指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

三國無双6

   ↑  2012/09/24 (月)  カテゴリー: 無双シリーズ
晋のストーリーモード終了。
晋、面白かったです。
三国それぞれの大将死没後の話をみるのは初めてだったので新鮮で面白かった。
こんな人がいたのか、と興味深かった。

でもストーリーや戦としては、三国時代であった華々しさがないかなあと思いました。
単に知識不足なだけでしょうが、赤壁の戦いとか夷陵・五丈原の戦いといった、きたきたきたーと燃えるものがない、かな。
殆ど蜀との攻防戦だった気がする。というか晋ストーリーやってたら姜維が鬱陶しすぎる(笑)。
姜維は劉備に洗脳されたかわいそうな人という印象が強くなってしまった。

晋で好きな戦というか強く印象に残ったのが司馬師の”優雅な散策”です。
命を狙われているのに、一人で散策していて無事か否かで天命を見極める、というあれ。
心配した弟夫妻がかけつけ、散策に同行してると案の定敵出現。
で、敵を倒したら「よし、散策をつづけるぞ!」とか言って抜き身の剣を携えて駆け出す司馬師。
もはや優雅じゃない(笑)。もっと司馬師の時代をみていたかったなあ。
昭も好きですが、報われない者の方がなんとなく惹かれる。
ところで司馬一族は「フハハハハハハハ」といいたくなる遺伝子を組み込まれているんですね。
話が進むごとに、あ、この人もやっぱ言うんだと恒例行事のように眺めていました。


クロニクルモードは五分の三くらい終了。
陸遜メインでやっててレベルカンストしました。
なので司馬兄弟を時々つかってるんですが、
司馬師でやってたとき、半分以上程絆が上がった鍾会がやってきて会話発生。
ツンツンしつつ英才教育がどうこうって要領を得ない鍾会に、「それで?」って促すと
「だから、私を重用しろといっているのだ!」ってキレる鍾会に吹きました。
なんだこのツンデレ。爆笑した。

無双は4以降離れてたけどなんだかんだ陸遜が好きでつかってます。
それはいいけど使ってたら陸遜が戦友にならないわけで。
凛として清々しいと同時に黒さの見え隠れする火の玉ボーイな陸遜が好きなわけですが、興味本位でデレる様をみてみたい。
そうした場合女性キャラ誰使うか悩む。
女性が多いのは呉ですがそれぞれ相手いるし同じ国だしで、道ならぬ恋のような感じでアレなんですよねー…。

というか陸遜って友達すくなくないですか。
甘寧や凌統、尚香と声掛け合うところがみたかった。

さてトロフィーできるかぎりとったら猛将伝やって…11月のEmpiresに間に合うか?
関連記事

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

2012/09/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : とびでる!
この前の記事 : tadaima-

Comment

コメントを投稿する 記事: 三國無双6

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : とびでる!
この前の記事 : tadaima-