指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

このページの記事目次 ( ← 2014年09月 → )

サイコパス新編集版11話

   ↑  2014/09/27 (土)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
見る前に小説を読み終わったので、見た気になってた。見終わりました。
主に言いたいことはオリジナル版で言ってた(21話22話)ので小説版と比較を。

小説版で一番の衝撃は、新編集版11話に当たる所で朱ちゃんを六合塚さんがかばって、六合塚さんが負傷して、
朱ちゃんがギノさんの元へ走り去るとき、六合塚さんが朱ちゃんをタイプだとつぶやいたこと。
今それ(百合)いるぅ!?て思わず叫びました(笑)。
いたるところに入れないといけないのかな。
六合塚さん普通にしてればきりっとしてかっこいいのに
執行官になる前、芸能人のいろんな女性とスキャンダルがあったとか、行為をしている所の映像がどうのとか、
アレコレと百合ポジで、そういう属性がない身としては、作者好きなんだなと思うしかなかった。
そういう世界もあるんだろうけど、王陵璃華子近辺といい、そんな頻繁に描かなくとも。

小説を読んでよかったと思う所は、朱ちゃんがトラックから振り落とされた後狡噛さんとの会話があったこと。
狡噛さんが、朱と自分の事を、「悪いコンビじゃなかったとおもうんだが」と振り返ってるのが寂しかった。
悪いコンビじゃないのに、分岐点でお互い別の道を選んでどんどんはなれていくと。
シビュラシステムに殺されるのも面白くないから最後まで抗って見せるという言葉もきけた。

居眠りしている狡噛さんに、思わず見入っている朱の図はアニメでも一切描かれていなくて
こんな感情があったのか!と新鮮でした。この二人の、どう捉えていいのか分からない距離感が好きだから
明確に恋愛ものになったらいやだけど、この程度なら想像をかきたてられていいです。
見ていて飽きないらしい。わかる!!いつか必ずとこか遠くへ行ってしまうと感じたらしい。Oh…。

エンドカード、朱とギノさんと新米の霜月さんと、違う方向に体を向けている狡噛さんだった。
二期にでるのかなぁ。
櫻井さんも別キャラとはいえ登場するから、さすがに狡噛さんもいずれ出ると思うけど。
小説最後で朱が狡噛の事を、「あの人とはまだ何かありそうな気がする」と言ってるから期待しています。
しかし!!縢くんが!!いない……。つらい。
そして槙島程の魅力ある敵キャラできるのか!?恐る恐るながら楽しみにしています。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

2014/09/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

残響のテロル11話

   ↑  2014/09/27 (土)  カテゴリー: アニメその他
原子爆弾の件、目的達成ができてよかったです。国が対処して不発は嫌だったので。
でも大きな事件起こしてしまってゆくゆくは捕まるだろうし
ハイヴの症状を見て、この二人も途中で逃げたとはいえ長生きできないんじゃないのかと思っていたから
後半の音楽の中での三人の平和な光景は、心から安心できなくて、儚かった。
ツエルブが撃たれて、普段冷静沈着なナインが初めて激情を見せた。
ナインが仰いだ空に飛んで行った鳥は二人とハイヴなんだろうな。
二人が幸せに生きていて欲しいという願いは断たれたけど、最初から無事じゃすまないだろうってわかってたけど
でも隠蔽されていた事件が白日の下にさらされたし、少なくともリサと柴崎さんは一生忘れないだろうからよかった。
鬱展開だけどよかったなと思いました。
米軍のアレコレは現在の日本を皮肉っているようで、挑戦するなと思いました。
スピンクス事件はずっと日本政府が追いかけてきたのに、突然乱入してきたFBIに手出しができない
反感を抱いてもいう事を聞くしかない。最後のツエルブを撃ったことだって、強引なアメリカのやり方を皮肉ってるようだった。
暴いてほしくない傷をぐりぐりえぐるこの感じ私は好きです。ただもう米軍にむかつきましたけどね(笑)。
でも二人の目的は達成できたからよかった。柴崎さんがいて救われました。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

2014/09/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アルドノア・ゼロ

   ↑  2014/09/23 (火)  カテゴリー: アニメその他
この最終回全く読めなかった。

アルドノア・ゼロは容赦なく人がバンバン死んでいくのが、思い切っていて好きです。
死ななかったら、ハラハラ感がでないし。どうせ大丈夫なんだろって目でみてしまうから。

姫様とイナホくんが撃たれましたね。これ、死亡してるのかなぁ。
せめてどっちか死んでてほしいな。
二期で実は生きてましたと言われたら興ざめですよ。

姫様は穢れのない純白の人って印象だった。
少し同情はできても全然感情移入ができなかった。
イナホくんはやたらと感情が薄くて、学生のくせに大人が対処に困っている事をほいほいやってのけてた。
姫様以上に感情移入ができなかった。
スレインはその点分かりやすい子だった。
地球人なのに火星に住んでいることで差別され気味だった。
優しくしてくれた姫様が救いだった。姫様がすべてだったといっても過言じゃなかった。
彼女の死をみとめたくなくて、地球に行ったら生きてる可能性と出会えて、もう会えるという所でイナホに邪魔をされた。
火星で拷問受けても姫様の事は吐かなかったのは、姫様のためだった。
最後、死んだと思われる姫様に、あの時邪魔したイナホが歩み寄っていて、その前にも二人がくっついてるシーンを見て
姫様が生きていて嬉しい良かったという以外の感情が走ったと思う。
やめろと言ったのに、イナホから銃を向けられたら、その時点でイナホの事憎らしく思っていたら撃つとおもう。

事あるごとに地球人であることを揶揄されていたスレインが、火星人から命を救われた。
スレインが、地球のロボットに銃を向けていたから。
ザーツバルムの、地球人への憎しみを植え付けられている苦しさ、それを知った空しさ、
だからすべてを倒して憎しみの連鎖を断つって言葉に、心動かされたからザーツバルムを救った。
でも彼の大一番は姫様だった。だから姫様を撃ったザーツバルムを撃った。
やることがあれこれ変わってるけど、一応気持ちが分からなくもないから最後やったなと思いました。
一期の間ずっと弄ばれてたから最後大逆転できてすっとしました。
バッドエンドですが。スレイン自身も暗黒の世界におちましたが。

二期は姫様かイナホくんどっちかは生き返らせていいとおもう。
どっちかといえばイナホを生存させといて、スレインとの対決がいいな。
スレインは自分のしでかした罪や姫様を失った悲しみなど、魂引きちぎられるような葛藤の中で戦ってほしい。
地球人、火星人についても半々である彼を通してだと描きやすいと思う。
それじゃなければ、マリト大尉を挽回させてほしい。
一期はイナホくんの一人舞台だったから、二期は大人の意地を見せるって展開、熱くて好きです。

女子はインコの方が好みです。とても普通で分かりやすい。
そしてライエも真黒な感情爆発させてたけど、すごく人間らしい。彼女もまた好きです。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

2014/09/23 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

三國7エンパPVと幻水

   ↑  2014/09/18 (木)  カテゴリー: 一般ゲームその他
みました。
あえて司馬懿を出してきたその姿勢イイとおもいます。
プレイまでお預けよりも、PVで慣れさせてもらえてよかった。
置鮎さんがツイッターで大事に演じるとおっしゃってたので期待していましたが、あんまり違和感なかった!
たのしみです。

延期に次ぐ延期ですが、た…、たのしみです!!!(白目
ちゃんと作り込んでくれるなら延期したっていいですよ。

幻水シリーズ途中までのDでありライターである村山さんの最近のコメントをみました。
https://www.facebook.com/note.php?note_id=664743966955124
叶う事なら村山さんが指揮…とまではいかなくとも監修をされた続編やりたいです。
そんなことを思いつつ読んでいましたが、このなかで一番衝撃を受けたこと。

『2は劉邦と項羽をベースにしていた』

頭の中でガチガチはまっていって、ああああああああ!!!と納得の悲鳴を上げました。
2主人公が劉邦でジョウイが項羽か。
2主人公が集めていった108人は、逸材がおおかった。無力な主人公を助けて力を貸してくれた。
いろんな人がいたけど気のいい仲間たちだった。和気藹々としてた。
一方ジョウイ側は、ルカ・ブライトがミューズの人々を生贄にしていた。
項羽も、生贄ではないけどいらないからと大量に生き埋めにしてた。
人心がないのはジョウイというよりもルカに該当しますね。
でもジョウイの宿した紋章は黒き刃の紋章で、圧倒的な力だったから項羽とリンクしますが。
そして劉邦と項羽のように義兄弟と誓ったわけじゃないけど、ふたりは特別な親友だった。

最後項羽が負けるのもそうだし。
そうだったんだと、目からうろこが落ちました。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

2014/09/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

サイコパス新編集版10話 感想

   ↑  2014/09/15 (月)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
みました。
うわーよかった!感想を書こう!と
まずはオリジナル版の時の感想読み返そうと、読んだら満足してしまった…。

書いてないこと…書いてないこと…

朱ちゃん、10話始まってからずっと厳しい表情をしていて、
この子は大丈夫なんだろうか、もう狡噛さんの事整理ついたんだろうかと思わせられていたから
唐之杜さんを前に久々に気を許している表情を見られて、ああ本音はやっぱり辛いのか…
と人間らしさに安心したし、あの涙声に引き込まれました。
「ははっ、そういえば人に愚痴ってないな」
この今にも崩れ落ちそうな声がもう。花澤さんの泣きの演技すごく好き。

ギノさんに対する禾生局長やる気なさすぎる。
真面目に主張しているギノさんにたいして
「ふーん。あ、そう」
普段の禾生局長こんなこといわんだろ!!(笑)
シビュラシステムやる気あんのか!と言いたい。

元々禾生局長って人物はいたんだろうか。その辺も気になります。
出生からすべて偽造して一人の人間を作り上げるって大変そうだから、
元々の禾生局長が不慮の事故か病気かで亡くなった時にこれ幸いとばかりにのっとったのかな。
でもそれだったら禾生局長の親族から不審に思われそうな…。
禾生局長そのものが免罪体質だったとしたら、脳が保存されているからいつでも元の禾生局長本人になれるけどなぁ。

あと、免罪体質者多くね!?
脳みそ250個ぐらいあるらしいけど、あれ全部どうやってとらえたんだろう。
免罪体質者をとらえるって大変じゃないんですか。
色相検査うけても善良市民として映るから、別にエラーは吐き出さないんでしょ。
実際に問題おこしてサイマティックスキャンうけてから判明するのがほとんどじゃないかなと思うんですけど。
たとえば藤間を捕えた刑事たちは、藤間の事や免罪体質って言葉には箝口令が敷かれてたらしいけど
250個程集めるまでに、毎回他言無用でやってきて今まで漏れなかったんだろうか。

シビュラシステムは、自分が神のように感じられるほどほぼ完ぺきな存在なら
朱ちゃんの手を借りずとも、自分ですればいいのにと思いました。
それじゃ朱ちゃんの話が終わってしまうけど!(笑)。
でも、禾生局長に化けて自分で『神』の頭脳ではじき出した結果で槙島をとらえればいいのに。
もともと犯罪者たちの脳なんでしょ。考えそうなことわからんのかな。
それほど槙島は特殊で、自分たちじゃ考えが及ばない存在なのかな。
だから槙島を是が非でもシステムに欲しかったということなんだろうか。

あとは朱ちゃんとシビュラシステムとの取引。
槙島を無事に捕える代わりに狡噛の命を保証するというアレ。
朱ちゃんの
「約束よ」
くっそかっこいい!!朱さーん!!!!
その直後の、朱ちゃんが運転してた普通の自動車がホロ消してパトカーになって
サイレンあげながら走っていくところもカッコよかった。

次最終回か。アレか。
またティッシュを用意してみないと。

しかしドミネーターの「腹を割って話しましょう」は今見てもやっぱり可笑しいな。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

2014/09/15 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

サイコパス小説・下巻

   ↑  2014/09/11 (木)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
サイコパス小説の下巻読んでたら
局長がぼろぼろの理由かいてあった。ああ!!そういえばチェ・グソンが反撃してた気もする!
見当違いの事ブログに書いててはずかしいなと思ってよんでたら
二係の逃げ出した執行官の事情にびっくりして、恥ずかしさがあっという間にぶっ飛んだ。
職場で恋をしていた…だって…!?(他にも理由あったけど)
描写はさささっと終わったけど、ぎょっとする理由があったんですね。

チェ・グソンが縢くんの声を聴いて、美形だといいなと思っていたことにも目を見張りました。
えーと……どういうこと?美形が好きなんですか?槙島さんも美形だけど。目で楽しむ美術品みたいな感覚で?
どう捉えたらいいのか悩んだ。
買ったままで放置してる(またかよ)SFマガジンにその辺の事ちらっと書いてあるかなぁ。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-185.html

2014/09/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

小説版サイコパス・上

   ↑  2014/09/08 (月)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
読み終わりました。

これ、読んでて気になったのが槙島は、朱に見つからないままだったらゆきをどうするつもりだったんだろう。
槙島が最初にゆきを拉致した時は顔を見られてない。だから始末はしなくてもいい。
わざわざ素顔をさらして連れ去って何がしたかったんだろう。
この人は滅多な事じゃ自らの手にかけないから、見せしめに殺すってのもしっくりこないし。
ゆきを囮にしてまた狡噛をおびき寄せようとしたのかな。
でもゆきを殺した次の行動は、ヘルメットで市民をパニックに陥れるという行動で、狡噛狙いじゃない。
ノナタワーに狡噛が来ても驚かなかったけど、別段彼目的じゃなかった。
だから槙島はゆきをどうしたかったんだろうと疑問です。
下巻に書かれてあったりするのかな。

小説読んでて、解決したりへぇって思った点もあります。
泉宮寺さんはインタビューとか受けてて、公の場に登場してるのになんで犯罪係数で引っかからなかったのか。
全身ほぼ機械だから街頭スキャナ程度はごまかすのは容易らしい。
国にとっての重要人物だから定期測定は免除らしい。

ドミネーターは使用制限があるらしい。
フル充電でエリミネーターは四回まで。
その事アニメ放送時に分かってたら、「後一回…!!」って見ててハラハラ感が増しただろうな。

でも小説版よりアニメでの変更のが優れてるなと思う面も多々ありました。
なんといっても、ゆき連れ去り事件で狡噛からコールがあった時のシーンは、アニメの方が好きだ。
裏切ることはあり得ないと信じてる征陸、縢の「ほらね」と言わんばかりの笑みと朱の喜び顔のカット。
あの演出胸がすっとして、きたー!と喜び溢れてワクワクする瞬間だった。
小説の方はみんなの表情は書いてなかった。

泉宮寺が狡噛を狩ろうとする場面。小説の方はいつの間にか要所要所で泉宮寺の横に槙島が現れてた。
アニメで上から眺めて通信で音声だけやりとりしてるほうが自然だった。

後なんかいろいろアニメの演出は素晴らしいなと思う部分があったけど…ごく最近読んだ部分しか覚えてないな…。

小説の方はアニメで伝えきれない説明が書いてあって、興味深かった。
どっちもそれぞれの分野でこそみせられる仕事をされているなと思いました。


…ここまで書いてもしやと思って、サイコパスのオフィシャルプロファイリングを引っ張り出してみた。
ドミネーターの使用可能回数書いてあった(笑)。
この本買ってぱらっと読んで満足して全然読み込んでなかった。ははは…。

あ、金原ドローン事件、アニメと小説は物語がまるで違ったけどアニメの方が好きだった。
狂気に陥る金原と圧倒的な戦闘力のドローン、それに対する一係の連携プレイ。
ドローンかっとばして六合塚と縢が駆けつけるシーンや狡噛さんがめっちゃかっこよかった。
これはアニメスタッフの方はよく作ってくれたなと思います。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

2014/09/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

サイコパス新編集版9話

   ↑  2014/09/07 (日)  カテゴリー: PSYCHO-PASS
17・18話『鉄の腸』『水に書いた約束』分。

9話のエンドカード……。
最初、縢くんが朱ちゃんにちょっかいかけてるのかと思って、その平和な光景に涙腺崩壊してたけど
よくみたら狡噛さんが犯人だった……。
本編のシリアス展開でこの平和光景…逆にきっつい。
ギノさんがちゃんと止めようとしてて、ああいい仲間だなと思う。
唐之杜さんのむくれ顔は、彼女も朱ちゃんの事ペット的な感じでかわいいと思ってる節があるから
ずるい。的な意味なのかなぁ。


追加シーン、二係の行方不明の執行官の事が描かれてましたね。
私、本編みてて二係の一件はどういう事なのかよくわからなかったのですっきりしました。
縢くんと同様に上から消されたのかとおもった。
ノナタワーにきた局長ボロボロだったの、二係の執行官の仕業なのかとおもってました。
ただの逃亡だったようで。じゃあ局長がボロボロだったのはどういう意味なんだろう。
槙島の仲間たちは縢くんが始末付けてきたわけだし。……小説に書いてあるかなあ(今「上」をぼちぼち読んでる)。

二つ目の追加シーンは、狡噛さんがこのまま公安局にいたら槙島を捕まえられないとはっきり自覚してる所だった。
そこの!狡噛さんの顔が!!!すっごい気合い入れて描かれててテンションあがりました。
狡噛さんはもみあげ長いし、髪ぼさぼさ系だし、もっさい印象だったけど、こんなにかっこよかったのかと!!
興奮しました。
金原&ドローンとか、泉宮寺さんの犬ドローンとかとやりあう時はかっこいいなと心からおもってましたけども。

ギノさんと征陸さんが大部屋で話すところ。不在の狡噛さんの机がうつってましたが。
空のカップラーメンと、缶コーヒー、コミッサちゃんのイラスト入りだった。
真面目な話だったけど、なんか可愛くてニヤニヤしました。
狡噛さんがクソ真面目なかおしてコミッサちゃんのカップラーメンすすってる姿想像したらシュールだな。

本編の時の感想でも書いてたけどもう9話後半から「朱さん」だわ頼もしくなったもんだ。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

2014/09/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |