやした。

ハッピーエンドでは千里の記憶が取り戻され、兄弟仲良くそろって終わってよかった。
ところでこの√、千里はこはるに片思い状態だったんだけど、その後どうなったんだろう。
こはるは駆が好きなのかと思いきや、最後のハッピーエンドスチルで千里の横で笑ってるし。
………。

その他疑問または不満点。
千里から水の能力奪い取ったとはいえ、彼が史狼の元へいったことは心配じゃないんだろうか
七海を喜ばせるために悠長に買い物してていいんだろうかと心からシチュエーションを楽しめなかった。
あと、千里を守るためにとここまで来たのなら、水の能力もって彼を助けに行くところまで描いた方が燃えたと思う。
七海とキスしたまま片手で能力使ってるのは、カッコいいと思わせたいんだろうけど
こんな時になにやってんだと白ける気持ちの方が勝った。
こういうのは戦いの前に終わらせて、戦いは戦いで全力投球したほうがかっこいい。
そしてエロ匂わせもまた不要だった。彼は健全なままで貫いてほしかった。
「やるか」にはズコーですよ。
ノルンのエロについては総評でくどくどと物申したい。

暁人√でよかったこと思い出した。
一月の存在!!!七海が暁人をどうとらえればいいのかわからないとき、
七海の為だと二人を引き裂こうとした平士に対し、それでいいの?と話をきいてあげた一月。
この人はホント他ルートで最高に光るな。
そしてアドバイスする理由が語られていた。
近しい人が恋をしたとき、自分は何もできなかった。だから恋を応援することを大切にしているらしい。
近しい人って姉のことかなぁ。
どっちにしても七海と暁人は一月によって無事くっつけたといっても過言ではない。

バッドエンド綺麗だったな絵が。

<暁人√で分かった事>
■一月と一月の姉は双子
■未来を担うのは若者だから、リセットは昔から若者で行ってきた

<暁人√で起こった事>
正宗不在の時に、世界の使者(史狼)がやってくる。
信じる派はついていき、信じない派(七海たち)は正宗が戻るまで船に残る。
暁人は千里から全部の能力を奪う。
信じない派は島に到着。七海と暁人が過去をみているうちにアイオン停止。
史狼も間もなく停止の見込みで、信じない派が信じる派を探しに行く。
七海と暁人はアイオン稼働中に能力を返却。それ以外は所持したまま。
船に皆がちらほら帰ってき始めてEND

<暁人√での他ペア>
こはると駆、深琴は一人


■鈴原 空汰■
過去、ロボットが科学者に恋をし、好きという気持ちを伝えたいがために感情が芽生えた?とかなんとか。
そのロボットがアイオンの前身である愛音であり、科学者が空汰と同じ遺伝子を持った過去の人物である。
一部の謎や過去が解明されたけど、この二人に思い入れがないし
愛音と科学者の描写もそんなにないから、暗に泣けと言われている所で感情移入が出来なかった。
空汰の、親とは特にいい関係じゃなかったし特別な友達も別にいないから、
昔より今が大事っていうのもなんだかなぁ。
どんな関係であれ親との繋がりはそう簡単に整理がつくものだとは思えない。
クールな秀才と描きたいのかもしれないけど、
そこらへんは足掻いて感情をみせてくれたほうが、空汰って人物を身近に感じることができたと思う。


■総評■
このライターさんは、NORN9に限らずシチュエーションCDを書けば上手そう。
一つの世界を作り上げ、それをきれいに料理することはまだまだ手に余ってた。

こういう世界観の中、この二人はどういう選択をするか…を描きたかったのかな。
途中で下船する者もいれば、最後まで付き合ってリセットする者もいる。
でもほとんどはリセットするか否かの協議もしないままにアイオンが停止してしまって、この旅なんだったの状態。
しかも主人公たちは世界をどうするかよりも、自分たちの事が一番大事。

暁人√で、『リセットを行う能力者は若者でなければならない。
いつの時代も未来を担うのは若者だから。若者が希望を捨てない世界であることが大事』
的なことを言っていたけど、当の本人たちは世の中より相手しかみていなくて
それ基準で物事を勝手に決定していた。
こんな少年少女にリセットなんてもの任せるのは嫌だし間違っていると思う。

能力者はなぜ皆若者なんだ?という問いの答えが↑なんだけど、
いろんな考え方があるんだって、年配者も壮年者も交えた方が、世界の考えとして説得力がある。
物事の辻褄が合っていればそれで許されるわけじゃない。

それは、彼らが何で恋愛の事しか頭にないのかという設定にも言えること。
ノルンからは『世界』にとって不都合なことは考えないようにという周波がでているらしい。
だから彼らはペア相手の事しか考えないんだねなるほどーって納得……できるかー!!
辻褄あってればいいんじゃないんだよ。
世界について疑問視できないなら、恋愛のことしか考えられないのか?あほなのか?
と、キャラが馬鹿みたいに見える。
せめて、真相ルートのような形で皆が恋愛に溺れずに、世界やこれからについて考える話がほしかった。

そして島に直行すればいいわけではない、船で起こった事を自力で解決できる力が必要だ、絆が試されるってヤツ。
其々の√で問題は起こったがそれは主にペア同士でのいざこざであって
一つの大きな問題に皆が向き合うというものではなかった。
こんな『問題』でよかったのか?これを乗り越えたら彼らはリセットしていいのか?と疑問が尽きない。

物語がほころびないようにと設定でがんじがらめになっていて、その設定が白けるものだったのが痛い。

ただじれったい恋愛過程やらシチュエーション萌えのツボは押さえてた。


エロについて。
入れるなとは言わないですよ。そこまでに行き着く心理描写がしっかり描かれてあるならいい。
でもこのゲームのすべてのエロが唐突に感じた。
キスの次はもうセックスっていうのは安易じゃないかな。
正宗のように中途半端な所でもやもやこらえてた人もいたけど、
エロシーンがあるキャラは、その狭間をすっ飛ばしてセックスに突入していた。
触れたいとか、くっつきたいとか、そういう下地をしっかり描いてからやってほしかった。
ただ正宗は可ってわけじゃない、セックスしたいって感情をみせるのが早すぎる。
一緒にいて、そばにいるだけで幸せだと心和むことはないのか。話してるだけで楽しいとかないのか。
目が合うだけでドキドキするとかないのか。もうセックスしたいのか?とおもう。

深琴√であからさまなベッドシーンが二つきたので
それ以来、この√はあるんだろうか…もしやこのシーン後にくる!?と戦々恐々として進めてたよ。


色々文句を書いたけど、物語全体として見てみれば不満だらけだけど、
恋愛ゲームとして、萌えとときめきを重点的にみるのならよかった。
朔也と千里√が特にすき。
二人が世界の秘密よりも相手の事が気になるのは仕方ないと受け入れられるし
二人の感情にちゃんとついていける描き方をしていたから。
この二人の話はまとまっててよかった。

各グループで、シナリオの好きな順番

■こはる
千里>正宗>駆

■深琴
朔也>一月>夏彦

七海
■暁人>ロン>平士


あと、別のペアがどんな状況か、何を考えてるかを客観的にみられるつくりはよかった。
新たな萌えがあった。
ただこれ『主人公=自分』の人はとうてい受けいれられないつくりだろうな。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-247.html

2015/01/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 3DS版コルダ3のトレボCDサンプルきいた…
この前の記事 : あれこれ

Comment

コメントを投稿する 記事: NORN9 VAR COMMONS~結賀駆・宿吏暁人・鈴原空汰~感想・総評

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 3DS版コルダ3のトレボCDサンプルきいた…
この前の記事 : あれこれ