指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

金色のコルダ3 アナスカ天音学園~氷渡貴史・珠玉ED~感想

   ↑  2014/10/13 (月)  カテゴリー: 金色のコルダ3AnotherSky feat.天音学園

ハルに『小日向さん』呼びされると猛烈に星奏に帰りたくなり
東金と土岐に勧誘されれば神南のゴージャスな日々に戻りたくなり
一致団結している至誠館をみると一緒に輪になりたいと思う。
それは恐ろしいループ…。

氷渡珠玉EDみました。
すっごく笑えた!
『モブ女』呼ばわりからの変化が見ものですねこれ(笑)。
かなでちゃんの選択肢が氷渡を掌の上で転がしているとしか思えない。
いいようにコロコロコロコロ転がってくれて見ていてとても楽しめました。

かといって笑えるというだけではなかったです。
無印では”追いつめられたヤバい奴”だったけど
AS天音ではしっかり氷渡という人物を掘り下げてて
交わされた会話をかき集めれば、
氷渡がどんな家庭環境なのかどんな経緯で天音にいるのか
彼のぶつかっている問題、今後…と色々知る事が出来て満足です。

所で、最後の方で初めて見る不穏な描写があって…
氷渡√で大笑いして平和だったっていうのに
胃が痛い…。なんだ、なんだっていうんだよ!おい!!
すごく気になります(氷渡とは関係は無い模様)。
そんなアレコレまとめて以下感想です。


++


最初響也と接してた時はいちゃもん付けて絡んでくるし、呼び方は「モブ女」だし
この男と仲良くなれるとは到底思えないという印象だったけど、
函館旅行でおどろおどろしい函館天音をみたとき、
魔女でも出そうだというかなでちゃんの発言に同意し、本気でノッてくれて
「アレ?おもしろいな」と思い、
同じく函館旅行で天宮のおごりの時は
「おごりと言われると高い物は頼めないかといって一番安い物も悪い気がする」と一般的な感覚を披露し
図書室で大声を上げる七海を叱ったりと
実はすごく…普通のいい奴なんじゃないのか?疑惑がむくむくと沸き起こった。

実際のところ、冥加に昏倒してる以外は、
想像力がハンパなく豊かな、素直じゃないけど心の声ダダ漏れの、
何だかんだで面倒見のいい一般的な感覚を持った奴でした。

そして氷渡ルートで面白イベント以外での見ものは
特異な才能があるわけではない人間の葛藤でした。
氷渡曰く、冥加と天宮は勿論、七海も天賦の才を持った人間らしい。
普段は後輩を小ばかにして、正チェリストである自分を誇っているけど
本当は自分に特別な才能がないことはわかってる、それでもこの場に居続けるために必死で努力する。
氷渡の、人には見せない必死な姿が、えぐい。
足掻いて足掻いて頑張ってる氷渡だけど、将来的に音楽的に大成功するとは描かないネオロマがえぐいです。
現実ってそんなもんだよなとリアルに感じられて胸がズキズキ痛みました。
でも、頑張ってる人間を放っておけない面倒見の良さが彼の将来を示唆していて、
この人は音楽家にはなれないだろうけど、やりたい事が見つかったんじゃないのかという希望があって救われました。

あとはもう、氷渡の留まるところを知らない妄想劇に笑ってた思い出(笑)。
ここぞって時に氷渡の言う女神スマイルをふりまき、
「女神…!!」と氷渡を動揺させトリップさせおちょくりました。
あーおもしろかった。
この人は函館旅行の為にガイドブック網羅したり、冥加のリサイタルチケットとれて大喜びしたり
冥加と並んでも地味と言われないようにあんな外見だったりと
ほんと涙ぐましい健気なわんこのような奴だから、冥加と天宮はあんまり苛めないでやってほしい。
彼、がんばってるから!!
無印の時のようなギスギスした天音でなくなって、本当によかったなと思います。
かなでちゃんが来たからってのもあるだろうけど、
氷渡が首になりかけた時に天宮が励ましの意味で中華料理食べ放題考えてたし、
きっかけさえあればかなでが居なくても、無印のような結果にならなかったと信じたいです。


そして、記事の最初の方に書いてた、不穏な描写についてですが…
私、今まで響也と天宮を攻略してきました。
天宮攻略の時、実は響也も攻略していました。
だからこれまで、最後対戦相手は星奏でした。
よって今回初めて函館天音とぶち当たったわけです、彼らの演奏を聴いたわけです、
そしてトーノの言葉を…きいた…わけです

「…ありがとう」(きらきらきらーん)

ってどういう事なんですかね!?
なにこのSE。まるで…まるで…函館旅行の時に出会った…妖精のような……。
そして祝賀会でかなでが抜けだしたとき、出会ったのがニアじゃなくてソラだったんですが。
トーノの代わりの言葉を投げかけられたんですが…これって…どういうことなの…。
消えたの?妖精なの?トーノの為に彼らはBP集めてたの??
天宮√の時に、空港で天宮がソラは知っててもトーノは「よくわからないチェロ」って言ってたし…。
すごい不安。
氷渡攻略してる間、ソラとトーノを見てたらどこかつらそうだったし、MFの芽をつむのをトーノはためらってたし
この人たちの事知りたいなって興味がふつふつと沸いてたから非常に函館天音で真相を知るのが怖くなりました。
鬱は嫌だぞ!
何となくニアとソラは普通の人間(天宮が知ってたし)で、トーノは違うかもって印象です。
あー…考えたら胃が痛くなってくる。
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-197.html

2014/10/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 金色のコルダ3 アナスカ天音学園~氷渡貴史・珠玉ED~感想

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)