指月村PSYCHO-PASS(サイコパス)・ゲーム等あれこれと好きなものの感想のっけてます 

このページの記事目次 (カテゴリー: 一般向けCD・イベントDVD

真・三國無双~声優乱舞2014春・究極歌宴~感想

   ↑  2015/06/07 (日)  カテゴリー: 一般向けCD・イベントDVD
8/15のライブ応援してま~す!
150607呂布

以下2014春のDVD感想。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

2015/06/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

戦国無双キャラクターソング~大谷吉継編~感想

   ↑  2015/05/21 (木)  カテゴリー: 一般向けCD・イベントDVD
最終回にしてようやくこの路線に慣れたのか、夢落ちがよかったのか、
こんなん違うだろバーン!とはならなかった。
夢落ちといっても、アイドル戦国時代はリアルのままで
吉継をナンバーワンに推すために暴走したあれこれが夢だった。
しかしどこからどこまでが夢か現かわからなかったけど。

このシナリオの中で一番笑ったのが、
高虎が吉継をどうプロデュースするかというくだりでの

高虎「お前は漆黒の闇よりよみがえった地獄の死者だ(その設定で推していく)」
~間~
高虎「何かいえ。俺が馬鹿みたいだろう」

張った声から間の後冷静になっててその緩急が妙に笑えた。
高虎にすすめられるままに、吉継の一人称がずっと吾輩なのも地味に面白かったけど
やっぱりノリが合わないのか爆発的に笑えるわけでもなく、ほぼ半笑での内容だったなぁ。
ただ他のCDの様にあからさまにほもほもしい事もなく
二人がただアホなやり取りをしていたのでそこは大変よかった。
(お前らホモかよ!と公式に笑えるツッコミさせてくれる程度なら大好きだけど、あからさまにホモっけのある行動とられると引く派)

シナリオについて他にはもうコメントしたい事がないので声優さんの演技で凄いと思ったのが
夢から覚めてびっくりした声だした高虎の声を、直後にまねた吉継が猛烈に似てて中の人すげーってなった!
同じ声が二度聞こえて、なんで二回吃驚したんだろうとおもった。

ちょっとぶっ飛んだあほな会話がきけて、高虎の構想に顔色一つ変えずに吉継がノリノリにのってくれて
あほだなーはははっていうCDであり、
ギャグ路線でいけば吉継こんなノリもありえるなともおもえた。

でもやっぱり!ゲーム内での真剣な彼らが大好きであり至高であるので
今度また同じようなシリーズCDつくるならキャラ崩壊しすぎない程度でおさえて、
微笑ましい一コマ程度の内容にしてほしい。
がっつりシリアスで泣かせてくるのもアリだとおもう。
このシリーズはギャグとキャラ崩壊がいきすぎてるなぁとおもいます。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

2015/05/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

戦国無双キャラクターソング~真田信之編~感想

   ↑  2015/04/21 (火)  カテゴリー: 一般向けCD・イベントDVD
戦国無双アイドル戦国時代のCD、
今月発売は吉継と何故か思い込んでて、やっとかーやっとだよーー!!
今月こそ許せるかもしれないと思ってあけてみたら兄上で固まった。

■ドラマ内容
幸村をプロデュースした信之が何故にデビューするのか。
デビューの話が来ても拒否していた信之だったが、
恩返ししたい、ワンツーを兄弟で並びたいという幸村の熱心な説得と泣き落としでうけることに。
で、兼続や正則からの矢文でこんな風に売ればいいと助言が次々届き、
左近から来たのが、家康と忠勝と信之の三人でデビューしてはどうかというもの。
義父とずっと一緒は気が詰まる、それに一緒にやるとすればもう相手は決まっている…という信之。
幸村…。兄上…。幸村…!兄上…!幸村!!兄上!!
と熱烈な掛け合いののち、みんなの助言を聴くことはない、ありのままの信之でいこうという事で
見事一位を獲得したという話。


■感想
笑った。笑ったよ私!乾いた感じだったけど。
中の人は熱演してくれているけどシナリオがド滑っているように感じられて、
やっぱりこのノリついていくには精神訓練が必要だわと思い知った…。
このCDで驚いたのは、この世界観の中でも信之が結婚しているということ。
嫁がいるのにこんなにもブラコンで、幸村幸村言ってる夫かー(白目
もうこの世界観なら稲姫も夫と共に幸村を応援してそう。

ギャグならギャグでいいとおもうんだけど、
何故こんなにも男同士の掛け合いを気持ち悪くするのかがわからん。
真田兄弟にしろ、三成と左近の主従にしろ。
二人の間がキラッキラしてて、やっぱりこの手のものが好きな層向けなのかなぁ。
普通に、戦国4の世界観でギャグやってほしかった。
吉継と高虎もこの手の掛け合いするのかなぁ、はーー…。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

2015/04/21 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

戦国無双キャラクターソング~石田三成編~感想

   ↑  2015/04/04 (土)  カテゴリー: 一般向けCD・イベントDVD
うん…うん……
なんでこのCDシリーズを買うことにしたんだろうと改めて振り返った。
そうそう、吉継が単品で好きだから買うことにしたんだった。
一応流れがあるんだろうとおもったので全員分予約してるんだった。

これさぁ、一体どの層が喜んでるの?ひどいね。
ちゃんと公式が監修してるんだろうか。気持ち悪すぎる。
最初こそ、幸村がアイドルになってる事に愕然としていたり
テンション高い左近に何言ってるんだと冷たい感じだったから
ああ三成は毒されていないんだ、この人はまともなんだと思っていたのに
次第に左近のノリに毒されていって、
ふたりのやりとりがゲームで描かれている様から乖離しすぎていて受け入れられなかった。
キャラ改変されまくった二次創作が受け入れられる層しか喜ばないと思う。
または声優さんが好きな方しか。

そもそも最初のみ三成がまともで良かったと思いはしたけど、
私が好きなのどっちかと言えば左近なんですよ。
その左近が始終ノリノリで三成をツンデレアイドルに仕立てるべく「馬鹿が」をあらゆるバージョンで言わせたり
殿の寝顔を見つめながら台本書いた(きらきらきらーん)とか
もう勘弁してくれっていう気持ち悪さだった。
私の好きな左近なんて…このCDにはかけらもいない……。

変なテンションの左近に最初の方にその言い方やめろと
「その言い方!!」って突っ込む三成はすき。ほんとやめろって感じだから。
ただ毒されていったのでどっちとも気持ち悪くて終わった。

好きな人には合う合わない人にはとことん合わないCDだと思う。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

2015/04/04 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

戦国無双キャラクターソング 真田幸村『桜ひとひら』感想

   ↑  2015/03/03 (火)  カテゴリー: 一般向けCD・イベントDVD
「世はまさにアイドル戦国時代!!」
で始まるこのドラマCD(ドラマパート)。

幸村が真剣に日本一のアイドルになりたがってるのが意外だった。
興味なさそうなのに。
ということは他のCD…三成と吉継もなりたがってるのかな。
ふわっとした吉継は置いといて、三成は全然想像がつかないけど。

それでどうも幸村は、三成、吉継と競っているアイドルらしい。
日本一になるために、兄信之プロデュースであの手この手で幸村を世に知らしめて行こうとするお話だった。
ローラースケートしたり、桃色鉢巻したり、CDに手合せ券つけようとしたり。
徹頭徹尾ギャグ。特に信之がぶっ壊れてた。

このノリが合う人は笑いっぱなしだろうけど
個人的にはシナリオがド滑って聞こえたので、そう面白くはなかったなぁ。
内容は馬鹿丸出しなので面白い系なんですがね。

なんで合わなかったんだろう。
キャラ崩壊が行きすぎてるのか、シナリオがあかんのか。
馬鹿路線では、無印DLCの東西無双合戦は心の底から大笑いしたんだけどな。
あの兼続はギリギリキャラを保ちつつ暴走してたからよかったんだろうか。
暴走しつつも口から飛び出す台詞がセンスがあって面白かったし。
このCDは信之が気持ち悪すぎてどうも駄目だったな。
ただ中の人の演技はよかった。
泣く信之「ゆきぶらっ!!」
ここ思わず笑っちゃった。


しかし三成のCD予想がつかん。
三成よりも個人的に左近がどんなキャラなのか非常に気になる。
左近…大好きなんですよ私…受け入れられて笑えたらいいなぁ。

http://akmpk.blog.fc2.com/blog-entry-274.html

2015/03/03 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |